卒業(1967)

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

将来に不安を抱えるエリート青年が、人妻と不倫の末にその娘と恋に落ちる姿を描き、主演のダスティン・ホフマンを一躍スターにした青春映画。大学を優秀な成績で卒業したベンジャミンは、将来を嘱望されながらもどこか悶々とした毎日を送っていた。虚無感を抱える彼は、父親の共同経営者の妻ロビンソン夫人に誘惑され、逢瀬を重ねるように。そんなある日、両親の勧めで仕方なく夫人の娘エレインとデートしたベンジャミンは、純粋な彼女を本気で好きになってしまう。チャールズ・ウェッブの同名小説をもとにマイク・ニコルズ監督がメガホンを取り、第40回アカデミー賞で監督賞を受賞。日本でも、劇中に流れる「サイモン&ガーファンクル」の楽曲「ミセス・ロビンソン」「サウンド・オブ・サイレンス」などとともに大ブームを巻き起こした。結婚式場から花嫁を奪い去る場面は、映画史に残る名シーンとしてあまりに有名。2019年6月、4Kデジタル修復版でリバイバル上映。

1967年製作/107分/G/アメリカ
原題:The Graduate
配給:KADOKAWA
日本初公開:1968年6月8日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第25回 ゴールデングローブ賞(1968年)

受賞

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) アン・バンクロフト
最優秀監督賞 マイク・ニコルズ

ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ダスティン・ホフマン
最優秀脚本賞 バック・ヘンリー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)1967 STUDIOCANAL. All Rights reserved.

映画レビュー

4.5レールを外れてはみたものの。。。

MPさん
2019年6月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

悲しい

アメリカン・ニューシネマの代表的な1作である。アンチヒーローたちの生き様にフォーカスするアメリカン・ニューシネマ。だが、今やアンチヒーローなんてまるで話題に上らない時代だから、この注釈はほぼ意味ないだろう。そこで、ここいう見方はどうだろう?優秀な成績で大学は出たものの、そのまま親の敷いたレールに乗っかりたくない箱入り息子(確かに彼はいわゆるヒーローではない)が、なんと大胆にも、初めて自分の本能のまま行動してしまう破滅型ドラマという解釈は。そう、これはレールに乗っかったまま楽な生き方をチョイスしてしまいがちな(失礼)現代の若者たちに、人生はそんなに甘いもんじゃないということを、半世紀も前にメッセージとして伝えようとした未来予知映画なのである。卒業の先にある膨大な時間の重み。これは、かつて若者だった中高年世代にも再見して欲しい1作だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MP

3.0主人公 キチガイすぎる

さん
2019年10月16日
iPhoneアプリから投稿

ハッ?てなった
何故かハッピーエンド

ラストシーン?というかラストにこういう場面がある、ということだけ知ってて、あとサイモンとガーファンクルが好きで曲もよく知ってたから、勝手に純愛だと思ってた(そういう日本人かなり多いと思います)

まじでハッ?ってなる
主人公のあまりのキチガイさに
生まれてから見た映画の主人公の中で一番キチガイ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
の

5.0ダスティンホフマン

2019年10月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ダスティンホフマンの青春映画。
生涯の一本。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
オウムアムア

5.0今観ると全然面白くないですがそれでも心に突き刺さるラストシーン

よねさん
2019年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

裕福な家庭の一人息子ベンジャミンは大学を卒業したものの将来にこれといったビジョンもなく空虚な毎日を過ごしていた。親が自宅で催した卒業記念パーティーで父の会社の共同経営者の妻であるロビンソン夫人に車で家まで送って欲しいと頼まれ、押し問答の末に関係を持ってしまう。そんなことは知らない両親はロビンソン家の一人娘エレインとのデートを画策、夫人の反対もあってつれない態度でエレインと会うも彼女と過ごすうちに夢中になってしまい・・・からは書くだけ野暮かと。

4Kデジタル修復版での鑑賞。以前に鑑賞したのが大学時代なのでほぼ30年前、今回再鑑賞して改めて思ったのは本作、正直全く面白くないということ。まずベンジャミンが超絶に甘やかされたボンボンなのに心が満たされず悶々としているという男なので、これっぽっちも感情移入が出来ない。成人した息子の誕生日を派手に祝ったりする割にベンジャミンが何を考えているかにさっぱり関心がない両親、ベンジャミンを散々振り回すロビンソン夫人とそんな彼女の夜遊びにも気づかず遊び倒している夫、ベンジャミンの周りをウロウロする大人達等々正直エレイン以外はろくでもない連中ばかり。母親の不倫相手に初デートでいきなりストリップに連れていかれたかと思えば執拗なストーキングに遭ったりと散々な目に遭ったのになんで最後はあれなんだよ!?ってロビンソンさんじゃなくてもエレインの行動も納得がいかない。それでもこの作品に圧倒的な説得力があるのは最後の最後でベンジャミンとエレインが見せる表情。一瞬の恍惚の後に待ち受けるものを暗示するワンカットが本作を不朽の名作にしたといっても過言ではないでしょう。

今回もうひとつ発見したのは劇中でかかる”ミセス・ロビンソン“が普段聴き慣れているバージョンではないこと。あれはサントラにしか入ってないんでしょうか?気になります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね
すべての映画レビューを見る(全38件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る