卒業(1967)のレビュー・感想・評価

メニュー

卒業(1967)

劇場公開日 2019年6月7日
34件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

レールを外れてはみたものの。。。

アメリカン・ニューシネマの代表的な1作である。アンチヒーローたちの生き様にフォーカスするアメリカン・ニューシネマ。だが、今やアンチヒーローなんてまるで話題に上らない時代だから、この注釈はほぼ意味ないだろう。そこで、ここいう見方はどうだろう?優秀な成績で大学は出たものの、そのまま親の敷いたレールに乗っかりたくない箱入り息子(確かに彼はいわゆるヒーローではない)が、なんと大胆にも、初めて自分の本能のまま行動してしまう破滅型ドラマという解釈は。そう、これはレールに乗っかったまま楽な生き方をチョイスしてしまいがちな(失礼)現代の若者たちに、人生はそんなに甘いもんじゃないということを、半世紀も前にメッセージとして伝えようとした未来予知映画なのである。卒業の先にある膨大な時間の重み。これは、かつて若者だった中高年世代にも再見して欲しい1作だ。

MP
MPさん / 2019年6月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何からの卒業!?

花嫁奪還シーンはゴチャゴチャに入り乱れ、娘とホテルに行けば皆に声を掛けられ、モーテル?の主人には出て行けと怒鳴られ、所々で変な声を出すD・ホフマン。

こんなにも、コメディ要素が強い映画だったっけ!?

腑抜けで、ヤル気のない彼をそうさせる理由は何だったのか?急にテンション高く勢いに任せたようなラストの行動に、その前のストーカー的な振る舞い。

親に言われるがまま大学を辞めて、医学生を受け入れ、結婚式でのキスシーンまで描写しての脱出劇!?

母親の娘としての行動が、理に適っている!?

笑顔だったり、真顔になったり、徐々に表情が曇り強張っていくような変化を繰り返す、男女。

きっと、エレインは医学生の元へ帰るだろう!?

所々に挟む実験的?な映像が印象的で、オープニングは「ジャッキー・ブラウン」を思い出す。

万年 東一
万年 東一さん / 2019年6月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラストシーンで

すべてが吹っ飛びました!
とても不思議な関係ですね。

かん
かんさん / 2019年6月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

いやあ これも困ったな

名作なのだが、実はこの映画も初めて観た。
そしてレビューに困った。
共感できることが全くない。
あえて言えば、終盤の下宿屋の親父の台詞「出て行け」くらいかな。

そうか。この映画の頃は、紳士淑女が登場する映画ばかりで、そもそ美男でない若者が主役を務めることすらなかった時代だ。そこに、この映画を始めとする、アメリカンニューシネマが次々に現れ、一大ムーブメントになった、という時代背景だった。
映画がどうのではなく、そういう “時代の転換” を追体験するべきだったのか!
1967年公開。50年前は、まだそんな時代なんだ。これは、「イージーライダー」も観ねばならないな。

とはいえ。

CB
CBさん / 2019年6月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ラストの印象が強くて

デジタルリマスター版で観ました!
改めて観るとラストシーンの印象が強くて全体の内容を完全に失念してました。
良い意味で一途な恋愛にも見えますが
金持ちのボンボンがやりたい放題で知り合いの家庭を崩壊させた上にその一人娘を略奪するお話なので胸糞悪いかと思いきや、その印象的なラストシーンで清々しささえ感じる驚きを味わいました‼️
「卒業」恐るべし!

タイガー力石
タイガー力石さん / 2019年6月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

二人の表情と走り行くバスの後ろ姿

108. 4Kデジタル修復版。音楽と映像が見事にマッチ。カメラワーク、カット割りは現在も新鮮

movie
movieさん / 2019年6月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

驚きのストーリー

ダスティンホフマン演じる青年と父親の共同経営者の妻、そしてその娘との情事のお話。
名作と言われているそうですが、ストーリー的には理解(共感)できませんでした。子どもの頃から知っている夫妻の妻と関係を持った上、その娘を執拗に追いかけ、また最後には二人で駆け落ちしてする…。
愛があれば越えられるのか…今の自分にはまだ早すぎたのかもしれません。
しかし、最後のシーンや途中途中の凝った描写等、当時としては新しいものだったのでしょうか。またサイモン&ガーファンクルの曲は素晴らしく、各場面で効果的に聞こえます。

マルコ・ヨドガワ
マルコ・ヨドガワさん / 2019年5月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっと鑑賞

ダスティン・ホフマンが美し可愛いっ!
あまりにも有名な音楽とラストシーン、
内容はどうあれ、鑑賞したという事実が大切(o^-')b 。

miharyi
miharyiさん / 2018年12月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

有名なラストシーン

この映画はハリウッド史を変えた事で有名なようです(「俺たちに明日はない」等と合わせて)。
ただのラブストーリーではありません!
当時、映画界はヘイズコードにより反体制な内容・女性の裸やベッドシーン等が満足に描けず、美男美女による美化されたストーリーが氾濫されていた模様。

しかし、本作は決してイケメンとは言えない、背の低いダスティン・ホフマンが主演し、大人や社会に対する反体制の内容やアン・バンクロフトとの情事を芸術的に描き、世間に衝撃を与えたみたいです。
丁度その頃に若者達が政治や保守的な大人達に不満を抱き、ヒッピー文化や反戦運動などが起こっていたなど、当時の時代背景を調べると非常に面白い。
俗に言うアメリカン・ニューシネマの代表作ですね。
何気ないセリフ(プラスチックなど)や演出(水槽・プールが多いなど)に込められた暗喩もとても深い!

