クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

劇場公開日

  • 予告編を見る
クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

台湾の名匠エドワード・ヤンが手がけた青春群像劇。1991年の第4回東京国際映画祭で審査員特別賞を受賞し、ヤン監督の日本初公開作品として92年に劇場公開された。61年夏、14歳の少年が同い年のガールフレンドを殺害するという、台湾で初の未成年による殺人事件が起こる。不良少年同士の抗争、プレスリーに憧れる少年の夢、大陸に帰りたいと願う少年の親世代の焦りと不安を描きながら、当時の台湾の社会的・精神的背景を浮き彫りにしていく。主人公を演じるのは、当時まったくの素人だったチャン・チェン。上映時間が188分のバージョンと236分のバージョンが存在し、2016年の第29回東京国際映画祭ワールドフォーカス部門にて、デジタルリマスターされた236分のバージョンがプレミア上映。17年に同バージョンが劇場公開となる。※タイトルの「クー嶺街(クーリンチェ)」の「クー」は「牛」偏に「古」

1991年製作/236分/PG12/台湾
原題:[牛古]嶺街少年殺人事件 A Brighter Summer Day
配給:ビターズ・エンド
日本初公開:1992年4月25日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)1991 Kailidoscope

映画レビュー

5.0脅威の名画

ローチさん
2019年6月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

画面が暗い。しかし、その闇の深さに吸い込まれる。誰が喋っているのか視認しづらいほどの遠景ショットの多用に加え、暗くてそもそも顔が見えない、そしてエピソードが線でつながっておらず、点の集積であるようなこの作品は分かりづらいが、観るたびに初めて観るような感動を覚える。なぜ少年は少女を殺してしまったのか、明確な裏切りを知ったわけではない、若さゆえの勇み足もある、しかし、その不明瞭な動機は、当時の台湾の不透明さを背負っているようでもある。本作は中国から渡ってきた外省人の家族を描くが、本省人と外省人の争いではなく、外省人の若者たちの争いが描かれている。大人たちは本土に帰れるか不安に感じ、しかし子供世代はすでにアメリカ社会への憧れが芽生えている。世代によって向いている方向が全く逆であるのは興味深い。台湾の置かれた国際情勢がその親子関係にも現れているように思える。理不尽が理不尽を呼ぶ展開だが、確かに世界はこうなっていると納得させられる。何回観ても圧倒される、とてつもなくすごい作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ローチ

3.0主人公の眼差しが良い

散歩男さん
2019年8月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

やたらと評価の高いエドワード・ヤン監督のこの映画。デマンドで。
まず長い4時間。必然があったかということならあった、だが長い。

役の名前と顔が一致せず。暗い画面も多く、どういう関係のどういう誰が何してるのか理解するのに一苦労。これは物語としては欠点でしかない。あと当時の台湾の情勢をある程度知っていなければ分からない点も多い。予習と解説ありきの映画ではなぁ。

ただ、各ショットの決まり具合、効果的な音響、ヒリヒリとした緊張感など見所は多々あり。
しかし敢えて言うと、思春期の少年が群れてあだこだ言う姿には共感しなかったし、こじらせボーイがテンパってやった犯罪話でしかない。やたらめったらな高評価には?です。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
散歩男

5.0子供は社会をうつす鏡?

ツバキさん
2019年3月22日
Androidアプリから投稿

ポストモダン文学的な手法で映像化して上手くいった例だとおもう でも、ポストモダンな手法で、1991年当時にこれだけ完成度の高い映画は少ないだろー 脚本も伏線をしっかりはってるのに台詞は少なめに、映像や演技で表現してる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ツバキ

4.0懐かしくも切ない青春

KONさん
2018年10月16日
iPhoneアプリから投稿

無駄なシーンじゃない?って思う所が沢山あったけど、だからこそ夢のような、懐かしい思い出のような作品。人生のすべて何気なく、しかしかけがえのないもの。またひとつ何度も観たい映画を見つけました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KON
すべての映画レビューを見る(全51件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」以外にこんな作品をCheck-inしています。