ザ・シークレット・サービス

劇場公開日

6%
56%
32%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大統領を狙う暗殺者と戦うベテラン・シークレット・サービスの姿を描くサスペンス・アクション。監督は「プラスティック・ナイトメア 仮面の情事」のウォルフガング・ペーターゼン。製作は「超能力学園Z」のジェフ・アップル。エグゼクティヴ・プロデューサーはペーターゼンとゲイル・カッツ。「ルーキー」のデイヴィッド・ヴァルデスの共同。脚本はジェフ・マクワイヤー。撮影は「シルバラード」のジョン・ベイリー。音楽は「アンタッチャブル」のエンニオ・モリコーネが担当。主演は「許されざる者(1992)」のクリント・イーストウッド、「二十日鼠と人間」のジョン・マルコヴィッチ、「フリージャック」のレネ・ルッソ。他に「ロックンルージュ」のディラン・マクダーモット、「ロシア・ハウス」のジョン・マホーニーらが共演。

1993年製作/128分/アメリカ
原題:In the Line of Fire
配給:コロンビア トライスター映画

ストーリー

フランク・ホリガン(クリント・イーストウッド)は合衆国所属のシークレット・サービス・エージェント。一匹狼的な異端児で相棒は臆病なアル・ダンドゥレア(ディラン・マクダーモット)だけである。ホリガンは、ケネディ大統領がダラスを訪問した際に護衛を失敗に終わらせたことに深い自責の念を持っていた。大統領(ジム・カーリー)の再選キャンペーンがスタートしたところに、大統領暗殺の脅迫が届いた。やがてホリガンは殺し屋ミッチ・リアリー(ジョン・マルコヴィッチ)が大統領の行動を監視していることを知った。さらにミッチはJFK警護に失敗したホリガンの過去を知っていて、電話で彼に挑戦してきた。ホリガンはキャンペーンの護衛に加わるが、女性護衛官のリリー・レインズ(レネ・ルッソ)以外の同僚は快く思わない。変身術を身につけたミッチはロサンゼルスに飛び銀行に口座を設けると、係の女性とルームメイトを惨殺し、ワシントンに戻った。大統領の遊説が始まった。演説会場の安全を確保する忙しい日々の中でホリガンとリリーに特別な感情が芽生える。やがてミッチの面が割れ、ホリガンは彼のアジトに侵入する。彼を待ち受けていたのは同じくミッチを追うCIAの局員だった。ミッチは執拗にホリガンに電話をかけて挑発してくる。ある日、逆探知に成功し、ホリガンとアルがミッチのアジトを急襲した。ミッチを追跡するホリガンは、ビルの間を飛びこえようとして失敗。危機を救ったアルは撃たれて絶命した。やがて大統領がロサンゼルスにやってきた。同時にミッチもビジネスマンに化けて出現。しかし、命令を無視するホリガンは任務からはずされる。しかたなく空港に向かったホリガンは、ミッチが部屋に残したメモが口座番号であることに気づく。ホリガンはミッチが多額の政治献金をして、大統領のパーティに出席していることを知る。大統領のすぐそばの席に座るミッチの前にホリガンは立ちふさがった。ホリガンを人質にしたミッチは、ホテルのシースルー・エレベーターに逃げこみ、すべての電源を切って逃走を図るが、ホリガンの無線を使った指示により狙撃され、絶命するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1

写真提供:アマナイメージズ

映画レビュー

3.5Classic 90's Secret Service Thriller

2020年10月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

In The Line of Fire is the Secret Service parallel to Silence of the Lambs. John Malkovich plays the top of his game as a disgruntled assassin. We know his identity before the good guys do, but we don't know his motive. Eastwood, timelessly appearing as old as ever, is on his usual "we used to do things this way" schtick. He's his own film genre, and it works well with this story.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Dan Knighton

4.0ケネディを助けられなかった

2021年10月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公(クリント・イーストウッド)はケネディを助けられなかったトラウマを抱え、未だに大統領警護にあたっていた。
そして、大統領を暗殺する、という電話がはいる。
犯人(ジョン・マルコヴィッチ)はプロで、主人公をからかってくる。
イーストウッドは主演のみで、監督はウォルフガング・ペーターゼン。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

