ソープディッシュ

劇場公開日

0%
37%
38%
25%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

昼メロの人気女優を中心に、TV界の内幕を暴露したコメディ。監督はマイケル・ホフマン。製作はアーロン・スペリングとアラン・グライスマン。エグゼクティブ・プロデューサーにベテラン監督のハーバート・ロス。原案・脚本はロバート・ハーリング。共同脚本はアンドリュー・バーグマン。撮影はウェリー・スタイガー。音楽は「ヤングガン2」のアラン・シルヴェストリが担当。

1991年製作/アメリカ
原題:Soapdish
配給:UIP

ストーリー

長寿TV昼メロ番組(ソープオペラ)『日はまた沈む』の主演女優セレステ・タルバート(サリー・フィールド)は、デイタイムTV賞の主演女優賞を今年もまた獲得した。その夜、帰宅すると愛人は妻のもとへ戻っていた。彼女の専属のシナリオライターで親友でもあるローズ(ウーピー・ゴールドバーグ)はセレステを慰める。番組のプロデューサーのデイヴィッド(ロバート・ダウニー・ジュニア)は、共演女優のモンタナ(キャシー・モリアーティ)に夢中で、彼女の言いなりにセレステ追放の案を練っていた。キャスティング・ディレクターのベッツィ(キャリー・フィッシャー)の所へ飛び込んできた女優志願のエキストラ、ローリー(エリザベス・シュー)を起用すると、彼女はセレステの姪だった。デイヴィッドはなんとかセレステを混乱させようと前夫の落ちぶれた俳優ジェフリー(ケヴィン・クライン)を連れてくる。彼を見たセレステは驚くが、彼とローリーとの間にロマンスが芽生えつつあるのを知り、番組収録中にもかかわらず、ローリーがジェフリーとの間にできた自分の子であることを暴露してしまった。それがニュースで報道されて低迷気味だった番組の人気は再浮上し、局長(ゲイリー・マーシャル)は大喜び。しかし、あくまでセレステ失墜を狙うモンタナがジェフリーとの浮気をでっちあげて、親子3人の関係は最悪になった。局長がぶち上げたシナリオを俳優に伏せた生放送の日、ローリーは父と母を許し、ローズがモンタナは性転換した男性だったことを暴露し、セレステはジェフリーへの誤解を解いた。翌年の授章式では、主演女優賞と助演女優賞を総ナメにした親子の姿があった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第49回 ゴールデングローブ賞(1992年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ケビン・クライン
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0タイトルなし

2019年6月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

幸せ

話は脱線するわ、良い俳優たちがドタバタやってるわ、である意味茶番劇だし、映画自体としても★★★くらいの出来だけれど「何故かお気に入り」の映画なのでおまけで★★★★。ロバート・ダウニー・JRはこの頃から良い役者でしたよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る