何よりも本作はあっちこっちでパロディにされた有名なラストシーンばかり取り沙汰されてますし、自分もそこだけは知っていました。
なので、”両親などの弊害によって結ばれなかった恋仲を最後に取り返そうとする純愛もの”
だとばかり思ってました。
そういう要素もある映画ではありますが、実は人妻との不倫があったり、その娘への尾行があったりする映画だとは思わなかった・・・。

しかし、文武両道な主人公が大人達に将来を嘱望され、その重圧から逃れようとする姿に惹きつけられますし、欲求不満のために人妻に肉体を利用される彼が、ついに本当の恋に目覚める瞬間などは凄く魅力的。

今ではストーカーみたいに映ってしまいそうですけど、ギャグ要素も含めながら(向こうでは青春コメディに分類されてます)、大人達に敷かれたレールから外れ、自分の意思で夢を手に入れようと奮闘し、大人や社会に反抗する姿がメチャクチャかっこよく映りました。
カメラアングルも非常に冴えていて、アカデミー賞監督賞も納得。

そして、あの名シーンへ・・・。
最後の表情に注目!
監督の一工夫であの表情を生み出しているようでして、そこに秘められた真意にはハッとさせられます。

アメリカン・ニューシネマの中では一番好きな傑作。
生涯のトップ10にも入るレベルで大好きです。

ジーナ(レビューはFilmarksに移籍しました)
ジーナ(レビューはFilmarksに移籍しました)さん / 2018年9月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

伊集院静は三角関係だった

夏目雅子と桃井かおりを思い出した。

アサシン
アサシンさん / 2018年9月3日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

なんでこんなに名作なのか不思議。 サイモン&ガーファンクルの曲とラ...

なんでこんなに名作なのか不思議。
サイモン&ガーファンクルの曲とラストシーンだけが最高。

ayu
ayuさん / 2018年5月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

純愛と欲望と

昔から有名だったので音楽もラストも知っていたけどこんな映画だったんだ。

キリスト教ふうにいうと罪と愛かなぁ
にんげんの内面の、弱さと、強さ。
そんなものを感じた。

ミセスロビンソンは有名な曲で
好きだったけど、
こんな醜い年増のおばちゃんかいと
嫌になった。

おばちゃんも、年下を追わないで
しっかりせんと!(笑)

ゆっこ
ゆっこさん / 2018年2月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

耽美な世界観とナイスな音楽。

耽美な世界観とナイスな音楽、そして有名すぎるラストシーン。この映画の魅力はこの三つに尽きると思います。それ以外はいたって普通の恋愛映画と言った印象でした。

ねじまき鳥
ねじまき鳥さん / 2018年1月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

娯楽映画。

よく聞く場面のイメージだけでもっと抽象的な映画だと思っていた。
普通に映画として面白い。
ダスティンホフマンの演技に爆笑です。

スベスベマンジュウガニ
スベスベマンジュウガニさん / 2017年12月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

名作だが😅

有名な映画ということで観賞‼️自分的にはストーリーが繋がってない感じがした😅
サイモン&ガーファンクルの曲と最後のシーンで判断しちゃダメだと感じた😅

たか
たかさん / 2017年10月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

サイモン&ガーファンクルの名曲、サウンドオブサイレンスが胸に響く。...

サイモン&ガーファンクルの名曲、サウンドオブサイレンスが胸に響く。ってか、劇中曲全部知ってる。大昔に見たのかな、記憶にない。

とんでもない話だ。
大学卒業したボンボンが馴染みの家の人妻と関係を重ねる。そしてその人妻の娘に惚れたボンボンは娘のストーカーと化す。笑えるのは娘もまたこんな奴がいいらしい。そして有名なラストへ。

男は実はこのとんでもな話にある種の憧れを持っている。女性の方にもそんなのがあるのかもしれない。
批判的にせよ何にせよ、なぜか記憶に残ってしまう作品。名作?なのかも。

はむひろみ
はむひろみさん / 2017年7月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

恋の彩りとか心の機微を楽しむ、いわゆる「感動もの」ではない。別の面...

恋の彩りとか心の機微を楽しむ、いわゆる「感動もの」ではない。別の面白みがたくさんあったと思う。技法には詳しくはないが、それでも気がついてしまうほど独特な手法がとられている。そのテクニカルな一面とコミカルな演出が怪しさを生み出している。
サイモン&ガーファンクルのScarborough fairが良かった

12x5
12x5さん / 2017年7月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

共感はできないけど描写は綺麗

共感はできないけど描写は綺麗

saoki_ug
saoki_ugさん / 2017年7月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一度きりの人生

ベンに対し、後先考えないクズなどの評価が多い作品。
ボクは違う視点で観賞できた。
賢く未来を計算していくことが当たり前の世の中。知らないことを経験し悩み心の赴くままに行動するベンを羨ましく思えた。
人生は一度きり。傍観者はなんと言おうとも、己の命を燃やしきって欲しい。
ミセスはベンのことが好きになってしまったと思うと、一連の行動も幼くかわいいと思えます。
芸術作品としてもカメラや映像の斬新さが惹き付けられました。
同じ作品をいろいろな方が観て、それぞれ違った感想になるのが映画だと思います。
なぜなら、人それぞれ経験してきたことや思考が違うからです。
同じ作品を、10代、40代、70代で3回観てみたいです。

エレジーエレジー
エレジーエレジーさん / 2017年5月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

●暴走。

あまりに有名なラスト。しかしこれ、どういうモチベーションで描かれた作品なのか。しばらく考えた。
一歩間違えりゃストーカーで逮捕だわ。「出てけ」ってバークレーの家主の反応がいちばん正しい。
客観視せず、彼に感情移入できるとハマる作品。夫人との初夜のやりとりは笑える。

うり坊033
うり坊033さん / 2017年5月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

34件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報