劇場公開日 2019年6月7日

「レールを外れてはみたものの。。。」卒業(1967) MPさんの映画レビュー(感想・評価)

3.549
18%
46%
28%
5%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5レールを外れてはみたものの。。。

2019年6月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

悲しい

アメリカン・ニューシネマの代表的な1作である。アンチヒーローたちの生き様にフォーカスするアメリカン・ニューシネマ。だが、今やアンチヒーローなんてまるで話題に上らない時代だから、この注釈はほぼ意味ないだろう。そこで、ここいう見方はどうだろう?優秀な成績で大学は出たものの、そのまま親の敷いたレールに乗っかりたくない箱入り息子(確かに彼はいわゆるヒーローではない)が、なんと大胆にも、初めて自分の本能のまま行動してしまう破滅型ドラマという解釈は。そう、これはレールに乗っかったまま楽な生き方をチョイスしてしまいがちな(失礼)現代の若者たちに、人生はそんなに甘いもんじゃないということを、半世紀も前にメッセージとして伝えようとした未来予知映画なのである。卒業の先にある膨大な時間の重み。これは、かつて若者だった中高年世代にも再見して欲しい1作だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
清藤秀人
「卒業(1967)」のレビューを書く 「卒業(1967)」のレビュー一覧へ(全49件)
「卒業(1967)」の作品トップへ