激突!

劇場公開日:

解説

「地球最後の男オメガマン」などで知られるSF作家リチャード・マシスンの短編小説を当時25歳のスティーブン・スピルバーグがTV用に監督したサスペンス・アクション。知人から借金を取り立てるためにカリフォルニアのハイウェイを南下していたデビッドは、途中で1台の大型タンクローリーを追い抜く。すると、そのタンクローリーがデビッドに嫌がらせを始める……。日本やヨーロッパでは90分に再編集され劇場公開された。

1971年製作/90分/G/アメリカ
原題:Duel
劇場公開日:1973年1月13日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

5.0知能を持つ相手から何をされるかわからないサスペンス

2024年1月31日
PCから投稿

【知能を持つ相手から何をされるかわからないサスペンス】
スピルバーグ映画の敵は、嫌がらせが巧い。
「もしかしてあいつ、私より頭が良いかも」という生理的嫌悪感を逆なでする達人。
その源流、ここに見つけたり。

トンネル内での点灯にぞぞぞ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
雨丘もびり

5.0追い越し禁止‼️煽り運転禁止‼️

2023年8月9日
スマートフォンから投稿

怖い

興奮

一人の営業マンがドライブ中、何気なくタンクローリー車を追い越したため、怒りを買い、彼の車は執拗なタンクローリーの追尾を受けてしまう・・・‼️当時25歳のスピルバーグ監督が大型タンクローリーをホラー・キャラクターにして、どこまでも追われる恐怖をとことん描き出した傑作ですね‼️
◎ノロノロ運転を続けるので追い越すと、クラクションを高々と鳴らし追い越しをかけ、さらにノロノロ運転を続け、走行の妨げを喰らう‼️
◎手で合図されたので追い越そうとすると、対向車と事故りそうになる‼️
◎猛スピードとクラクションで迫られ、強烈な煽り運転を喰らう‼️
◎立ち寄ったレストランの客の中に、タンクローリーの運転手がいると思い込む心理描写‼️
◎タンクローリーがエンストで動かないスクールバスには紳士的に振る舞うブラックユーモア‼️
◎タンクローリーが暗いトンネルの入り口でヘッドライトを眼玉みたいに光らせて待ち受けているシーン‼️ショック演出の手本‼️
◎踏み切りで止まっていると、後ろからタンクローリーに押され、列車に衝突しそうになるシーン‼️
◎主人公がガソリンスタンドで電話をかけていると、タンクローリーが突っ込み全てを破壊するシーン‼️
◎時間稼ぎをしてタンクローリーを振り払ったと思ったら、待ち伏せを喰らうシーン‼️
◎ラジエーター・ホースの故障‼️
◎ラストの一対一の決闘‼️

全編緊張の緩むところが無く、まさにノン・ストップのサスペンス・アクション‼️タンクローリーの運転手が終始顔を見せずに不安を煽ったことで面白さが倍増してますよ、絶対‼️もうタンクローリー自体が怪物に見えてくるし、タンクローリーの正面が人間の顔にも見えてくる‼️運転手も手だけ見せるんですが、その手がまたミョーに優しい手‼️そして秀逸なのは、タンクローリーの最期の描写‼️ふつうタンクローリーが崖から転落すると、爆発して大炎上する派手な見せ場になるのに、まず恐竜の雄叫びのような音を出して落ちていき、車輪をクルクルと空回りさせながら後ろのパイプからポトポト油を落とし、やがてその車輪がゆーっくり停止する‼️まるで人間の臨終みたいな静寂した演出で魅せるスピルバーグ監督はやっぱり天才‼️スピルバーグ監督のサスペンス演出は、この「激突」と「ジョーズ」が二大看板ですね‼️「ジュラシック・パーク」は全然ダメ、この二作に比べると‼️

コメントする 2件)
共感した! 11件)
活動写真愛好家

3.5見えない物を見えないまま

2023年7月12日
iPhoneアプリから投稿

コンパクトなシチュエーションと工夫で面白く作れるスピルバーグすごいのと
見えない物を見えないままの終わりが良かった。

後世の映画の色んなとこに影響与えてそう!
なシーンも多くて面白しろかった。

トラックが生き物の様に描かれてるように見えるのも面白い、主人公は現代でいうと有害な男性性満々なんだけど、その主人公とトラックの衝突は何に対する比喩なのか。

スピルバーグ個人的に割と苦手なので、合わないな〜なシーンもあるけど偉大な作品。
スピルバーグの子供演出、苦手なんだよな。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
madu

3.5体脂肪率5%

2023年4月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

原作のマシスンが脚本も書いていたんだね。
シンプル・イズ・ベストを体現したかのようなお話。大人になってから考えてみると、見せないことの重要性を刷り込まれたのかも。理解の範疇にないことが、やっぱり一番怖いんだ。
元々はテレビとのことだが、テレビでしか観たことないので、いつかは劇場で見てみたい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
なお
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「激突!」シリーズ関連作品