卒業(1967)

ALLTIME BEST

劇場公開日

17%
45%
30%
5%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

将来に不安を抱えるエリート青年が、人妻と不倫の末にその娘と恋に落ちる姿を描き、主演のダスティン・ホフマンを一躍スターにした青春映画。大学を優秀な成績で卒業したベンジャミンは、将来を嘱望されながらもどこか悶々とした毎日を送っていた。虚無感を抱える彼は、父親の共同経営者の妻ロビンソン夫人に誘惑され、逢瀬を重ねるように。そんなある日、両親の勧めで仕方なく夫人の娘エレインとデートしたベンジャミンは、純粋な彼女を本気で好きになってしまう。チャールズ・ウェッブの同名小説をもとにマイク・ニコルズ監督がメガホンを取り、第40回アカデミー賞で監督賞を受賞。日本でも、劇中に流れる「サイモン&ガーファンクル」の楽曲「ミセス・ロビンソン」「サウンド・オブ・サイレンス」などとともに大ブームを巻き起こした。結婚式場から花嫁を奪い去る場面は、映画史に残る名シーンとしてあまりに有名。2019年6月、4Kデジタル修復版でリバイバル上映。

1967年製作/107分/G/アメリカ
原題:The Graduate
配給:KADOKAWA
日本初公開:1968年6月8日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第25回 ゴールデングローブ賞(1968年)

受賞

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) アン・バンクロフト
最優秀監督賞 マイク・ニコルズ

ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ダスティン・ホフマン
最優秀脚本賞 バック・ヘンリー
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)1967 STUDIOCANAL. All Rights reserved.

映画レビュー

4.5レールを外れてはみたものの。。。

2019年6月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

悲しい

アメリカン・ニューシネマの代表的な1作である。アンチヒーローたちの生き様にフォーカスするアメリカン・ニューシネマ。だが、今やアンチヒーローなんてまるで話題に上らない時代だから、この注釈はほぼ意味ないだろう。そこで、ここいう見方はどうだろう?優秀な成績で大学は出たものの、そのまま親の敷いたレールに乗っかりたくない箱入り息子(確かに彼はいわゆるヒーローではない)が、なんと大胆にも、初めて自分の本能のまま行動してしまう破滅型ドラマという解釈は。そう、これはレールに乗っかったまま楽な生き方をチョイスしてしまいがちな(失礼)現代の若者たちに、人生はそんなに甘いもんじゃないということを、半世紀も前にメッセージとして伝えようとした未来予知映画なのである。卒業の先にある膨大な時間の重み。これは、かつて若者だった中高年世代にも再見して欲しい1作だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
清藤秀人

4.0【若さゆえの性の過ちと、真の恋に目覚めた男の姿をサイモン&ガーファンクルの”ミセス・ロビンソン””スカボローフェア””サウンド・オブ・サイレンス”の名曲で彩った作品。】

NOBUさん
2022年1月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館、VOD

悲しい

知的

幸せ

ー 優秀な成績で大学を卒業したベンジャミン(ダスティン・ホフマン)。
  パーティで両親の友人であるロビンソン夫人と出会い、やがてホテルで逢瀬を重ねるようになるが、虚無感は募るばかり。
  何も知らない両親はそんな彼を心配し、夫人の娘・エレインとデートをするよう彼に勧めるが…。ー

◆感想

 ・劇場で初見時には、ロビンソン夫人の、ベンジャミンを有閑マダムの愉しみの様に誘う姿と、それに抗いながらも、ベッドを共にし、”卒業”したベンジャミンの姿に、”駄目じゃない!”と心中、突っ込んだものである。
 だが、それを補う、サイモン&ガーファンクルの”ミセス・ロビンソン””スカボローフェア”の美しい音色に
 ”仕方がないなあ・・、けれど、私が20歳過ぎだったら拒める自信はないなあ・・、”
 などと思いながら鑑賞したモノである。
 ホント、スイマセン・・。

 ・そして、運命の悪戯の様に、ロビンソン夫人の娘、エレインと、ベンジャミンとの出会いが訪れて・・。
 彼は、エレインにわざと、嫌われるように、粗い運転で、ストリップバーに行くが・・。
 涙を流す、エレインの姿を見て、自らの行為を恥じ、ベンジャミンが言った言葉。
 ”君の事が、好きなんだ。本当に好きだ・・。”

 ・今作の、ラストの解釈が分かれるのは、分かる気がする。
 ”結婚式の途中で現れて花嫁を奪うなどとは、新郎のカールや親族の気持ちをどう考えているのだ!”
 けれど、エレインはベンジャミンが現れた時に、実に嬉しそうな顔で、彼に従うのである。
 花嫁衣装で、バスの中でエレインは、ベンジャミンに幸せそうに寄り添う。
 あの表情を見れば、カールには申しわけないが、
 ”愛の深さで負けたんだよ・・”と言って、慰めたくなってしまうのである。

 <きっと、二人の将来は厳しきモノであろう。
 けれど、二人はその厳しさを克服するだろうなあ、という想いを持った作品である。>

<2019年7月    4Kデジタル版で伏見ミリオン座にて鑑賞>

<2022年1月11日 別媒体にて再鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
NOBU

2.5衝撃だった…自分は何を見ているんだろう

rakoponさん
2021年5月11日
iPhoneアプリから投稿

笑える

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
rakopon

2.5思ってたのと違うけど

2021年4月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

年上既婚者から誘惑され別れるまでだけじゃなくその娘を好きになるというおまけ付き。そして娘の通う学校のそばに引っ越し付きまといアピールし続ける姿は現代ならストーカー。それを経て最後の結婚式から花嫁を奪って逃げるあの名シーンへ続くので、決してロマンティックな内容の映画ではなかったのが意外だったがそこそこ面白かった。 花嫁役のキャサリンロスが可愛すぎて加点。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画苦手な人
すべての映画レビューを見る(全53件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る