セブン・イヤーズ・イン・チベット

劇場公開日

セブン・イヤーズ・イン・チベット
12%
53%
28%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

神秘的な禁断の地チベットを舞台に、若き日のダライ・ラマと伝説の登山家の魂の交流を描いた、ロマン溢れるヒューマン・ドラマ。オーストリアに実在した世界的な登山家ハインリヒ・ハラーの実体験に基づく同名著書を、「愛人/ラマン」「愛と勇気の翼」のジャン=ジャック・アノーの監督で映画化。脚本は「プリンス アンダー・ザ・チェリー・ムーン」のベッキー・ジョンストン、撮影はロバート・フレイズ、音楽は「スリーパーズ」のジョン・ウィリアムズで、チェロ演奏は世界的なチェリストであるヨーヨー・マ。主演は「スリーパーズ」「デビル」のブラッド・ピット。共演は「恋の闇 愛の光」のデイヴィッド・シューリス、「エグゼクティブ デシジョン」のB・D・ウォン、「ライジング・サン」のマコ、本物のダライ・ラマの5歳年下の妹であるジェツン・ペマほか。第10回東京国際映画祭に出品された際、中国政府が抗議のため、出品作品を上映中止にした事件も話題に。

1997年製作/136分/アメリカ
原題:Seven Years in Tibet
配給:松竹富士=日本ヘラルド映画

ストーリー

1939年秋、ナチス統制下のオーストリア。有名な登山家ハラー(ブラッド・ピット)は身ごもった妻イングリッド(インゲボルガ・ダプクナイテ)も顧みず、彼は同国人のペーター・アウフシュナイダー(デイヴィッド・シューリス)と共に、ヒマラヤ山脈の最高峰、ナンガ・パルバットを目指して旅立った。幾多の危機を乗り越えながら、彼らの探査行は続けられたが、思わぬ雪崩によって断念せざるを得なくなる。その頃、第二次大戦の戦火は日増しに激化し、情勢はハラーたちにとって思わぬ方向に進んでいた。彼らはイギリス軍のドイツ宣戦布告によってイギリス植民地のインドで捕らえられ、戦犯の捕虜収容所に送られてしまう。ハラーは何度となく無謀な脱走を試みるが、すぐに連れ戻される。そんなある日、故国に残したイングリッドから離婚届けが届いた。自己中心的な生きかたをしてきたハラーにとって、初めて味わう大きな悲しみと挫折だった。彼は鉄条網に体をぶつけ、自らを傷つけることで、感情の捌け口を見いだそうとする。収容所生活も2年を超えた42年9月。作業員を運ぶインド人に化けた2人は、監視の目を欺いて脱出し、そこからハラーは単独で逃亡した。追跡を逃れて過酷な自然環境の中での逃避行を続け、ついにアウフシュナイダーと再会を果たした。足掛け2年に渡る長い逃避行を経て、45年、2人は外国人にとって禁断の地チベットのラサに辿り着いた。黄金宮に輝くポタラ宮殿。世界の屋根とうたわれるヒマラヤ山脈の壮大な眺め。宗教のもとに生きるラサの人々の純潔な精神。ハラーにとっては心洗われることの連続だった。犬のエサを盗み食いしようとした時に助けられた、政治階層のツァロン(マコ)はハラーたちのよき理解者となり、あらゆる援助の手を差し伸べてくれた。また、チベットの貴族ンガワン・ジグメ(B・D・ウォン)の特別な計らいで、若く美しい仕立屋ペマ(ラクパ・ツァムチョエ)の元を訪れ、洒落た服を仕立ててくれた。ハラーたちも、ラサの人々に大して自らの知識を惜しみなく与えた。そんな中、ハラーはダライ・ラマの母親(ジェツン・ペマ)の家に招待される機会を得、彼はそこで若き宗教指導者ダライ・ラマ(ジャムヤン・シャムツォ・ワンジュク)の家庭教師を依頼される。西洋文明に大して大きな興味を示すダライ・ラマに、ハラーは英語や地理などを教えながら、深い友情と魂の交流を重ねていく。二人の精神の絆が深まるにつれ、利己主義だったハラーは初めて無私の境地を体験し、心の変化をなし遂げていく。しかし、それまで微妙な関係にあった中国政府とチベットの間の緊張が、急激に高まっていく。中華人民共和国が成立し、突然やって来た中国全権大使(ヴィクター・ウォン)の要求に、ダライ・ラマは平和的な精神性を説き、宗教を否定する全権使節を怒らせる。ダライ・ラマは中国の侵略によってチベット人の多くの命が無残に失われる夢にうなされるが、不幸にもそれは現実となった。51年、激動の中でハラーはチベット滞在に終止符を打つ。ラサを去るにあたり、ペマと結婚してチベットに家を構えたアウフシュナイダーとの別れのバター茶を酌み交わすハラー。そして、自分の魂を変えてくれたダライ・ラマとの別れ。ダライ・ラマは、即位した説きから大事にしていたオルゴールをハラーに友情の証としてハラーに与え、愛用の望遠鏡で去っていく彼の姿をいつまでも見守るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第21回 日本アカデミー賞(1998年)

