クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

ALLTIME BEST

劇場公開日:

クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

解説

台湾の名匠エドワード・ヤンが手がけた青春群像劇。1991年の第4回東京国際映画祭で審査員特別賞を受賞し、ヤン監督の日本初公開作品として92年に劇場公開された。61年夏、14歳の少年が同い年のガールフレンドを殺害するという、台湾で初の未成年による殺人事件が起こる。不良少年同士の抗争、プレスリーに憧れる少年の夢、大陸に帰りたいと願う少年の親世代の焦りと不安を描きながら、当時の台湾の社会的・精神的背景を浮き彫りにしていく。主人公を演じるのは、当時まったくの素人だったチャン・チェン。上映時間が188分のバージョンと236分のバージョンが存在し、2016年の第29回東京国際映画祭ワールドフォーカス部門にて、デジタルリマスターされた236分のバージョンがプレミア上映。17年に同バージョンが劇場公開となる。※タイトルの「クー嶺街(クーリンチェ)」の「クー」は「牛」偏に「古」

1991年製作/236分/PG12/台湾
原題:[牛古]嶺街少年殺人事件 A Brighter Summer Day
配給:ビターズ・エンド
日本初公開:1992年4月25日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)1991 Kailidoscope

映画レビュー

5.0脅威の名画

2019年6月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

画面が暗い。しかし、その闇の深さに吸い込まれる。誰が喋っているのか視認しづらいほどの遠景ショットの多用に加え、暗くてそもそも顔が見えない、そしてエピソードが線でつながっておらず、点の集積であるようなこの作品は分かりづらいが、観るたびに初めて観るような感動を覚える。なぜ少年は少女を殺してしまったのか、明確な裏切りを知ったわけではない、若さゆえの勇み足もある、しかし、その不明瞭な動機は、当時の台湾の不透明さを背負っているようでもある。本作は中国から渡ってきた外省人の家族を描くが、本省人と外省人の争いではなく、外省人の若者たちの争いが描かれている。大人たちは本土に帰れるか不安に感じ、しかし子供世代はすでにアメリカ社会への憧れが芽生えている。世代によって向いている方向が全く逆であるのは興味深い。台湾の置かれた国際情勢がその親子関係にも現れているように思える。理不尽が理不尽を呼ぶ展開だが、確かに世界はこうなっていると納得させられる。何回観ても圧倒される、とてつもなくすごい作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
杉本穂高

4.01961年の台湾の匂いと、若さの危うさが眩しい

2022年9月1日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ほぼ4時間の濃厚なストーリー。映画3本分くらいの要素が詰まってそう。
1961 年の台湾はまだ随分不穏で、戦車が走っていたり、日本兵の残した日本刀が屋根裏から出てきたり、そして大人たちの世界も殺伐としてる。それに影響されるように子供たちも徒党を組んで抗争を繰り返していたりで、そんな当時の台湾のにおいが画面上からぷんぷんと漂い、それだけでも惹きつけられる。
小四が通う夜間中学で築くことになる新たな危なっかしい世界、そしてボスの女である小明との関係、このあたりが、彼を取り巻く社会環境とミックスして描かれ、どこか危うい魅力がある。若さは焦りを、激情を、止められないのかなって懐かしさとやるせなさと。

男性が描くファムファタルには毎回ちょっと引っかかるんだけどその点はこれも同じ。
執着のない人生なんてと思ってはいるのだけど、執着しすぎは身を滅ぼす。でも若い彼らにそんな言葉が届くわけない、それが若さなんだし。危うい世界の眩しさにくらくらさせられる作品。主役のチャン・チェン、俳優として大活躍中なのは嬉しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ターコイズ

4.0【”僕は全部知っている!”と”小四少年”は”少女、小明”に言った。1960年代の台湾の置かれた時代背景の中、少女・女性の強かさ、少年・男性の危うさ、脆さを描いた作品。】

NOBUさん
2021年10月27日
スマートフォンから投稿

悲しい

知的

難しい

ー 236分ヴァージョンを鑑賞。ー

◆感想

 ・小明は、小四や、ハニーたち少年にとっては、ファム・ファタールだったのであろうか。

 ・”僕は全部知っている!君は駄目な奴だ!”と小四に夜道で言われた際に、小明が言い返した言葉。
 ”私は変わらない。社会が変わらないのと同じようにね”
 ー 当時の台湾を暗喩しているのが、少女、小明であったのではないか?ー

 ・少年たちが憧れるプレスリー。

 ・大陸からやって来た、小四家の立ち位置。役人の父親の苦悩。

<固定カメラで、長廻しショットが多く、作品の全体像を理解するのに時間がかかる。
 この作品は、映画館でしっかりと観ないと、監督の真意は分かりにくいかな、と思いつつも、魅入られた作品。>

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

3.5映画「花束みたいな恋をした」に出てくる映画で、ちょうどスクリーンで...

Yoshi Kさん
2021年8月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

映画「花束みたいな恋をした」に出てくる映画で、ちょうどスクリーンでやるとのことで見てきました。
つい先日観た「返校」や名作「悲情城市」と並ぶ白色テロ時代を扱った作品。全体的に画面が暗く、また登場人物が多く、場面もいろいろ切り替わるので最初は理解が追いつきませんでしたが、パンフレットで補習。もう一度じっくり観たいですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Yoshi K
すべての映画レビューを見る(全62件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」以外にこんな作品をCheck-inしています。