クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

ALLTIME BEST

劇場公開日

クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件
クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件
35%
48%
13%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

台湾の名匠エドワード・ヤンが手がけた青春群像劇。1991年の第4回東京国際映画祭で審査員特別賞を受賞し、ヤン監督の日本初公開作品として92年に劇場公開された。61年夏、14歳の少年が同い年のガールフレンドを殺害するという、台湾で初の未成年による殺人事件が起こる。不良少年同士の抗争、プレスリーに憧れる少年の夢、大陸に帰りたいと願う少年の親世代の焦りと不安を描きながら、当時の台湾の社会的・精神的背景を浮き彫りにしていく。主人公を演じるのは、当時まったくの素人だったチャン・チェン。上映時間が188分のバージョンと236分のバージョンが存在し、2016年の第29回東京国際映画祭ワールドフォーカス部門にて、デジタルリマスターされた236分のバージョンがプレミア上映。17年に同バージョンが劇場公開となる。※タイトルの「クー嶺街(クーリンチェ)」の「クー」は「牛」偏に「古」

1991年製作/236分/PG12/台湾
原題:[牛古]嶺街少年殺人事件 A Brighter Summer Day
配給:ビターズ・エンド
日本初公開:1992年4月25日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)1991 Kailidoscope

映画レビュー

5.0脅威の名画

2019年6月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

画面が暗い。しかし、その闇の深さに吸い込まれる。誰が喋っているのか視認しづらいほどの遠景ショットの多用に加え、暗くてそもそも顔が見えない、そしてエピソードが線でつながっておらず、点の集積であるようなこの作品は分かりづらいが、観るたびに初めて観るような感動を覚える。なぜ少年は少女を殺してしまったのか、明確な裏切りを知ったわけではない、若さゆえの勇み足もある、しかし、その不明瞭な動機は、当時の台湾の不透明さを背負っているようでもある。本作は中国から渡ってきた外省人の家族を描くが、本省人と外省人の争いではなく、外省人の若者たちの争いが描かれている。大人たちは本土に帰れるか不安に感じ、しかし子供世代はすでにアメリカ社会への憧れが芽生えている。世代によって向いている方向が全く逆であるのは興味深い。台湾の置かれた国際情勢がその親子関係にも現れているように思える。理不尽が理不尽を呼ぶ展開だが、確かに世界はこうなっていると納得させられる。何回観ても圧倒される、とてつもなくすごい作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
杉本穂高

1.5すいません私にはわからない。

火鍋さん
2020年6月7日
スマートフォンから投稿

人物設定もいまいちで受け入れられませんでした。登場人物が多いせいもあるのかな、誰にも感情移入できなかった。
茶器や小物が素敵で、家のつくりが日本式なのも興味深かった。それから台湾の必需品であるバイクもこの時代はまだ無かったんだな、なんてことを考えならが最後まで見終えました。

私が時代背景を知らなすぎるから楽しめなかったのだと思い映画好きの台湾人の友達に聞きました。撮影の勉強をしていた人なので映画にも精通している人です。
どうしてこれが有名なのか?これはおもしろいのか?と聞いたら
なんと台湾人でもよく意味はわからないというではないですか。
「ただの少年少女のもつれ話。日本でも、わかるようでわからない一味変わった映画が評価されるのと同じ。なんかかっこよくて意味あり気にみえるでしょ。ただこの映画が撮られた時代は台湾で殺人事件をテーマに取り扱うこと自体が珍しくセンセーショナルで話題になった。」らしいです。なるほど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
火鍋

4.015歳の張震…

akcさん
2020年4月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

めちゃめちゃかわいい…。

なにがどうとは、まだ言葉にできないんだけど、じんわり心に残る作品になりそう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
akc

5.0小さな町のほんの僅かな時間の物語

2020年4月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

この物語の4時間は、そのほとんどが些細でだれにでもある日常を切り取っている。だから、だれにでも共感できることもあるが、生きた時代のせいで如何様にも人生そのものが変わってしまうことを示唆しているとも感じた。

★これからこの作品を見る方は、ぜひ1950年代の中国・台湾の歴史(政治・教育)をすこしでもいいので下地として理解しておくといいかと思います。★

それは、とても小さな町の中で起きた、ほんの僅かなあっという間の時間の中にあるロードムービーのような少年の人生の物語。
冒頭のシーンから、少年の人生に影響しないものはないと言っているようなありきたりな日常が映し出され、延々繰り返されるわずかな変化の中の日常や、どこにでもあるケンカやデートやお祭りやイベントやすこしアングラな時間が、時代のせいか大きな罪を生んでいく。
その中で生きていく少年は、様々な人と接点を持ちながら、自分とはなにかを考えていく。そして見出した彼女への想い。しかし、それは儚く、無残に鋭く切られる薄く脆い紙きれのような気持ちだったのか、それとも彼女のほんのすこし大人な想いが、少年を苦しめたのか。
だれにでもそんなようなことが起き、誰もが通り過ぎてきた気がするささやかなシーンだが、大きく人生を変化させてしまうこともあると感じたし、自分自身も少なからずその傷を負いながらこれまで来ていることも思い起こさせてくれた。

本作品は、時代背景が分からないと置いてけぼりになりやすい。それでも少年少女の感覚などは、懐かしさを感じつつ見ていられた。
少年が恋する彼女は、作中も魅力的な女性として描かれるが、見ていてもやはり魅力的な女の子だなと思った。それは、可愛らしいという一面的な描き方ではなく、どこか儚く見えるところ、素直でまじめなところ、時として妖艶なところ、大人びた発言や可哀そうな感じもあれば、元気で陽気な面もあり、多面的な描き方をしている。それは、誰かに見せるときに変えているとこもあれば、時として変わってしまうところやそうせざるを得ないときもあったりだが、しかしそれは彼女にすべてある本当の姿でもある。だからこそ、少年は自分の想いに耐え切れなかったのかもしれない。多面的な彼女の演技と監督の手腕はとても素晴らしい。
称賛されるに値する映画で、見れてよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
aoironomegane
すべての映画レビューを見る(全56件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」以外にこんな作品をCheck-inしています。