ノミネート

外国作品賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:AFLO

映画レビュー

3.5みんな若い〜

2020年7月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

なぜか観る機会がなかった作品。
20年以上も前のだった!

死ぬ思いで辿り着いたチベット。外国人がよくしてもらったのもラッキーだったのだろうな。

実話に基づく作品らしいけど、正直途中からチベットで何をしていたのかな、と疑問が。
特にピーターは結婚までして、仕事は何を?奥さんの仕立て屋の仕事だけ?

チベットでの生活、ダライ・ラマとの交流は平和で(中国に侵攻されるまでは)微笑ましかった。
英語が流暢な人が何人かいたけど、あれは事実なのか、気になる。

前半と後半で(どっちが長いかわからないけど)時間の流れや空気が真逆になった気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジャーニー

4.0分厚い物語を受け止めるジョン・ウィリアムズ

カメさん
2020年7月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.9
素晴らしく格式高い作品。若き日のダライ・ラマとの交流と、チベットと中国との悲しき史実。
その分厚い物語を受け止めるジョン・ウィリアムズズの壮大な音楽。
力のある監督が、誰かの半生を丁寧に描いた作品は、やはり素晴らしく見応えがあり、作品性が高い。
またブラピのもっとも美しい容姿の時代の作品でもある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ

4.0波乱の人生

Cape Godさん
2020年2月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、TV地上波

総合:75点 ( ストーリー:75点|キャスト:75点|演出:70点|ビジュアル:75点|音楽:65点 )

 妻を残して遠い国で登山をしていたらいきなり戦争のため捕虜となり、異国で脱走をして死にそうになり、外国人立ち入り禁止の西蔵のラサに辿り着く。ダライ・ラマという異世界の長との触れ合いがあるが、だがそこでも歴史の大きなうねりに翻弄され、会えない子供のことに苦悩する。
 なんという波乱の連続、その彼の激しい人生にどうなるのかと惹きつけられる。またその凄まじい経験から、最初は登山家として野望を持って青年は、最後にはもっと他人に対して愛情深い人への変貌していく。その変遷を見て心穏やかになる。

 主人公ハインリヒ・ハラーの人生と共にもう1つの重要な主題が、中国による西蔵の侵略と弾圧である。国際社会では未だに中国の残虐さが糾弾されることが多い問題だが、これは現在進行形でもある。そしてただの侵略ではなく統治のため一説では100万人とも言われる数多くの虐殺と破壊も起きていると言われる中で、そのような場面の描写は短くて必ずしも強いものではなかったので、さらに生々しいものにしてくれた方が心に響いただろう。

 最初に本作品を観た後で、映画にも登場するダライ・ラマの講演を聞く機会があった。詳細な内容は覚えていないが、高齢なのになかなかに力強い声と内容の演説をする人だった。それからまた観直してみるとさらにダライ・ラマと中国の弾圧について身近に感じた。
 ウィキペディアで調べてみるとハインリヒと一緒にラサに辿り着いたペーターもまた波乱の人生を歩んでいて、彼のその後がおざなりになっているのは中途半端だった。あの描き方だと彼はそのままラサに死ぬまで残ったように思えてしまう。簡単でいいから最後の場面で彼についても言及があればよかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God

3.5ダライラマに会うのは70分ぐらいしてから

2019年7月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

中国では絶対に上映できないね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き
すべての映画レビューを見る(全17件)

他のユーザーは「セブン・イヤーズ・イン・チベット」以外にこんな作品をCheck-inしています。