黒い罠

劇場公開日

黒い罠
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「マクベス(1948)」以来のオーソン・ウェルズ監督作品の登場である。探偵作家ホイット・マスターソンの「悪の記章」を原作とする、メリカ=メキシコ国境の町に起こった爆殺事件にからまる、両国の捜査刑事の対立と不気味な警察内部の腐敗が、国境町の風土感を生かして描かれる。撮影監督は「千の顔を持つ男」のラッセル・メティ。音楽は「世界を駈ける恋」のジョセフ・ガーシェンソン。主演は「悪魔に支払え!」に次ぐウェルズ自身に「十戒(1957)」のチャールトン・へストンと「ジェット・パイロット」のジャネット・リー。その他「追想」のエイキム・タミロフやジョセフ・カレイアなどの性格演技者が選ばれている。特別主演として「情婦」のマレーネ・ディートリッヒ、「赤い風車」のザザ・ガボールが登場。製作は「翼に賭ける命」のアルバート・ザグスミス。

あらすじ

新妻スーザン(ジャネット・リー)と新婚旅行へ出発のため、国境の町にやってきたメキシコ政府特別犯罪調査官マイク・ヴァルガス(チャールトン・ヘストン)は、アメリカ領へ入った時、2人を追い抜いた豪華な乗用車が突如爆発したのを目撃した。ヴァルガスは職業がら、妻をホテルに帰して、休暇中にもかかわらず調査をはじめた。間もなくアメリカ側の警官がやってきた。捜査担当のハンク・ウィンラン警部(O・ウェルズ)は、足が不自由で、獰猛な性格の巨躯の持ち主で、自分の担当した事件でかならず犯人を挙げる男として知られていた。爆発した車中の2死体は、若いストリップ・ガールと町の富豪リネットカーのものと判明した。クィンラン警部はヴァルガスの介入を嫌ったが、上司の命令で協力を余儀なくされた。スーザンは現場からホテルに帰る途中見知らぬメキシコ人に情報提供をタネに誘われ、安ホテルでメキシコとアメリカをまたにかける暗黒街の顔役アンクル・ジョー・グランディ(エイキム・タミロフ)から、麻薬密売容疑で捕われている彼の兄の調査から夫の手を引かせるよう脅迫された。妻をアメリカ側ホテルに移したヴァルガスは、クィンランと共にリネカーの娘マーシァ(J・ムーア)と、若い夫サンチェスを尋問した。しかしアパートの洗面所の靴箱からクィンランが爆発の時のものと同型のダイナマイト発見した時、ヴァルガスは疑問を生じた。彼が先刻洗面所に入った時、箱は空だったのだ。念のためクィンランの扱った事件の記録を調べた彼は、このアメリカ警察の英雄の数々の功績が、無実の罪を強引に作り上げる虚偽の工作から成立しているのを発見した。弱味を探られたのを知ったクィンランは顔役グランディと図ってスーザンを誘拐し、麻薬窟に彼女を半裸にして失神させておき、彼女のストッキングでグランディを絞殺し、死体を傍らに放置した。スーザンは逮捕された。この時、クィンランの部下メンジスが、グランディの死体の近くで、クィンランの常用する杖を発見し、ヴァルガスに協力を誓った。マイクロフォンを服の下に隠したメンジスは、クィンランを誘い出して無実の罪を作った事実を聞き出し、ヴァルガスが形態無電録音器にこれを録音した。しかしコンクリートの橋に2人がさしかかった時、反響から、クィンランは事情を察知した。怒ってメンジスを射ったクィンランは、素手のヴァルガスに1弾をうち込もうとした時、瀕死のメンジスがはなった弾をうけて射殺された

1958年製作/アメリカ
原題:Touch of Evil
配給:ユニヴァーサル

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ローンウルフ 真夜中の死闘
  • ミラーズ 呪怨鏡
  • レザボア・ヴァンパイア
  • マインズ・アイ
  • 恐怖ノ黒電話
  • ザ・ハロウ/侵蝕
  • 凍える牙
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第1試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第2試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 決勝戦
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

4.0Orson Welles

vary1484さん
2019年1月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

オーソン・ウェルズという映画業界でもNo.1の座を争う偉人の作品。
まず、このような伝説的作品を定額制動画配信サービスで見られることを感謝せずにはいられない。
1950年代のフィルムノワールという一時代を作ったジャンルの代表的な作品。一番最初に目に貼ってくるのはやはり、フィルムノワールの代名詞とも言える照明。何を映すのかではなく、何を闇に隠すのかという影が支配する映像は見応え十分です。そして、フレーミングの王様、オーソンウェルズの一寸違わぬカメラワーク。そして有名な編集。

