スパルタンX

劇場公開日

13%
55%
28%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

謎の集団に誘拐された美女を救出しようとする三人組の活躍を描く。製作はレナード・ホウ、製作総指揮はレイモンド・チョウ、監督はサモ・ハン・キンポー、脚本はエドワード・タンが各々担当。出演はジャッキー・チェン、ユン・ピョウ、サモ・ハン・キン・ポーなど。

1984年製作/98分/香港
原題:Wheels on Meals 快餐車
配給:東宝東和

ストーリー

スペインのバルセロナ。パン屋の二階に下宿するトーマス(ジャッキー・チェン)といとこのデイヴィッド(ユン・ピョウ)は、ハンバーガーやコーヒーを売るキッチン・カーの経営者だ。今日も二人はキッチン・カーを馳って公園広場へと出かけた。陽気な笑い声が響くその広場には、二人のお得意さんたちが集まってくる。スケート・ボードも軽快に注文を取るトーマス。その日の午後、二人はデイヴィッドの父(ポール・チャン)を見舞いに病院に出かける。ところが父親は、患者仲間のグロリアと愛し合っている。しかも、グロリアと一緒に現われた美しい娘シルビア(ローラ・フォルネル)を見て二度ビックリ。その夜。ストリート・ガールがずらりと立ち並ぶ裏通り。キッチン・カーを停めて営業中のトーマスとデイヴィッド。突然、「スリだ」という叫び声がしたかと思うとシルビアが逃げ込んできた。二人は彼女をかくまい、スリをやめさせる約束でウエイトレスとして雇うことにする。その頃、二人の友人で私立探偵事務所の見習いモビー(サモ・ハン・キン・ポー)は大仕事にありついた。上品な紳士がセピア調の写真を持ってきて仕事を依頼してきたのだ。そんなある日、シルビアが正体不明の男たちに誘拐されかかった。そこにモビーも現われて得意のクンフーでやっつけ、やっとの思いでアパートに辿りつく四人。だかそこにも謎の男たちが待ち伏せていた。実はシルビアは伯爵の娘で、遺産目当ての伯爵の弟モンデール(ペペ・サンチョ)に狙われていたのだ。シルビアは捕われた。彼女を救出するために古城に潜入する三人。モビーはフェンシングの名手のモンデールと、デイヴィッドは殺し屋ゴヤ(キース・ビタリ)と、そしてトーマスは格闘技の王者ガーディ(ベニー・ユキーデ)と戦い、苦闘の末に倒しシルビアを助け出した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0おもしろいけれどなんでスペインが舞台?

2021年11月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

邦題に疑問もギャグと格闘シーンの連続で面白かった。
30年以上も前にスケボーを乗り回していたとは驚き。
オリンピック級でTake Oneで撮れたんだろうか?
キッチンカーも面白かったし何よりシルビアの美貌にはおもわず目を見張った。
香港三大アクションスターもいちころもみんな硬派でストーリーがややこしくならないのが良かった。
わかりやすくてそこそこにハラハラドキドキもあって気軽に楽しめる映画だった。

最初はジャッキー主演なので香港が舞台と思っていたがお金の出てくるシーンで「ペソ」て言うてるやん。
どこの国?みんな中国語話してるし。
あとでスペインが舞台てわかったけれど最初は香港にこんな外国人の多い所があったんやとおもっていたがジャッキーたちが外国人だった。
それにしてもなんでスペインでないと駄目だったのか不思議。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Elton Shin

3.0みんな中国語を話します

としさん
2021年10月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2021年10月31日
映画 #スパルタンX (1984年)鑑賞

バルセロナを舞台にオールスペインロケで撮影された香港映画

香港映画なのでスペイン人のセリフが全部中国語に吹き替えられていて、その字幕を見せられる

これは、字幕好きなファンにも怒られるんじゃないかな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

2.5アクションシーンは最高なのだけれど…

2020年4月11日
PCから投稿

妙に神格化されてるけど格闘シーン以外があまりにも退屈すぎて退屈すぎて…。(サンダーアームもそうだけど)
アクションはキレッキレでかっこいいから、燃えドラとかドラゴンへの道みたいに、もっとひたすら戦う映画であってほしかった。

このころは日本が金持ってたんだろうなぁ。ジャッキー映画は日本車まみれだね。

スペイン人が吹き替えで中国語喋ってる設定に、当時の人間は違和感を感じなかったのだろうか。
おおらかなのは時代なのだろうか。こういう映画がいっぱいあったのだろうか。ならばいつからなくなったのだろうか…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヨックモック

4.0いや〜楽しいのなんの。3人揃い踏みの中の最強作品ではないでしょうか...

2017年5月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

いや〜楽しいのなんの。3人揃い踏みの中の最強作品ではないでしょうか。

まず舞台がスペインというのが新鮮。しかも今作のヒロイン、超美人。こんな綺麗な人、そうはいないぞ、と思ったらミススペインとか。納得。
今作のアクション、3人のバランスが絶妙。冒頭の寝起きのシーンからもう面白い。そしてクライマックスのジャッキー対真の格闘家ベニー・ユキーデ、すごい迫力。なんでもかなり本気でやりあったらしい、パンチとかも本当に当たってます。

ジャッキー映画の中でもかなり上位に入り込んでくる、ファンなら逃せぬ一本です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る