ガス燈のレビュー・感想・評価

メニュー

ガス燈

劇場公開日 1947年6月
9件を表示 映画レビューを書く

イングリッド・バーグマンの健康的な美しさ。 それだけが目当てで期待...

イングリッド・バーグマンの健康的な美しさ。
それだけが目当てで期待せずに見始めたが、面白い。どんどん引き込まれてしまいました。
人ってこうやって洗脳されていくんだ、現代の犯罪にも通じるところがあり、非常に怖い。モノクロなのが不気味感を増幅、下手なホラーよりよほど怖い。
にしてもやっぱり素敵です、バーグマン。

はむひろみ
はむひろみさん / 2017年12月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ただの超絶美人女優ではない

 自分は鬱ではないか。そして、自分は鬱なのだ。この段階を演じ別けるイングリット・バーグマンが素晴らしい。ただの超絶美人女優ではないのだ。
 最後に精神に異常をきたしたこと(にしたい相手の魂胆)を逆手にとって復讐をするところでスカッとはしなかった。一度は愛した人を犯罪者にする決断をした彼女も、人の心の中に棲む鬼に出会ったことだろう。

よしただ
よしたださん / 2016年9月5日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  怖い 萌える
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

かわいそう、、、

イングリッド・バーグマンがかわいすぎる!
なのにあんなひどい目に合わせてかわいそぅ~~

mamagamasako
mamagamasakoさん / 2016年2月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

洗脳 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

すぐにストーリーは読めてしまうのですが、心理描写が細やか且つ丁寧で、ぐいぐい引っ張られました。

最後ガス燈のように、Gregoryの瞳に取り憑いた欲望の炎が光っていました。

everglaze
everglazeさん / 2016年2月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

気味の悪さがすごい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

BSNHKでしてたので視聴
ガス燈を夫がつけるシーンが印象的でした
そこから始まる恐怖の日々…

支配的な夫のいや~な感じがよく表現されていたし
自分をしっかり持っていない稚拙な妻っていう構図も見ててすごく…
胸がムカついてきてしまいました…
特に演奏会のシーンなんて、みてるこっちがノイローゼになりそう

イングリットバーグマンはもちろんのこと、
おせっかいの近所のマダムに、お手伝いさんの2人もいい役でした

シャルルボワイエがなんだか相棒の右京さんに似ていた
あの人を観察するような冷たい目!

昔の映画って目がキラキラしてみえて、
俳優ってほんとにすごいな、と思いなおさせる映画でした

とば
とばさん / 2016年2月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

話は単純だけど、怖い。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

一番身近で信用している夫から、些細なことで精神病呼ばわりされて、次第に主人公が追い詰められていく。物語は単純ですが、人間は、たやすく他の人間に支配されてしまうことがよく分かり、とても怖かったです。夫役のシャルル・ポワイエの冷酷さと、バーグマンの気品ある雰囲気が対局的で、強烈な印象が残る映画でした。

TammyFuru
TammyFuruさん / 2014年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

恐怖・・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「恐怖映画」は、数々あると思うがこれほど怖い映画は少ないと思う。
映像はすべて綿密に進み、ジワジワと恐怖がしみてくる。
また、1947年の映画でありながら古びない。
そして、イングリッド・バーグマンは美しい。

最高に怖いが、大好きな映画だ。

RyanMeg
RyanMegさん / 2013年5月15日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゆっくりじわじわと迫る緻密な計画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

総合:65点
ストーリー:60
キャスト:70
演出:65
ビジュアル:60
音楽:65

 見ているうちにすぐ、普通の人を洗脳していくために立てられた緻密な計画なんだというのがわかってくる。家庭内暴力があっても妻が夫から離れないのは一種の洗脳状態にある場合も多いというが、これもまたそれに近いのかもしれない。ただしかなり意図的に計画的にそれが行われている。夫の緻密さと人の心理を操る知識と技術は相当なもの。それにしても10年前の犯罪から始まって、さらに姪を探し当てて惚れさせ、結婚し、引っ越しさせ、洗脳していく。何ともしつこいというか執念深いというか。バーグマンよりもこの夫のほうの印象が強かった。
 しかし物語自体は単純で、最初のほうですぐに誰が犯人で誰が被害者で誰が正義の味方かがわかってしまう。何が背景にあるのかは完全にはわからないのだが、おそらく高貴な人の宝石に関連があるのだろうというのも容易に想像できる。おそらくそれは謎解きよりも夫の行動に焦点を置いた製作者の意図であるのかもしれないが、だから話の展開はすぐに読めてしまって、犯罪物というには底が浅い。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

恋愛にこそ、本物の悲劇があるんだよ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「ガス燈」(ジョージ・キューカー監督)から。
1944年製作なのに飽きることなく、観終えた。
もちろん、最近の映画に比べれば、
トリックとも呼べないような謎解きであるが、
主演のイングリット・バーグマンを眺めるだけでも
満足してしまうほどの安定感がある映画と言える。
映画冒頭、こんな会話が交わされる。
「私の声は歌手に向かないと思うんです」
「恋してるんじゃないかね?」「えぇ」
「恋でこんなに変わるとは思いませんでした。
今は幸せすぎて、悲劇など理解できません」
「恋愛にこそ、本物の悲劇があるんだよ」
何気ない音楽の先生と彼女の会話だが、
物語が進むに連れて、意味を持つようになっていく。
結婚詐欺に引っ掛かる女性には、耳が痛い台詞かもしれない。
男が彼女に近づいてきた理由は、ある目的のためだったから。
「この家を自由に使うためかもしれません。
堂々と探し物ができるようにね」の台詞で説明がつく。
騙された女性は悲しみに涙するが、
「朝になれば、夜だったのが嘘のような気がしますよ」と
慰められるシーンは、現代と変わらない。
出演者が少ない分、ゆっくり鑑賞できる作品とも言えそうだ。

P.S.
好奇心旺盛のおばさんが時折つぶやく「おやまぁ」の会話が、
物語にどう関係しているのか、気になっている。

shimo
shimoさん / 2012年9月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

9件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報