クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

ALLTIME BEST

劇場公開日

クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件
34%
47%
14%
2%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

台湾の名匠エドワード・ヤンが手がけた青春群像劇。1991年の第4回東京国際映画祭で審査員特別賞を受賞し、ヤン監督の日本初公開作品として92年に劇場公開された。61年夏、14歳の少年が同い年のガールフレンドを殺害するという、台湾で初の未成年による殺人事件が起こる。不良少年同士の抗争、プレスリーに憧れる少年の夢、大陸に帰りたいと願う少年の親世代の焦りと不安を描きながら、当時の台湾の社会的・精神的背景を浮き彫りにしていく。主人公を演じるのは、当時まったくの素人だったチャン・チェン。上映時間が188分のバージョンと236分のバージョンが存在し、2016年の第29回東京国際映画祭ワールドフォーカス部門にて、デジタルリマスターされた236分のバージョンがプレミア上映。17年に同バージョンが劇場公開となる。※タイトルの「クー嶺街(クーリンチェ)」の「クー」は「牛」偏に「古」

1991年製作/236分/PG12/台湾
原題:[牛古]嶺街少年殺人事件 A Brighter Summer Day
配給:ビターズ・エンド
日本初公開:1992年4月25日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)1991 Kailidoscope

映画レビュー

5.0脅威の名画

2019年6月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

画面が暗い。しかし、その闇の深さに吸い込まれる。誰が喋っているのか視認しづらいほどの遠景ショットの多用に加え、暗くてそもそも顔が見えない、そしてエピソードが線でつながっておらず、点の集積であるようなこの作品は分かりづらいが、観るたびに初めて観るような感動を覚える。なぜ少年は少女を殺してしまったのか、明確な裏切りを知ったわけではない、若さゆえの勇み足もある、しかし、その不明瞭な動機は、当時の台湾の不透明さを背負っているようでもある。本作は中国から渡ってきた外省人の家族を描くが、本省人と外省人の争いではなく、外省人の若者たちの争いが描かれている。大人たちは本土に帰れるか不安に感じ、しかし子供世代はすでにアメリカ社会への憧れが芽生えている。世代によって向いている方向が全く逆であるのは興味深い。台湾の置かれた国際情勢がその親子関係にも現れているように思える。理不尽が理不尽を呼ぶ展開だが、確かに世界はこうなっていると納得させられる。何回観ても圧倒される、とてつもなくすごい作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
杉本穂高

3.5映画「花束みたいな恋をした」に出てくる映画で、ちょうどスクリーンで...

Yoshi Kさん
2021年8月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

映画「花束みたいな恋をした」に出てくる映画で、ちょうどスクリーンでやるとのことで見てきました。
つい先日観た「返校」や名作「悲情城市」と並ぶ白色テロ時代を扱った作品。全体的に画面が暗く、また登場人物が多く、場面もいろいろ切り替わるので最初は理解が追いつきませんでしたが、パンフレットで補習。もう一度じっくり観たいですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yoshi K

5.0映像の素晴らしさ、それだけの映画なのでしょうか? 違う、とても政治的な映画であった 政治的なメッセージを強力に発信していると感じました

あき240さん
2021年4月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

映像の没入感は物凄い次元で、まるでその場にいたかのように感じられるでしょう
特に終盤の薄暗い通りでの刺殺の犯行の一部始終
それはその背後での人々の動きが感嘆すべき演出と撮影、照明なのです

しかし、映像の素晴らしさ、それだけの映画なのでしょうか?
違う、とても政治的な映画であった
政治的なメッセージを強力に発信していると感じました

今日は2021年4月18日です
日米の首脳会談が昨日あったばかり
台湾という文言が共同声明に約半世紀ぶりにつかわれたとして世界中に衝撃が駆け巡りました
本作をこのタイミングで観る意義は大きく新しい視点をもたらしてくれました

本作は1961年の台湾を舞台にしています
ちょうど今から60年前のお話

本作を観るにはまず台湾とは何か?を知らねばなりません

台湾は1895年から1945年までの50年間は日本領でした
日本の敗戦後、台湾は元の中国に返還されました
でも、それは今の中国のことではありません

その時の中国とは、中国大陸を支配していた民主主義の国民党政府の中華民国が中国だったのです

しかし太平洋戦争が終わると国民党政府軍と中国共産党の八路軍との内戦が激しく起こります
最終的に中国共産党が大陸全土を制覇して、国民党の中華民国政府は台湾に逃れました

その結果、中国大陸には中華人民共和国という新しい国が1949年にでき、戦前は中国大陸を支配していた中華民国は台湾を支配するだけの国になってしまったのです

もともとの台湾の住民から見れば、日本人が去り台湾の人々だけになった島に今度は大陸から大勢の人々が1949年以降逃れて来て支配層に収まったのですから、支配層が入れ替わっただけみたいな案配です

もともとの台湾の人々を内省人、大陸からまるで落下傘のようにやってきて政府の幹部に収まったのが外省人という訳です

やがて、中国共産党は「一つの中国」論で台湾は国ではないと言い出します

今からちょうど50年前、台湾は国連の常連理事国の座を中華人民共和国に奪われ国連を脱退する羽目になりました
遂には台湾は国ではないとされ、日本も米国も世界中のほとんどの国が国交を正式には断絶したのです
だから半世紀ぶりに「台湾」の文言が日米首脳会談の共同声明にでたことが大変な意味を持つのです

こういうことを、本作を観るに当たっては最低限理解した
上で観ないと何もわからないし、伝わらないと思います

本作はそんな複雑な台湾の成り立ちが大きく反映されています

日本式の家屋、軍刀や短刀
外省人の父
内省人の庶民の人々
これらは全て台湾はどんなところなのかを説明しているのです

軍の戦車や軍人が多く画面に現れるのは、1958年にあった中国共産党政府が台湾への侵攻を試みた金門島砲撃事件から間もない頃の時代だからです

そして本作公開は1991年
今からちょうど30年前

それは1989年の天安門事件の2年後のこと
1989年とは中国共産党が中国大陸を制覇して中華人民共和国という国を作った年からちょうど40年の節目の年のことでした
その年に中国共産党は民主化改革を要求した若者たちたち数千人を戦車で轢き殺したのです
調べれば「人間せんべい」という凄惨な画像が見られることでしょう
本作で戦車が何台も少女の前を通り過ぎるシーンはなぜ存在するのでしょうか?

そして2021年の今年
台湾海峡は戦争が近いような雲行きです

美しい台湾の少女は、お前を一番分かっているという大陸から来た人々の息子に殺されてしまうのです

台湾の声にならない悲鳴が聞こえてくるような気がします

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

2.0修行の為に観る類い。

2021年2月8日
iPhoneアプリから投稿

念願の初見だがピンと来ず。
恋愛時代、恐怖分子程には。
何だか言い辛い空気だが、群像劇の手際が良いとは思えぬ。
そして何せ長い。
修行の為に観る類い

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
きねまっきい
すべての映画レビューを見る(全60件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」以外にこんな作品をCheck-inしています。