グレムリン

劇場公開日

15%
51%
30%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

クリスマス・プレゼントのペットが異常繁殖して町中が大混乱になるというデザスター・コメディ。製作はマイケル・フィネル。エグゼクティヴ・プロデューサーはスティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、キャスリーン・ケネディ。監督は「トワイライトゾーン」第三話のジョー・ダンテ。脚本は「俺達の明日」のクリス・コロンバス、撮影はダンテ作品常連のジョン・ホラ、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。グレムリン創造はクリス・ウェイラス、特殊効果監修はボブ・マクドナルド・シニア。出演はザック・ギャリガン、フィービー・ケイツ、ホイト・アクストン、フランセス・リー・マッケインなど。

1984年製作/106分/アメリカ
原題:Gremlins
配給:ワーナー

ストーリー

チャイナタウン。発明家のランド・ペルツァー(ホイト・アクストン)は、息子へのクリスマス・プレゼントを探していた。とある骨董屋でユニークな動物モグワイを見つけた。店の老主人は「モグワイは売り物ではない」という。彼は老人がいなくなったすきに老人の孫からモグワイを買い取つた゜キングトン・フォールズの自宅にもどったランドは、息子のビリー(ザック・ギャリガン)にモグワイを渡し、水に濡らしてはいけないこと、太陽光線にあてないこと、真夜中を過ぎて餌を与えてならないこと、以上3つのことを守るように告げた。ビリーはモグワイをギズモと名付ける。翌日、ビリーと仲の良いピート少年(コリー・フェルドマン)が遊びに来て、ギズモに水滴をかけてしまった。すると気泡ができ、そこが膨張してはじけ、玉がころがり出た。その玉もモグワイで、5匹の新しいモグワイが誕生したのだ。その中の1匹、頭の毛の白いストライブと名付けられたモグワイには、敵意が感じられた。ビリーは母校へ行き生物教師ハンソンに、モグワイの一匹を見せる。ビリーの勤める銀行は、ディーグル夫人(ポリー・ホリディ)が経営していた。ビリーは同じ出納係のケート(フィービー・ケイツ)に惹かれていく。ストライプたちは餌をほしがり、時計をとめていたので、真夜中を過ぎているとも知らず餌をやり、モグワイは変身をし、繭から醜悪な怪物に変身していった。農夫のフッターマンは、外国製の車には空にすむ怪物グレムリンがいるんだと、ぶつぶついっていた。ストライプをリーダーにした怪物たちは大繁殖して、小さな町キングトン・フォールズは占領された。怪物たちは、バーで酔っぱらい、ハンソン先生、ディーグル夫人宅、フッターマン宅を襲い、ぺルツァー宅では母親のリン(フランセス・L・マッケイン)が、怪物相手に大奪闘していた。怪物たちはやがて、映画館に集合し、みんなで「白雪姫」を鑑賞する。そのすきにビリーとケイトはボイラーのガス栓をあけて火をつけたので、映画館は爆発した。1匹だけ生き残ったストライブは百貨店に逃げ込み、その後をビリー、ケイト、ギズモが追った。すばしこいストライプとの攻防戦が展開され、ビリーは苦戦を強いられた。しかし、ギズモの必死の活躍でストライプは太陽光を浴び、滅んでいった。クリスマスの夜、ペルツァー家に、中国人の例の老主人が現われて「モグワイは特別な生物で、飼うのは大変な責任を負うということだ。おまえさんたちはまだまだだね」というと、ギズモをつれて去っていった。(ワーナー配給*1時間40分)

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

写真:Album/アフロ

映画レビュー

4.0あのアナログな神がかり的動きを、CGは決して超えられない

2017年12月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

企画の始まりは当時学生だったクリス・コロンバスによる一本のサンプル脚本。これがスピルバーグの目に止まったことで映画化へのGOサインが出されたという。このうら若き青年と、すでに一世を風靡していたスピルバーグ、彼と同世代ながらカルト監督的な立場に甘んじていたジョー・ダンテが組んだ快作がこの『グレムリン』だ。

原案はもっとダークで凄惨な描写のオンパレードだったとか。現場では誰もが粘り強さと瞬発力の高さを発揮して、これを家族がみんなで楽しめるホラー・ファンタジーへと昇華させていった。それにクリス・ウェイラスが手がけたクリーチャーの特殊造形も、今のようなCGを使わないからこそ、創意工夫を凝らしたアナログな動きが観る者を惹きつけてやまない。ヒロインの告白話やテーマ曲も含めて、狂気と寂しさを併せ持った独特の空気感も素晴らしい。誕生から30年以上過ぎ、今や映画史に残るクリスマス映画の代表格と言えよう。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
牛津厚信

3.0ギズモはかわええ

2021年10月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ギズモはかわええ。
夜中にもの喰って羽化して大暴れ。ママがナイフで戦うけどこれはもうさっさと警察呼べ笑

キャラの知名度がある有名作になるわけだが、今観ると内容はかなりお粗末。でも子供のころテレビで観たときそんな厳しい見方しないから、たのしいなあ、と思った記憶がある。だからバカバカしいモンスターパニックをコアじゃなくて大衆向けにやった作戦勝ちという感じだったのだろう。

しかしここまで中身なかったのか、とちょっと愕然としたが、以降この作品の影響力ってかなりあったと思うので今さら酷評もまた違うかな。。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

2.5自然の摂理を踏み躙るな!

2021年9月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スモーキー石井

3.5お父さんの発明品、なんにも活躍しないんかい。 ずっとアウアウ言って...

oshidaさん
2021年9月9日
PCから投稿

お父さんの発明品、なんにも活躍しないんかい。

ずっとアウアウ言ってるギズモ可愛い。光イヤイヤ言ってるのもかわいいし、肉いらないって首を横に振ってるのもかわいい、眠い時の顔むっちゃぶさいくなのもかわいいし、スポイトで餌付けされてるのもかわいい。
パブにいた時のグレムリンたちは、ただの手のつけようがないオッサンだったな、、プール入っちゃったときの絶望感。自然も社会もペットも・・・ルールを守れないと大変なことになる。

CGには感じられない立体感というか奥行きがあってよかった。
クリスマス付近に友達と観たい映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
oshida
すべての映画レビューを見る(全39件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「グレムリン」シリーズ関連作品