サンタ・サングレ 聖なる血

劇場公開日

サンタ・サングレ 聖なる血
29%
49%
20%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

連続殺人に手を染める青年の異常心理をオカルト・タッチで描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはアンゲロ・イアコノとルネ・カルドナ・ジュニア、製作はクラウディオ・アルジェント、監督は「ホーリー・マウンテン」のアレハンドロ・ホドロフスキー、原案・脚本はA・ホドロフスキーとロベルト・レオーニ、共同脚本はアルジェント、撮影はダニエレ・ナヌッツィ、音楽はサイモン・ボスウェルが担当。出演はアクセル・ホドロフスキー、ガイ・ストックウェルほか。

1989年製作/イタリア
原題:Santa Sangre
配給:ケイブルホーグ

ストーリー

メキシコ・シティのグリンゴ・サーカスの団長オルゴ(ガイ・ストックウェル)と妻コンチャ(ブランカ・グエッラ)の一人息子フェニックス(アダン・ホドロフスキー)は、感受性の豊かな少年だった。彼は、刺青の女(セルマ・ティゾー)が連れている聾唖の少女アルマに好意をよせていたが、ある夜オルゴと刺青の女との浮気を目撃したコンチャは、夫の下腹部に硫酸をかけ、激怒した彼は妻の両腕をナイフで切り落とし、自らも喉をかききって自殺して果てる、という事件が起きた。刺青の女はアルマを連れて逃げ、現場に残されたフェニックスはショックのあまり精神病院に送り込まれた。やがて成長したフェニックス(アクセル・ホドロフスキー)は、母に呼び出されるまま脱走するように施設を抜け出し、コンチャの心とフェニックスの腕が一体となって動く奇妙な一心同体芸を身につけ舞台に立つようになる。ある夜、フェニックスはカーニヴァルであの刺青女を見つけ、彼女を殺害する。しかしそれはコンチャの意志によるもので、以後フェリックスは心ならずも、自分に近づく女たちを母の意志の下、殺してゆくようになる。そんなある夜、フェニックスの前に美しく成長したアルマ(サブリナ・デニスン)が姿を現わし、母の呪縛を解くことに成功したフェリックスはコンチャを殺す。しかし我に返った時、そこに横たわっていたのは、一体の腕のない人形だった。フェリックスはアルマに守られ、屋敷を囲む警官の前に足を踏み出すのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • メメント
  • ヒッチハイク
  • フェノミナ
  • 魔性の夏 四谷怪談より
  • HAZE
  • 愛を複製する女
  • ディスコード
  • トーク・トゥ・ザ・デッド
  • クロユリ団地
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5母を愛し過ぎると

Momokoさん
2020年7月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

運命、定めというものはあるのかな?
母が狂信者となった事。
父がサーカスの団長で浮気症な事
そんな中で起こった悲劇。
施設で鳥?ケモノ?のように生きる。
施設を出て母の腕となって生きる。
ある時聖なるものはもう死んでいることに気がつく。
強烈なイメージが美しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Momoko

4.0美男子♡

2020年4月30日
iPhoneアプリから投稿

いやーーーーーとっても良かった…
感動すらしたホドロフスキーで(初めて)

美しいシーンがいくつもあって
心に残ります…
血の吹き出し加減が絶妙!
ぞうさんが哀れで…
美男子の息子も哀れだった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mamagamasako

4.5魂の救済

2020年4月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

興奮

大好きな作品。新作「サイコマジック」鑑賞に向けて久しぶりに再鑑賞。

ホドロフスキー監督が初めて商業映画を意識して作った作品ということだけあって、これまでのホドロフスキー作品とは違ってかなりしっかりとした映画らしいストーリー性がある。しかしそのストーリー性の中にしっかりとホドロフスキー監督らしさが詰め込まれているので、文句無しのホドロフスキー作品に仕上がっていて素晴らしい。

これまでのホドロフスキー作品同様に音楽が本当に素晴らしい。ノリノリのマンボからホドロフスキー監督らしいサーカスチックな曲や繊細で悲しげな曲など、どの曲も映画をしっかりと盛り立てていて本当に素晴らしい。

内容もホドロフスキー監督らしさに溢れていて素晴らしい。内容を一言で表すとアダルトチルドレンの救済。機能不全家族で育った孤独な男フェニックスの幼少期のトラウマ、そして毒母の支配からの卒業。彼の沈んだ気持ちを癒してきたアラジンやピエロ達の存在、そして天使の様なヒロイン・アルマの存在が心を潤す。愛による魂の救済。ホドロフスキー監督流のサイコスリラー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アントニオ・バンデラス

3.5話が理解できる

shotgunさん
2020年4月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

サーカス団の団長の息子フェニックスは、心優しい少年だったが父親の不倫が彼の精神を狂わせ…。
ホドロフスキー監督作。相変わらずシュールすぎる画が多いが、ホーリーマウンテンよりは物語のメッセージが分かりやすく幼少期の体験の重要さが染みる作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shotgun
すべての映画レビューを見る(全11件)

他のユーザーは「サンタ・サングレ 聖なる血」以外にこんな作品をCheck-inしています。