グレムリンのレビュー・感想・評価

メニュー

グレムリン

劇場公開日 1984年12月8日
26件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

あのアナログな神がかり的動きを、CGは決して超えられない

企画の始まりは当時学生だったクリス・コロンバスによる一本のサンプル脚本。これがスピルバーグの目に止まったことで映画化へのGOサインが出されたという。このうら若き青年と、すでに一世を風靡していたスピルバーグ、彼と同世代ながらカルト監督的な立場に甘んじていたジョー・ダンテが組んだ快作がこの『グレムリン』だ。

原案はもっとダークで凄惨な描写のオンパレードだったとか。現場では誰もが粘り強さと瞬発力の高さを発揮して、これを家族がみんなで楽しめるホラー・ファンタジーへと昇華させていった。それにクリス・ウェイラスが手がけたクリーチャーの特殊造形も、今のようなCGを使わないからこそ、創意工夫を凝らしたアナログな動きが観る者を惹きつけてやまない。ヒロインの告白話やテーマ曲も含めて、狂気と寂しさを併せ持った独特の空気感も素晴らしい。誕生から30年以上過ぎ、今や映画史に残るクリスマス映画の代表格と言えよう。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年12月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

子供向けなのかよくわからない

久しぶりに鑑賞したが、記憶していたよりもグロくて残虐なシーンが多いことに気づいた(笑)
自分は子供のときに何度も見ていたが、子供に自信を持って薦められるかと言われるとかなり微妙。
例えば、この年代のクリスマスコメディ映画であるホーム・アローンなどとノリが近い映画であるように感じるものもあるが、こちらはコメディというよりホラーのテイストが強いので大人向けなのだと思う。
でも、クリスマスに見る映画としては面白い。
「うげぇ、何あれ気持ちワリー」とかいいながら、みんなで見るのも楽しい映画なので自分は好き。

hal9000
hal9000さん / 2019年3月15日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメリカ版ジブリ

人間の都合で繁殖させて、増えたら増えたで困るから今度は殺して、
まさに今の世界で起きている問題をこの映画は描いている。
ハッピーエンド好きのディズニーとは違い、最後、ギズモを中国人の男に返すというエンディングはスティーブンスピルバーグ監督らしい。
そして、「いつか君にもモグワイを飼える モグワイはその日を待っているよ」
この台詞は一番監督が言いたかったことではないだろうか。
私たちは自然や動物を殺しすぎた。今すぐ、彼らと昔のように、いいバランスに戻り共存していく。それは無理である。
しかし、私たちの努力次第でそれは変えられる。いつか最も好ましい形で共存できる日が来る。
自然も動物もそれを望んでいる。

まるでこの映画はアメリカ版ジブリである。
ただのカワイイキャラクターが出てくるおもしろい話じゃない。自然や動物が好きで、世の中の問題を何とかしたいと思っているからこそ、宮崎駿もスティーブンスピルバーグも老若男女問わず愛され続けるのではないだろうか。

エンドウアイミ®︎
エンドウアイミ®︎さん / 2019年3月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

とにかく可愛い

僕の記憶の中では
グレムリン達は喋ってなかったと思うのだけど、
久しぶりに子どもたちと観たらめっちゃ喋ってた。
可愛さは変わらずだった。

CGにはない存在感。
ぬいぐるみ的温もりを感じられた。
カメラワークもCG全盛の今にはない工夫があって、
楽しかった。

映画マンたちの工夫や技術にみんなで作ってる感じが
して映画って良いなぁと思いました。
とは言うものの、
CGでバリバリ動くギズモも見てみたい。

今じゃ考えられないお母さんの残虐性が一番怖かった。
これを自分が子どもの頃普通に観てたんだと思うと、
規制やなんやらで厳しいんだなと思った。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2019年1月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高に おもしろい

最高に おもしろい。娯楽に必要なものが すべてつまっている。笑い、スリル、かわいらしさ、正しく整形されたストーリー。騒動の原因をグレムリンという「いたずら好きの悪魔」に設定したのは大成功だ。恐怖の中にも喜劇性を取り入れることができている。

Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です
Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要ですさん / 2018年3月7日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

楽しい

何度見ても楽しめます。

MaK
MaKさん / 2018年1月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 笑える
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クリスマス映画

初めてみた。まあまあだった

Keita
Keitaさん / 2017年12月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

創意工夫と絶妙なバランス感

1984年の作品。
当然CGなんて使われていないのですが、この完成度。
グレムリン達の見せ方や造形に様々な創意工夫が為されていて、全く古さを感じさせない。
ビリーパパの発明品(いちいち笑わせてくれる)、今は普通に商品化されてる物も多いけど、当時は夢のアイテムだったのだろうな、、、。
フッターマンの外国製商品に対する不満は貿易摩擦の描写だし、金融システムへの風刺、多民族国家であるからこその新しいカルチャーや人種問題への畏怖等、様々なメタファも織り交ぜ、ヘビー過ぎるクリスマスの思い出話(コレ聞いた時のビリー、ドン引きしてるよねw )やママンのグレムリン退治描写(害虫退治するとき、ああいう咄嗟の残酷さ出ますよね、、 )等、ひとつ間違えば突散らかしただけで終わってしまいそうな要素を絶妙なバランスで構成して、ファミリー向けホラーに仕立て上げたバランス感覚は本当に素晴らしい。
歴史的資料の価値もある名画です。

明烏
明烏さん / 2017年12月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

懐かしい。大学に入って映画にはまりだした頃の作品。今見てもやっぱり...

懐かしい。大学に入って映画にはまりだした頃の作品。今見てもやっぱり面白い。ギズモ、かわいいのか、そうでもないか、微妙なところが良い。
しかし、ところどころ本当にブラックですよね、そこが楽しい。お母さんのグレムリン退治が強烈インパクト。
大好きなビバリーヒルズコップの面々も出演してたんですね。ビリーが本作のビリーにビリーと声を掛けたとこ、私的におおうけ。
2作目の印象があまりない。見たのかな?確かめよう。今年、3作目が公開されてたんですね。これまた印象が全くない。なぜだろう(笑)

はむひろみ
はむひろみさん / 2017年12月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

グレムリン

チャイナタウンの骨董屋で発明家ペルツァーが手に入れた不思議な動物モグワイ。
彼はそれを息子ビリーへクリスマス・プレゼントとして贈るが、
モグワイには、
水に濡らさないこと、
太陽光線に当てないこと、
真夜中すぎにエサを与えないことの三つの誓いが必要だった。
だが、
この誓いが破られた時、
可愛いモグワイは恐るべき凶悪な怪物グレムリンへと増殖していく。
かくして平和な田舎町キングストン・フォールズは悪夢のクリスマスを迎えることになるのだ。
とにかくギズモが可愛すぎる。
同時にフィービー・ケイツも可愛かった。
水に濡らさない、
真夜中過ぎに餌を与えない、
光に当てない、
このモグワイを飼う3つの注意事項がとても上手く活用されていて面白い。
クリスマスに起こった大騒動がテンポ良く描かれていて、
箱庭のような町がパニックになる展開が上手に描かれていました。
お母さんがキッチンでグレムリンを次々にやっつけていく所はとても面白い。
ジェリー・ゴールドスミスによるテーマ曲も、
一度聴いたら忘れません。
当時クリスマスシーズンに公開された本作ですが、
同時に「ゴーストバスターズ」「ゴジラ」が公開されて、
3G決戦と言われてました。

しょうちゃん
しょうちゃんさん / 2017年10月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

可愛いー!

モグワイもグレムリンもいつまでもいつまでも銀幕のアイドルですね。

ねじまき鳥
ねじまき鳥さん / 2017年6月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ホワイト

ハイホーハイホーの歌声が忘れられません
クリスマスが来ると又観てしまいます
夜の12時以降は気をつけましょう!?

シモカツ
シモカツさん / 2017年6月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

かわいい

なんかもうツッコミどころ満載で色々むちゃくちゃでした!

