リアリティのダンス

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
リアリティのダンス
リアリティのダンス
25%
51%
18%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1970年代に発表した「エル・トポ」「ホーリー・マウンテン」などでカルト的人気を誇るアレハンドロ・ホドロフスキー監督が、「The Rainbow Thief」(93/日本未公開)以来23年ぶりに手がけた監督作。自伝「リアリティのダンス」(文遊社刊)を自ら映画化し、1920年代の軍事政権下にあったチリの田舎町を舞台に、幼少期のホドロフスキーと権威的な父親、息子を自身の父親の生まれ変わりだと信じるオペラ歌手の母親との暮らしや、ロシア系ユダヤ人であるがゆえに学校でいじめられて苦しんだ逸話などを、チリの鮮やかな風景と、現実と空想が交錯した幻想的な映像で描く。

2013年製作/130分/R15+/チリ・フランス合作
原題:La danza de la realidad
配給:アップリンク

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)“LE SOLEIL FILMS” CHILE -“CAMERA ONE” FRANCE 2013

映画レビュー

5.0ダンスを踊っていると

Momokoさん
2020年7月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

クルクルと人や立場が入れ替わる。
苦しみは楽しみに
絶望は希望に
共産主義は信仰に
父と母、男と女、強さと弱さ

今立っているところに、今見ている景色にしがみつくのではなく、音楽にあわせて心のリズムとともに踊ってみる。
そんな勇気をもらった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Momoko

4.5何年経ってもホドロフスキーはホドロフスキー

2020年5月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

悲しい

興奮

ホドロフスキー監督が「ホドロフスキーの虹泥棒(1990年)」以来実に23年ぶりに創った映画。久しぶりに鑑賞。

23年という長いブランクを全く感じさせない程にホドロフスキー監督らしさと、その天才的な想像力と表現力が遺憾無く発揮されている。独特なシュールな表現、奇抜な色彩美が奏でる映像美、繊細な心の内側を曝け出した内容などなど、何処を取ってもホドロフスキー監督らしくて素晴らしい。何年経っても幾つになってもホドロフスキーはホドロフスキーという感じがして嬉しいし、心から安心する。そして音楽、ホドロフスキー監督作品の音楽はどれも大好きだが、やはりこの作品の音楽も素晴らしい。本当にホドロフスキーはホドロフスキー。魂から作品を創っている監督だから、どの作品を観ても誰しもが「これはホドロフスキーの作品だ」と分かる程に独創的で唯一無二。これぞ芸術家という感じがして堪らなく好きだ。

内容は心に突き刺さるものが凄く有る。ホドロフスキー監督のセンチメンタルで繊細な少年時代の思い出の暴露。激動の時代、父親の鋼鉄の鎧、母親の強さ、移民の部外者的な感情、それらを繊細な心で見ていた少年アレハンドロ。そしてその少年の心が大人の体に漂流する。やはり物の見方や表現の仕方が独特で芸術的。天才はいつになっても天才。ホドロフスキー監督を心からリスペクト。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アントニオ・バンデラス

4.5毒親を人間化するということ

kkmxさん
2017年12月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kkmx

3.0ホドロフスキー映画好きな人向け

散歩男さん
2017年7月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

自身の幼少時の自伝的映画、とはいってもこの監督のことなのでこういう内容になる。

聖と俗、美と醜、リアリズムと幻想。
ごった煮的な構成はいつものことだが、今作は(これでも)ややすっきりまとめた感じ。
自身のルーツであるユダヤ人であるとかロシアとの繋がり、父や母との関係などおそらく正直な吐露が見られてファンには嬉しいかな。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
散歩男
すべての映画レビューを見る(全23件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「リアリティのダンス」シリーズ関連作品