戦慄!プルトニウム人間

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

核実験の影響で巨人と化した男の悲劇を綴ったモンスター映画。アメリカのSF・ホラー映画のプログラム・ピクチャーを専門に量産した会社、AIP(American International Pictures)によって配給・公開された一編。翌年にはぞ続編の「巨人獣」が製作されている。監督・脚本・製作・SFXは「巨大生物の島」など巨大化テーマのSFものを得意とするバート・I・ゴードンで、妻のフローラ・ゴードンがSFXのアシスタントを務め、娘のスーザン・ゴードンが端役で出演している。共同脚本はマーク・ハンナ、撮影はジョセフ・バイロック、音楽はアルバート・グラッサー、美術はビル・グラスゴウ、編集はロナルド・シンクレアが担当、主演は30、40年代に活躍したグレン・ランガン。共演は「怪物の女性 海獣の霊を呼ぶ女」のキャシー・ダウンズほか。

あらすじ

グレン・マニング陸軍大佐(グレン・ランガン)は、プルトニウム爆弾の演習中に誤って被爆してしまう。婚約者のキャロル(キャシー・ダウンズ)も病院に駆けつけるが、彼は全身に大やけどを負ったにもかかわらず、奇跡的に命をとりとめた。それどころか、翌日には全身の皮膚が元通りに再生していた。マニングは回復後、一日に2~3メートルずつ成長し始め、軍の機密事項として基地に隔離された。キャロルは巨人となった彼と再会し、彼の細胞交代のバランスが崩れた結果、急成長したことを知る。リンストロウム博士(ウィリアム・ハドソン)ら科学者たちが治療法を研究したが、彼の心臓はほかの器官の成長に追いつかず、早く成長を止めなければいずれ死亡することが明らかになった。自暴自棄となったマニングは基地を抜け出し、ラスベガスの町に姿を現す。治療法を開発した科学陣とキャロルが山に潜伏している彼を発見し、巨大な注射で成長抑制剤を注射したところ彼は怒り狂った。軍の一斉砲火を浴びたマニングは、ダムから落下して水中に没した。

1957年製作/アメリカ
原題:The Amazing Colossal Man
配給:コムストック

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0ようやく鑑賞

2016年8月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

単純

観たかったのよ、これ。
TSUTAYAでわざわざお取り寄せリクエストして借りてきた。

まァ作り自体は・・・ご都合主義とあまりにも安っぽい特撮は御愛嬌とゆう事で、思っていたよりかは見れる内容だった。

要は話の骨格は異形の姿になってしまった男とその婚約者との愛の顛末なのだ。

同じく50年代のB級SFの一本に過ぎなかった【蝿男の恐怖】がラブストーリー的要素をよりブローアップして【ザ・フライ】として再生したように、これも最新の特撮技術でリメイクすれば意外とイケるかも。

放射線浴びて巨大化とゆう設定は今の世の中でやれば笑われるが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マサミチ
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る