ガス燈

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
12%
69%
17%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

パトリック・ハミルトンの舞台劇より、劇作家として著名なジョン・ヴァン・ドルーテン、「男は神に非ず」の脚色監督および「たそがれの維納」の脚色者ウォルター・ライシュ、「ドラキュラ(1979)」「フランケンシュタイン(1931)」等怪奇映画「永遠に愛せよ」「ベンガルの槍騎兵」等の脚色者ジョン・L・ボルダーストンの3人が協同脚色をし、「ロミオとジュリエット」「素晴らしき休日」のジョージ・キューカーが監督した。撮影は「決断の谷」「冒険」の近作、古くは「冬来りなば」のジョセフ・ルッテンバーグの担当。「カサブランカ」のイングリット・バーグマンと「運命の饗宴」「永遠の処女」等のシャルル・ポワイエが主演するほか、「恋の十日間」「疑惑の影」の新人ジョセフ・コットン、「断崖」「永遠に愛せよ」のディム・メイ・ホイッティ、本作品にデヴュー後「ナショナル・ベルヴェット」「ドリアン・グレイの画像」等に出演した新人エミール・ラミュウらが出演している。なおバーグマンは本作品で1944年アカデミー主演女優賞を得た。1944年度製作。

1944年製作/114分/アメリカ
原題:Gaslight

ストーリー

1870年のロンドン。オールクィスト家に起こった歌手アリス・オ ールクィスト嬢の殺人事件は未だ犯人があがっていなかった。アリスの姪ポーラはグレゴリー・アントンと結婚したが、良人の言に従い問題の家で結婚生活を営むことになった。ある日ハンドバックに入れたはずの首飾りが紛失して以来、グレゴリーはポーラが自分のしたことを少しも記憶していないといってことごとに彼女を責めた。そのあげく、彼女も精神病で死んだ彼女の母と同じく次第に精神が衰えて死ぬだろうというのだった。ポーラは良人の言を気にしながら一人不安な日を送っていたが、次第に自分の精神状態に自信を失い、夜ごとにポッと薄暗くなるガス燈の光も、天井に聞こえる奇怪な物音も、自分の精神の衰えているための錯覚かと焦燥にかられた。ある夜久し振りで良人と出かけた知人宅で時計を隠したといって良人から辱しめられたとき、彼女は堪え難い悲しみに襲われたがその様子を注視している若い男があった。彼はブライアン・カメロンという探偵で、少年時代憧れていた名歌手アリスの殺人事件には非常な関心をもっていた。彼はある夜グレゴリーの外出中家人の制止もきかずポーラに会い、彼女の叔母の事件についていろいろとポーラに語ってきかせ、また、彼女が決して精神に異常を来しているのではなく、良人の策略にすぎないこと、夜ごとに暗くなるガス燈の光も良人が閉鎖された屋根裏の部屋にいるためであることなどを説明した。ブライアンがグレゴリーの机をあけてみると、彼女が隠したと良人から責められた数々の品物が現われ、20年前のこの家の殺人事件にグレゴリーが重大な関係を持っていた事実を説明する手紙も発見される。やがて探し求めていたダイヤモンドを手に入れて現われたグレゴリーはブライアンにひかれてゆくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 特捜部Q 檻の中の女
  • 特捜部Q キジ殺し
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • アンチクライスト
  • ニンフォマニアック vol.1
  • ニンフォマニアック vol.2
  • ボーグマン
  • 46億年の恋
  • スガラムルディの魔女
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

4.0思いのままに操られて。

miharyiさん
2020年6月1日
PCから投稿

カルト宗教を感じさせるマインドコントロールという巧妙な罠。
人間はとても弱くて、思いのままに操られてしまう。
名作をやっと鑑賞。
イングリッド・バーグマンに初めて会えました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
miharyi

3.5追い詰められるバーグマンの演技

2020年4月18日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

財産目当ての音楽家の夫に自分は精神病だと仕込まれていく、不安と恐怖の心理表現を巧みに演じるバーグマンの映画。この演技でアカデミー賞を得るが、元々評価の高い戯曲であるし、誰もが予想できた結果なのかもしれない。キューカー監督と共演のボワイエが彼女を支える。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav (グスタフ)

4.0イングリッド・バーグマンの健康的な美しさ。 それだけが目当てで期待...

2017年12月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

イングリッド・バーグマンの健康的な美しさ。
それだけが目当てで期待せずに見始めたが、面白い。どんどん引き込まれてしまいました。
人ってこうやって洗脳されていくんだ、現代の犯罪にも通じるところがあり、非常に怖い。モノクロなのが不気味感を増幅、下手なホラーよりよほど怖い。
にしてもやっぱり素敵です、バーグマン。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

1.5ただの超絶美人女優ではない

2016年9月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

萌える

 自分は鬱ではないか。そして、自分は鬱なのだ。この段階を演じ別けるイングリット・バーグマンが素晴らしい。ただの超絶美人女優ではないのだ。
 最後に精神に異常をきたしたこと(にしたい相手の魂胆)を逆手にとって復讐をするところでスカッとはしなかった。一度は愛した人を犯罪者にする決断をした彼女も、人の心の中に棲む鬼に出会ったことだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よしただ
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る