5.0引き際を知ると言うこと

あき240さん
2021年8月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

本作のクリント・イーストウッドは主演男優としてのみで、監督はウォルフガング・ペーターゼンです

まるでクリント・イーストウッドに当て書きの脚本で、彼にしか演じることができないほどだと思います

ケネディ大統領の暗殺事件からちょうど30年目の1993年公開

クリント・イーストウッド63歳
劇中でもそのくらいの年齢設定です
30年前、ケネディ大統領の護衛についていたが、自ら盾になって銃弾から大統領を守れなかったシークレットサービスという役です
車を持たないのはその時の精神的な傷がそうさせているのかも知れません

その自責から、一時は酒に溺れ生活が荒れて家族も離れて独り淋しく暮らしていますが、シークレットサービスは続けています
ケネディ大統領の護衛についていたくらいですから、超優秀な中の超優秀だったのは間違い無いでしょう
だから今は若手と組まされて、新人育成係みたいになっているようです

主人公フランクは、一応真面目に仕事をしていますが、適当に流している感があります
それでもやるときはやれてしまう超優秀さは維持しています

しかし現役の連中から、年寄りだとか、暗殺事件の時の……と影口を叩かれていて過去の人扱いです
それでもリタイアしなかったのは、彼にも意地があったのでしょう

アメリカは定年退職というものがないそうです
年齢による一律の解雇は年齢差別となるからで、人によっては、80代でも現役の人までいるそうです

個人が引き際を知ってある程度の年齢になると辞める
と言うのは綺麗事で、給料に見合う成果を出せなくなったら容赦なく首を切られるだけなのかもしれませんが……

暗殺予告電話があって、その意地を晴らす時が来たと主人公フランクは張りきって大統領の護衛チームに復帰を願いでるのですが、早々にもう体力の限界であることを思い知るのです
しかも長年流して仕事してきたので、一応真面目に頑張っていても美人護衛官リリーと知り合うとつい口説いてしまう体たらくです
結局、自分の体力と能力を過信し過ぎて大失敗を起こし護衛チームから外されてしまいます

しかし暗殺者が想定以上の強敵、というか化け物のような奴と分かりだすと、彼も必死になって行きます

結末は、暗殺を阻止して、自分の意地にも決着をつけて彼は勇退を決意します
ラストシーンは首都ワシントンの連邦議会議事堂のリンカーンの座像の前の階段に座ってアイスクリームを舐めながら眺める、ワシントン記念塔の向こうの綺麗な夕映えです
白い鳩が飛んで行きます

クリント・イーストウッドは1930年生まれ
米国ではベビーブーマー、日本では団塊と言われる世代より15年程早く生まれています
日本なら高度成長を成し遂げた世代です
米国でも戦後世界をリードしてきた世代でした

彼らの世代がリタイアしていくことを、その夕焼けが見事に象徴しています
飛び去って行く鳩に彼らが投影されているのです

ベビーブーマー、団塊世代がリタイアしていくのはこの15年後
日本では65 歳定年制になって、20年後の事になりました

きっと仕事をあまりしないおじさんが、あなたの会社にもいると思います
つい邪険に扱って、本作の護衛チームのリーダーみたいな生意気な口をきいてませんか?

実はフランクのようなスゲーおじさんなのかも知れませんよ?

そんなことないか、やっぱり
ただのセクハラおやじだなあ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
あき240

2.5一昔前のヒーロー像

2020年10月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

僕にとってのイーストウッドのイメージはおじいちゃん。
若い頃を知らない。
今作は26年前の作品。
やっぱり引退間近のおじいちゃん。
ずっとおじいちゃん。
それがスゴい。
おじいちゃんのまま変わらない。
マルコビッチはずっとハゲてる。

引退間近のシークレットサービスにゲームを仕掛けて来る。
すぐ近くにいるのに距離が縮まらない。
マルコビッチのネチっこさが、ワクワクさせる。
それに対してイーストウッド演じる主人公は、
枯れても女は好き、
自己中、
弱音を吐かない。やる事はやる。やってやれない事はない。
仲間にも弱音を吐かさせない。
一昔前の主人公って感じで上司にいたらダリぃなぁと思って
しまった。
それでも、失敗を繰り返し全盛期ではないんだなと言う
描写は応援させる物があった。

ここに落ちますよってフリがあって、落ちて行くラストは
気持ち良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
奥嶋ひろまさ
すべての映画レビューを見る(全22件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る