大いなる西部

劇場公開日

9%
54%
23%
5%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「友情ある説得」のウィリアム・ワイラー監督が、「西部の男」以来18年ぶりで監督した西部劇。サタディ・アヴニング・ポストに連載されたドナルド・ハミルトンの原作をジェームズ・R・ウェッブとサイ・バーレット、ロバート・ワイルダーの3人が共同で脚本化。撮影監督は「誇りと情熱」のフランツ・プラナー。カリフォルニア州ストクトン附近のドレイス牧場一帯と、モジャヴ砂漠がロケ地に選ばれ、広大な野外シーンが常に心してとり入れられている。音楽はジェローム・モロス。タイトル・デザインを「八十日間世界一周」「めまい」のソール・バスが受けもっている。出演者はワイラーと共にプロデュースもしている「無頼の群」のグレゴリー・ペックに、「ベビイドール」のキャロル・ベイカー、「黒い罠」のチャールトン・ヘストン、「野郎どもと女たち」のジーン・シモンズ、「楡の木陰の欲望」のバール・アイヴス、「軍法会議(1956)」のチャールズ・ビックフォード、チャック・コナーズ、メキシコ俳優アルフォンソ・ベザヤ等。製作ウィリアム・ワイラーとグレゴリー・ペック。

1958年製作/165分/アメリカ
原題:The Big Country
配給:松竹=ユナイテッド・アーチスツ

ストーリー

1870年代のテキサス州サンラファエルに、東部から1人の紳士ジェームズ・マッケイ(グレゴリー・ペック)が、有力者テリル少佐の1人娘パット(キャロル・ベイカー)と結婚するためにやってきた。出迎えた牧童頭のスチーヴ・リーチ(チャールトン・ヘストン)は彼に何となく敵意を示した。スチーヴは主人の娘を恋していたのだ。途中まで許婚者を迎えたパットは、スチーヴを先に帰してジェームズと父の牧場に向かったが、途中で酒に酔ったハナシー家の息子パックたちに、悪戯をうけた。しかしジェームズは彼らを相手にしなかった。パットの父テリル少佐は大地主ルファス・ハナシーとこの地の勢力を二分し、争っていた。2人が共に目をつけている水源のある土地ビッグ・マディを、町の学校教師でパットの親友ジュリー・マラゴン(ジーン・シモンズ)が所有していた。彼女は一方が水源を独占すれば必ず争いが起こるところから、どちらにも土地を売ろうとしなかった。少佐は娘の婿にされた乱暴に対して、ハナシーの集落を襲い、息子たちにリンチを加えて復讐した。そんな少佐の態度にジェームズは相いれないものを感じた。彼は争いの元になっている土地ビッグ・マディを見て、女主人ジュリーに会い、中立の立場で誰にでも水を与え、自分でこの地に牧場を経営したいと申し出て彼女と売約契約をかわした。一方血気にはやるパットと父の大佐には、慎重なジェームズの態度が不満だった。水源地ビッグ・マディを手に入れて大佐に対抗するため、ハナシーはジュリーを監禁する挙に出た。ジェームズはメキシコ人牧童の案内で単身本拠にのりこみ、水源は自由にすると明言してジュリーを助け出そうとした。ハナシーの息子バックは、ジュリーに対する横恋慕からジェームズと決闘したが、卑怯な振舞いから父に射殺された。少佐とスチーヴの一隊がのりこんできて乱戦が始まった。そして、1対1で対決した大佐とハナシーは、相撃ちで共に死んだ。憎悪による対立と暴力の時代は終わった。今はジュリーの腕をとって、ジェームズは新しい我が家ビッグ・マディに、新生活を始めるため馬首を進めた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第31回 アカデミー賞(1959年)

受賞

助演男優賞 バール・アイブス

ノミネート

作曲賞(ドラマ/コメディ) ジェローム・モロス
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0主演がグレゴリーペックでなければならない理由

あき240さん
2018年9月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

西部劇の記号として、世界中の人が思い浮かべる風景はモニュメントバレーなら、音楽は本作のテーマ曲だろう
それほど有名な曲だ、素晴らしい名曲
本作ではモニュメントバレーは映らない
しかし本作で写る風景の岩山の雄大さ。平原の広大さは、ジョンフォード監督の捜索者を上回る雄大さをみせる
序盤の猛スピードの馬の背中でやる曲乗りはジョンフォード監督の駅馬車を思わせるぐらいの迫力

本作を観たならば最初に浮かぶ疑問はこうだろう
主役が西部劇にグレゴリーペックなのはなぜか?
彼はおよそ西部劇に似合わない俳優だ
ジョンウェインやクリントイーストウッドのようなヒーローでは決してない

彼の演じる主人公はガンベルトを腰に下げないし、テンガロンハットも被らない、争いを好まない東部から来た紳士だ

彼以外のテキサスの人間は教育のある一人を除いて男も女も全員、力しか信じない、もめ事は力で解決するものと考えている、正に西部劇そのままの世界だ

しかし、それこそはアメリカの地金、一皮剥いた本当の姿なのだ
テキサスや西部だけではない

それ故にグレゴリーペックの主役がやったみせたような在りたい社会へ変わって行かなければならない、そう向かって努力して行くことが大切のだ
それが本作のテーマだ

つまりグレゴリーペックはアラバマ物語、紳士協定でみせたように、変わるべき在りたいアメリカの姿を体現する記号なのだ
だから主演は彼で無ければならなかったのだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.5グレゴリー・ペックがクールな西部劇。撃ち合いよりも長い長いファイト...

2016年2月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

グレゴリー・ペックがクールな西部劇。撃ち合いよりも長い長いファイトシーンが印象に残った。どうしてパットと婚約したのか不思議だかそうじゃないと物語が始まらないか…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

3.5近代社会成立前の最後のカタルシス

Cape Godさん
2013年3月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

総合:70点
ストーリー: 70
キャスト: 75
演出: 70
ビジュアル: 75
音楽: 70

 広大で可能性を秘めているとはいえ厳しい開拓の前線。そして国家が成立して文明化されてきているとはいえ、東部から見ればまだまだ正義や法治や秩序が確立しきれていない辺境の世界である。だからその世界に生きるのは簡単なことではないし、勇気や行動力や力が要求される。
 秩序のいち早く成立した東部からの男がそのような西部の混沌の世界にやってくる。それはまるで西部の混沌の世界が終わり、秩序だった近代社会に変わる前触れであるかのようである。しかし最後には結局は暴力による悲劇的浄化が必要なのだろうか。銃撃戦の結末は都合が良すぎるようにも感じて個人的にはそんなうまくいかないだろうと思ってしまい評価にマイナスなのだが、それも西部劇のお約束なので仕方ない。

 個人的には敵対する大地主ルファス・ハナシー役を演じたバール・アイヴスが、頑固で古い人ではあるものの筋の通った男ぶりを見せていて悪くないと思った。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る