エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事

劇場公開日

解説

19世紀末のニューヨークの社交界を舞台に、許されぬ恋に 魂を燃やした男女の姿を描いた恋愛映画。女性として初めてピューリッツァー賞を受賞したイーディス・ウォートンの同名小説(新潮文庫)を、「グッドフェローズ」のマーティン・スコセッシが、ジェイ・コックスと共同で脚色して映画化。製作は「最後の誘惑」のバーバラ・デフィーナ、撮影は「グッドフェローズ」のミハエル・バルハウス、音楽は「ケープ・フィアー」のエルマー・バーンスタイン、編集は「レイジング・ブル」のセルマ・スクーンメイカーと、スコセッシ作品の常連が揃い、衣装は「インドシナ」のガブリエラ・ペスクッチ、美術はフェリーニ作品でおなじみのダンテ・フェレッティが担当した。主演は「ラスト・オブ・モヒカン」のダニエル・デイ・ルイス、「バットマン リターンズ」のミシェル・ファイファー、「ドラキュラ(1992)」のウィノナ・ライダー。「愛と哀しみのボレロ」のジェラルディン・チャップリン、「から騒ぎ」のロバート・ショーン・レナードらが脇を固め、ナレーションを「ミスター&ミセス・ブリッジ」のジョアン・ウッドワードが務めている。

1993年製作/アメリカ
原題:The Age of Innocence
配給:コロンビア トライスター映画

ストーリー

1870年代初頭のある夕べ、若き弁護士のニューランド・アーチャー(ダニエル・デイ・ルイス)や、その婚約者メイ・ウェランド(ウィノナ・ライダー)と彼女の母親ウェランド夫人(ジェラルディン・チャップリン)をはじめ、ニューヨーク社交界の人々がオペラ会場に集った。ひときわ注目を引いたのは、夫から逃れてヨーロッパから帰国したという噂のエレン・オレンスカ伯爵夫人(ミシェル・ファイファー)だった。ニューランドは幼なじみのエレンの出現に心を揺さぶられた。外聞をはばかるエレンの一族は離婚を思いとどまらせようと、ニューランドを使者に立てる。だが、彼女の率直な態度や考え方に、厳格で欺瞞に満ちた社交界にない新しさを感じた彼は、メイという申し分のない結婚相手がいながら、エレンに引かれていく。しかし、エレンは、次第に社交界から排斥され、2人の愛にも上流階級特有の見えない圧力がかけられる。エレンは一族の願いを聞き入れ、離婚を思いとどまる。それはニューランドを愛するゆえの選択だった。ひと月後、ニューランドはメイと結婚するが、結婚生活は退屈な義務だった。エレンへの思いを募らせる夫をメイは許さず、自分の妊娠をエレンに告白して、彼女の思いを打ち砕いた。エレンは帰国し、彼はそれから彼女への思いだけを抱いて生き、30年の月日が流れた。ニューランドは息子のテッド(ロバート・ショーン・レナード)を通してエレンの居所を知る。息子は、父とエレンの愛を知っていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第51回 ゴールデングローブ賞(1994年)

受賞

最優秀助演女優賞 ウィノナ・ライダー

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演女優賞(ドラマ) ミシェル・ファイファー
最優秀監督賞 マーティン・スコセッシ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0スコセッシが描いたラヴ・ストーリー

2021年11月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

寝られる

まるで貴族のように振る舞う姿、歴史の浅いアメリカはニューヨークの社交界を舞台にヨーロッパかぶれなお金持ちの方々からなる優雅で上品にも陰湿な噂話をコソコソと、そんな環境に違和感を感じながらも抜け出せずに真実の愛を貫くことも出来ない。

感情を剥き出しに怒鳴り付けたり、相手に怒りをぶつけることや言い争う事もなく、見て見ぬ振りからの陰口は盛大に、罪の意識は一切感じられない不貞行為を美談にする情事から、傷付いたり辛く悲しい思いをして耐え忍び愛を貫き全うしたのはメイだけだったのでワ??

序盤の登場人物を紹介していく場面にスコセッシ節を垣間見れたりしながらも、ユックリと進む物語に退屈感は否めなく、これでオスカー何て獲っていたら大変だ!?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

5.0本作はタイトル通りスコセッシ監督が、真正面から男女の恋愛に取り組んだ映画だったのです

あき240さん
2021年11月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

中盤までは、退屈な映画でした
なんなんだと、スコセッシ監督が何を撮りたいのかよく分かりませんでした

当時の衣装の再現具合、宴席の豪華な料理を正確に再現する
そんなものを撮りたかったのでしょうか?
100年以上前の女性は自由には生きづらい時代であったと言いたいだけの映画なのでしょうか?

そんな底の浅い映画をスコセッシ監督が撮るわけないとしばらく辛抱が必要でした

それが後半に入ると、物語は熱を持ち始めて、終盤には食いつくように観ていたのです

イノセンスとは純真無垢のこと
誰を指しているのでしょうか?

メイ?
実は違っていました
イノセンスなのは主人公ニューランドとエレンだったのです

美しい若い花嫁を娶とろうとしておきながら、忘れられない女性がいる男
愛の無い結婚を続ける無意味さを知る女
いつしか二人の間にいつの間にか強力な磁力が生じてしまったのです

しかし結婚していながら別の異性を愛すること
それは不倫です

二人は結婚していながら別の異性を愛しています
キスだけで肉体関係はないのですが、それでも不倫だと非難されるでしょう

しかし、この二人はイノセンスだったのです

結局、ニューランドは真面目に働き、妻と家庭を第一にして、息子を立派に育てあげ、いつしか55歳の老人となります
その心の中には別の女性への愛情が消えずに残ったままで

エレンもまた、彼との恋愛を諦め愛の無い結婚に戻り、いつしか老女になっているのです

ではタイトルのエイジとは?
1870年代の当時のことでしょうか?
それとも、主人公がエレンに出会う前までの頃のことでしょうか?
いや、愛し合いながらキスだけで別れお互いの結婚生活を続けた何十年という歳月のことでしょうか?
たぶんこれら全部に掛かっているのでしょう

邦題の「汚れなき情事」はイノセンスを裏返した上手い付け方とは思います
しかしエイジの部分のニュアンスが抜け落ちています
だから原題も邦題に残したのでしょう

つまり本作は、タイトル通りスコセッシ監督が、真正面から男女の恋愛に取り組んだ映画だったのです

3階の窓に見えるエレンと覚しき人影を観るだけでその場を立ち去る主人公の後ろ姿

これこそイノセンスそのものです
感動で胸が震えました

観終わったあとの後味は「マディソン郡の橋」に似ています

あちらは1995年の公開、クリント・イーストウッド監督作品で、こちらは1993年の作品
ですから本作の方が先の公開作品になります

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240

3.0恋はデジャブとのブルーレイ2本パック!

としさん
2021年7月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2021年7月4日
映画 #エイジ・オブ・イノセンス/#汚れなき情事 (1993年米)鑑賞

#マーティン・スコセッシ 監督による19世紀のニューヨークの貴族階級の恋愛物語
スコセッシの恋愛映画には期待してはいけないと感じさせる映画となりました。残念!
#ウィノナ・ライダー はカワイイ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

2.5イマイチ

hide1095さん
2018年12月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「昼顔」、「ピアノ・レッスン」、「イングリッシュ・ペイシェント」と不倫ものに好きな映画が多いから有名な不倫ものを借りて来ましたが、イマイチでした☆。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hide1095
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」以外にこんな作品をCheck-inしています。