でもモグワイがすごくかわいくて
街で暴れるグレムリン集団もユニークで

自分が生まれる前の古い映画だけど、いいなぁと思いました

あすか
あすかさん / 2017年3月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

全然、古びてない

大人が観ても新鮮で子供向けのようで人は殺すし残忍過ぎる性格のグレムリンが楽しいし映像もショボくなくて寧ろ今の時代だからこそ新しい。

映画館で白雪姫を観ているグレムリンの群れなんか最高だし刑務所を抜け出した囚人みたいだ。

とにかく素行の悪さが逆に愛らしくて気持ち悪いよか可愛く思えてくるキャラが堪らない。

良い子過ぎるギズモも可愛いケド。

元の飼い主に謝る前に主人公家族は町全体に謝罪しなければならないし多大なる損害を与えているのにラストのホノボノとした感じは何か腹が立つし死人も出てる訳で罪は重い。

親父の発明に文句一つ言わない健気な奥さんがグレムリンを一人で三匹も退治する逞しさ。

幼稚園児から小学低学年の子供たちに観せるべき映画だし80年代のアメリカ映画はそんなんがゴロゴロある。

とにかくモグワイとグレムリンのデザインキャラが素晴らしく永遠に廃れないでしょう。

万年 東一
万年 東一さん / 2017年2月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

かわいいいい

お気に入り作品です。

abc
abcさん / 2016年10月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

懐かしい

今観ても、やっぱりギズモは可愛い!

でも、冷静に考えると町中をめちゃくちゃにした責任は取らなくてもいいのか?(笑)

REpower
REpowerさん / 2016年8月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  萌える 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

モグワイに癒される。

スピルバーグらしい決められた事は必ず守ろうと言う、子ども向けの教訓じみたホラーコメディであるが、グレムリンたちが退治されて行く過程でのゴアシーンに、B級ホラー映画ヲタクでもあったジョー・ダンテ監督のせめてもの意地を見させて戴きました。

2015年8月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

モグワイ

かわいい

らすかる
らすかるさん / 2015年5月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

少年のあの頃

ワクワクしながら映画館に行ったのが中学生。妄想大爆発のあの頃にはサイコーの逸品だった記憶があります。この当時は中々にブラックな笑いが流行っていたような気もするし、バブル突入前夜と考えると色々納得できますね。
そんな事は抜きにしても面白い作品。

lynx09b
lynx09bさん / 2015年4月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ぬいぐるみと突然の殺し合い

総合10点 ( ストーリー:10点|キャスト:40点|演出:55点|ビジュアル:50点|音楽:65点 )

 飼育方法を誤ったら、可愛かったぬいぐるみが突然爬虫類のような不良になって暴れまわり、いきなり飼い主と愛玩動物間の壮絶な殺し合いに発展する。

 仮にイタチやアライグマなどの侵入してきた何かの小動物が家の中で暴れたりしたとしても普通は即殺し合いとはならないと思う。ところが、無能な甲斐性なしの発明家の夫にはやけに寛大な心優しい妻は、モグワイを見つけた途端に豹変して、あらゆる台所用品を用いて躊躇無く戦い殺すことを選ぶ。これにはモグワイがグリムリンに変身した以上に驚いてしまった。
 電子レンジに閉じ込めて焼殺したり、二階の窓から年寄りを投げ飛ばして地面に叩き付けたり、あちこちで展開されるそんな陽気で残酷な物語がてんでしょぼい。大人向けにしてはくだらないし、子供向けにしては健全なわけではないし、この作品って対象年齢はどこを狙ったんだろうか。時代的に止むを得ないとはいえ、ぬいぐるみが動くのはかなりぎこちないし作り物感がいっぱい。

 これで1984年のスピルバーグのハリウッド大作か。当時のクリスマス前に映画館でこれを観た家族や恋人たちは、どこをどう楽しめば雰囲気が盛り上がったのだろうか。煙突から死臭が漂う話で幸せな気分にはなれそうにないし、このような殺戮の話が娯楽として面白いとも思えない。

Cape God
Cape Godさん / 2014年12月23日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

26件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報