劇場公開日 1984年12月8日

「あのアナログな神がかり的動きを、CGは決して超えられない」グレムリン ぐうたらさんの映画レビュー(感想・評価)

3.533
15%
51%
29%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0あのアナログな神がかり的動きを、CGは決して超えられない

2017年12月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

企画の始まりは当時学生だったクリス・コロンバスによる一本のサンプル脚本。これがスピルバーグの目に止まったことで映画化へのGOサインが出されたという。このうら若き青年と、すでに一世を風靡していたスピルバーグ、彼と同世代ながらカルト監督的な立場に甘んじていたジョー・ダンテが組んだ快作がこの『グレムリン』だ。

原案はもっとダークで凄惨な描写のオンパレードだったとか。現場では誰もが粘り強さと瞬発力の高さを発揮して、これを家族がみんなで楽しめるホラー・ファンタジーへと昇華させていった。それにクリス・ウェイラスが手がけたクリーチャーの特殊造形も、今のようなCGを使わないからこそ、創意工夫を凝らしたアナログな動きが観る者を惹きつけてやまない。ヒロインの告白話やテーマ曲も含めて、狂気と寂しさを併せ持った独特の空気感も素晴らしい。誕生から30年以上過ぎ、今や映画史に残るクリスマス映画の代表格と言えよう。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
牛津厚信
「グレムリン」のレビューを書く 「グレムリン」のレビュー一覧へ(全33件)
「グレムリン」の作品トップへ