天使にラブソングを2

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
19%
56%
23%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

歌って踊るエネルギッシュな修道女、デロリスの活躍を描くミュージカル・コメディ。93年の「天使にラブソングを」の続編。監督は、俳優でもある「ディープ・カバー」のビル・デュークに交代。製作は、前作に続きスコット・ルーディンと、ドーン・スティール。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ワーキング・ガール」のローレンス・マークと、前作で共同製作を務めたマリオ・イスコヴィッチ。脚本は「花嫁のパパ」のコンビ、ジェームズ・オアとジム・クラックシャンク。撮影はオリヴァー・ウッド。音楽はスコアをマイルス・グッドマンが書き、前作のマーク・シャイマンか音楽監修を担当、アレサ・フランクリンの『ア・ディーパー・ラヴ』をはじめ数々の曲が全編を彩る。主演は前作に続きウーピー・ゴールドバーグ。共演はマギー・スミス、キャシー・ナジミーら前作のキャストに加え、「荒野の七人」のジェームズ・コバーンほか。

1993年製作/107分/アメリカ
原題:Sister Act 2
配給:ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン

ストーリー

セント・キャスリン修道院の尼僧たちが、クリスプ氏(ジェームズ・コバーン)が理事長を務めるセント・フランシス高校で社会奉仕をする事になった。しかしそこは、構内暴力や非行が横行する問題校だった。シスター・メリー・パトリック(キャシー・ナジミー)やシスター・メアリー・ロバート(ウェンディー・マッケナ)たちはスレた悪ガキたちに手を焼き、修道院長(マギー・スミス)も困り果てる。尼僧たちは今やラスベガスのエンターティナーとなったデロリス(ウーピー・ゴールドバーグ)に助けを求める。フランシス高校は懐かしの母校でもあり、再び尼僧ファッションに身を包んだ彼女は、音楽教師として学校に潜り込んだ。授業そっちのけで騒ぐ生徒たちや石頭の教師たちに驚きながらも、彼女はユニークな授業を続けるが校長たちの反発にあう。そして、荒れた学校に平和が戻らなければ今年中に閉校という計画がある事を耳にする。デロリスはひょんな事から生徒たちに歌の才能がある事に気づき、ゴスペルのコーラス・グループ結成を思い立つ。彼女の熱意に、反抗的な生徒たちもいつしか心を許し、″地獄からのクラス″の23人は、天使のヒップホップ聖歌隊に変身。権威あるカリフォルニア州の合唱コンクールを目指す彼らは、″歌う街頭募金″で参加費用を集める。いよいよ当日、ほかの出場者たちに圧倒された生徒たちは逃げだそうとする。だが、デロリスの激しい叱責に勇気を出して歌い踊り、見事優勝する。彼らは何かをやり遂げる喜びを初めて知った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0思いの外真面目な悪ガキたち

2019年9月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

1作目と雰囲気はほぼ同じ。
聖歌隊のメンバーが修道士からやんちゃな高校生に変わったこと。
悪ガキ特有のラップが混じるのが良かった。

ただやっぱり1作目の衝撃は超えられなかったという印象。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りんたろ

4.0頭の片隅に置いておきたいセリフ

2019年1月6日
Androidアプリから投稿

dTVで鑑賞しました。

「怖いことがあるからって
 逃げてばかりいたら
 あんたたちは
 自分の人生からも
 逃げ出すことになるんだよ!」

このことばを響かせるための
歌の練習やさまざまな仕掛けが、
ていねいに描かれています。

高校生一人ひとりの個性をあぶり出し、
できないことをできるように練習するのではなく、
できることを確実にできるようにする、
というのが基本的なスタンスだったかなー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
KangKuSeong

4.5自分史、一番好きなエンドロール

2018年12月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

幸せ

I believe the children are our are future
Teach them well and let them lead the way
Show them all the beauty they possess inside
Give them a sense of pride to make it easier
Let the children's laughter remind us how we used to be

ホイットニーヒューストンで知られるThe greatest love of all の歌い出しです。オリジナルはGeorge Bensonで1977年。作詞はLinda Creed。作詞当時、乳癌を患っていたとされており1986年に38歳の若さで亡くなっています。

この歌い出しの内容は「子供たちを正しい道に導く」。このテーマの映画は、2018年も二本見たか。「ワンダー」と「オーケストラ・クラス」。この「天使にラブソングを2」は、そのスジの優良作だと今でも思ってます。

ラストの「Joyful,joyful」からエンドロールの「Ain't no mountain high enough」への流れが、もう最高にイカしてる。流れてきたのがAin'tだと気づいた瞬間は鳥肌が立った、うれしくて。エンドロールとしては最高級に好きです。Ain'tの歌詞は、こっ恥ずしい激甘ラブソングだが、これほど勇気をもらえる歌は無いと思いました。モータウンゴスペルのアレンジも良くて、何度も何度もDVDで見直した、つか、聞いた。ベートーベンのNo9-4楽章をゴスペルアレンジしたJoyfulがクリスマスっぽくて久しぶりに観返したが、やっぱり最高で本当に幸せな気分にしてくれる。ローリン・ヒルは、今、何してんのかなぁ。。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
bloodtrail

3.5今度は学校が舞台

tomaiさん
2017年12月22日
iPhoneアプリから投稿

「天使にラブソングを」の第2作目。
今度は不良生徒たちを指導して、
学生合唱コンテストでの優勝を目指す。

前作のシスターたちの活躍がまた見たい!
と思うファンにとっては、その期待を裏切らない楽しい続編でした。
今回は前回ほど大きな敵となる存在がいる訳でもなく、どちらかというと反抗心むき出しな子どもたちに悪戦苦闘。そういった意味では、続編というよりも番外編のような感覚で楽しむことができました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomai
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「天使にラブ・ソングを」シリーズ関連作品