美しすぎて

劇場公開日:

解説

美しすぎる女性を妻にもった男が別の女性との恋に悩む姿を描く恋愛映画。監督・脚本は「タキシード」のベルトラン・ブリエ、撮影はフィリップ・ルスロが担当。出演はジェラール・ドパルデュー、ジョジアーヌ・バラスコ、キャロル・ブーケほか。日本版字幕は寺尾次郎。カラー。シネスコ。ドルビーステレオ。

1989年製作/フランス
原題:Trop Belle pour toi!
配給:デラ・コーポレーション

ストーリー

パリ郊外で高級車のディーラーをしているベルナール(ジェラール・ドパルデュー)は、ある日派遣秘書としてやって来た平凡で太めのオールドミス、コレット(ジョジアーヌ・バラスコ)となぜか恋におちてしまう。しかし彼には人もうらやむ美しぎる妻フローレンス(キャロル・ブーケ)がおり、コレットにもパスカル(フランソワ・クリュゼ)という売れない小説家の恋人がいた。ベルナールは、昔はいい時もあったフローレンスとの結婚生活を思い返し、今は何も信じられないと思い始める。一方フローレンスは夫のオフィスを訪ね、ガラス越しにコレットの姿を見、安心して帰るのだった。しかしベルナールとコレットの恋は募り、モーテルでの昼間のデートが始まる。夫の浮気をかぎつけたフローレンスは、そのかけらも見せないようにしながらも取り乱してゆき、次第に家庭が耐え難いものに思えてきたベルナールは、コレットと妻が入れ替わればと思い始める。雨の日のデート、2人が愛しあった後、ベルナールはオフィスに戻り、ひとりモーテルでうたたねをするコレットのもとにフローレンスがやってきて、嫉妬心をむき出しにして彼女をなじるのだった。フローレンスとベルナールの結婚記念日の夕食にコレットが現われ家を飛び出したベルナールは、コレットと田舎で暮らし始めるが、2人の関係はしっくりこない。やがてベルナールはフローレンスを恋しく思い出すが、憔悴しきった彼女は夫のもとを去り、一方のコレットも別の男性との新生活を始めるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第42回 カンヌ国際映画祭(1989年)

受賞

コンペティション部門
審査員特別グランプリ ベルトラン・ブリエ

出品

コンペティション部門
出品作品 ベルトラン・ブリエ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る