オーソン・ウェルズのフォルスタッフ

劇場公開日

オーソン・ウェルズのフォルスタッフ
20%
60%
20%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1400年の英国を舞台に、悪名高い無頼漢フォルスタッフの半生姿を、後のヘンリー五世である皇太子ハルとの関わりを中心に描く。製作はエミリアーノ・ピエドラとアンヘル・エスコラーノ、エクゼキュテヴ・プロジューサーはアレッサンドロ・タスカ。シェイクスピアの戯曲『ヘンリー四世』『リチャード三世』『ヘンリー五世』『ウィンザーの陽気な女房たち』とラファエル・ホリンシェッドの『年代記』を基に「オーソン・ウェルズのフェイク」のオーソン・ウェルズが監督・脚色・衣装を担当。撮影はエドモン・リシャール、音楽はアンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノが担当。出演はウェルズ、キース・バクスターなど。英語サウンド・トラック。英語翻訳は小田島雄二、監修は清水俊二。

1966年製作/スペイン・スイス合作
原題:Falstaff Chimes at Midnight
配給:フランス映画社

ストーリー

ボリングブルック公(ジョン・ギールグッド)がヘンリー四世として即位した1400年はじめの冬。皇太子ハル(キース・バクスター)は、下町のいかがわしい居酒屋“猪首亭”で、悪名高いフォルスタッフ(オーソン・ウェルズ)と放蕩無頼の生活を送っていた。その頃、ヴォークワスの居城では、先王の世継ぎの婚姻であるパーシー一族の勇敢な若武者ホットスパー(ノーマン・ロッドウェイ)が、妻のケイト(マリナ・ヴラディ)に送られて出陣していた。ホットスパーに比べて無茶苦茶な生活を送るハルに頭を悩ませるヘンリー四世。従臣ポインズ(トニー・ベックリー)が仕組んだギャズヒルの森での追いはぎ事件の首尾を豪語するフォルスタッフ。彼の武勇談は猪首亭の名物だ。娼婦ドル(ジャンヌ・モロー)をまじえて、夜は果てることなく、騒ぎは続く。名誉と大義をかけたシュルーズベリーの合戦でハルは、見事にホットスパーを討ち倒した。やがてヘンリー四世が、たび重なる叛乱鎮圧に疲れ果て病床についた。ついにハルは王宮に戻ることになった。固い絆で結ばれていたハルとフォルスタッフは、お互いに別れを告げた。真夜中の鐘をなつかしむシャロー(アラン・ウェッブ)の城に、王の死の知らせが伝わる。わが子のことのように勇んでハルの戴冠式に馳せ参じたフォルスタッフに、しかし、国王ヘンリー五世となったハルの言葉は冷酷だった。フォルスタッフに対する追放、投獄の命だった。彼は心に深い傷を受けてやがて死んでゆくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第19回 カンヌ国際映画祭(1966年)

受賞

フランス映画高等技術委員会賞 オーソン・ウェルズ

出品

出品作品 オーソン・ウェルズ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.5とにかく巨漢のウェルズの存在感

mimiccuさん
2018年6月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

・放蕩息子の皇太子は後にヘンリー5世となり心を入れ換えて政治に取り組む
・口からでまかせの無頼漢フォルスタッフ(オーソンウェルズ)
・とにかく台詞過多

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mimiccu

4.5オーソン・ウェルズという奇態

2016年3月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

知的

萌える

常々、この映画は観たいなぁと思っていたうちの一本です。ちらちらと目にすることのあったこの映画の画像に出てくるオーソン・ウェルズの顔。それがむやみやたらに私を惹きつけていたんですね。
で、観てみたら、予想を上回る奇態を演じてましたですね。彼が映っていればそれでよしと思えるほどでした。
でももっとびっくりしたのは、そうした彼の存在だけでなく、他の撮影の美しさ。戦闘シーンの壮絶さは、もしかしたら過去に観た中で一番のものだったのではないかと思うほどでしたし、タイトルロールあたりで映されている雲を背景とした人々の行進も、それだけで観て良かったと思えるほどの美しさでしたね。
それに、ちゃんとシェイクスピアの映画になってましたよ、これ。言葉の乱打、警句の浴びせうち。シェイクスピアの特徴のこれらは、いずれも映画にするのは難しそうにも思ったんですけど、それらの台詞過多に負けないぐらいの画力が、この映画にはありましたね。
こんな傑作を撮れまくるオーソン・ウェルズが、あまり映画を撮らせてもらえなかったっていうのが、なんともやるせないですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チャーリー
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る