シネマトグラフィー(撮影、照明)
ハードライトでくっきりとキャストされる影がやはりこの時代の副産物でしょう。超巨大なライトを使って、サイドから力強く当てられた光が作る影は、フィルムノワールの主役です。今作でもそうですが、フィルムノワールのテーマは裏切りや陰謀などの人間の影の部分をテーマとします。文字通り、人間の裏の部分が影となって一つのキャラクターとして映し出されます。さらには、陰もくっきりと漆黒で顔の半分を支配する、キャラクターのクローズアップは、その人間の表と裏の二面性を描いています。
シルエットや陰影のように照明が当たらないところでキャラクターを表現する。それがフィルムノワールです。ハリウッドスタジオの黄金期を支えた一つのブランド。

オーソンウェルズ
『市民ケーン』でもよく知られますが、レンズの長さやカメラのアングルなどのフレーミングのテクニックを使ってキャラクターの感情や立場を表現する技術の親がオーソンウェルズです。今作では、オープニングシークエンスやサンチェスの家のシーンで見られるワナー(長回し)がとても実物です。危険とオーディエンスとの距離を操作し、キャラクターをステージ上でダンスをするように動かし、サブコンシャス的にそのシーンを盛り上げ飾りつけしていくこのフレーミングとブロッキングは、現代の映画にも通じる先駆者の代物です。

編集
これまたスタジオ時代の映画界を象徴するような事件で有名ですね。撮影後、オーソンウェルズがチームから抜けた後、ユニバーサルスタジオがストーリーを書き換え、別シーンを撮影し、変種を操作しました。それにオーソンウェルズが68ページにもわたる抗議を含んだ意見文を提出したのです。しかし、それも叶わず、そのまま放映されてしまいました。
その後、その意見文を元に、ウォルターマーチ先生が再編集をしたのは、公開から40年後のこと。そこで、彼の作品はさらに脚光を浴びることになりました。映画界での伝説の地位を確立したのは、そのとき。

これらからもよくわかりますが、一つの作品に対する熱意が違う。自分が出演するのもそうですが、68ページにもわたって自分の意見を書くことができるのは、そこまで作品に対する愛があり、熱意があり、それが叶わなかったことがどれほど失意だったのかが伺えます。
これが映画だと言わんばかりの作品です。単純に初見でも面白く、ハラハラできるフィルムノワールですが、100回観ても味がする、芸術であり、映画のポテンシャルをさらに感じる最高傑作。
それゆえ、私はこの作品の1%も感じ取れていないし、楽しめていない。99%楽しむ余地が残っていることだけはひしひしと感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
vary1484

4.0理解されなかったウェルズの「作家性」

2019年1月6日
Androidアプリから投稿

冒頭の長廻しは「空間の振付」と評され、素晴らしい効果をあげている
全般的に 視覚的に優れた映画である
疾走感もあり、ウェルズの才気を 感じさせる
今より 単純であった観客の為に、映画会社に勝手に再編集されてしまったのは、気の毒であった
ストーリー展開に やや、難はあるが(観客にわかり辛い) 作家性を重視できなかった時代である
(修復版を 見てみたい)

老いた巨漢刑事(ウェルズ)が 組織の歯車となって働いているうちに、犯罪者側と なあなあになって、
崩壊していく様子が 哀しくもある
(体を酷使しても、妻を失っても 犯罪は減らない)
彼を追い詰める捜査官ヴァルガス(ヘストン)の若さと 正義感と 贅肉の無さ!

ストリップクラブのオーナーに、ザ・ザ・ガボール
(9回結婚した美人女優)
酒場女ターニャに デートリッヒが 扮して華を添えている
デートリッヒは この映画のラストシーンの自分を高評価してるが、彼女はメキシコ女の雰囲気ではない様に感じる
やっぱり、ヨーロッパの退廃だよね
(本人は 飽きたかも知れないが… )

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jarinkochie

2.5

2018年11月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

ソレを忘れちゃう!?手痛いミス。

証拠でっち上げな悪徳刑事でも推理に間違いはなかったってタダの偶然かも。

メキシコとアメリカってドッチに居るのか観ていて解らなくなったりする!?

ショッキングなシーンもアッサリと演出してしまう感じで驚きなども希薄に。

O・ウェルズは脇役かと思いきや最後には全てを掻っ攫う演技?存在感で素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

2.0アメリカとメキシコ(^-^;

2017年1月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

オーソン・ウェルズとチャールトン・ヘストンということで見たけど
話しが薄くて(^-^;しょーもなかった…コメディだった?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mamagamasako
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る