舘ひろし&黒木瞳は“終わってない人”! 広末涼子「終わった人」の配役を絶賛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月10日 > 舘ひろし&黒木瞳は“終わってない人”! 広末涼子「終わった人」の配役を絶賛
メニュー

舘ひろし&黒木瞳は“終わってない人”! 広末涼子「終わった人」の配役を絶賛

2018年5月10日 21:35

会見した舘ひろし、黒木瞳ら「終わった人」

会見した舘ひろし、黒木瞳ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の舘ひろしが主演、女優の黒木瞳が共演した映画「終わった人」の完成披露会見が5月10日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、舘と黒木をはじめ、共演の広末涼子田口トモロヲ、ベンガル、原作者の内館牧子、メガホンをとった中田秀夫監督が出席した。

本作は、定年を迎え趣味なし、夢なし、我が家に居場所なしとなったサラリーマンの悲哀を、家族との関わりを絡めて描くコメディ。定年後の生き方が見いだせずに悩む元エリート銀行員・壮介に扮した舘は「『終わった人』というタイトル、私自身も終わりに近いので、あまりやりたくないなと思ったんですが…」とジョークを飛ばしながらも「内館先生の原作が非常に面白く、脚本はとてもコミカルになった。これはもしかしたら面白くなるのではないかと思ったんです」とオファーを快諾したようだ。

舘と約20年ぶりの共演を果たした黒木は「舘さんとは20代の頃からご一緒させていただいています。長年連れ添った夫婦は、私にしかできないという自負を持ちながら、是非やらせていただきたいと思って参加しました」と告白。壮介役の舘について「とにかくおかしくて。こんな舘さん見たことない。舘さんの素晴らしさ、中田監督の優しくて愛のあふれる撮り方に感動しました」と思いの丈を述べていた。

「(夫婦の)キャスティングが舘さんと黒木さんだとお聞きした時、映画の世界観が一気に広がった」と振り返った広末は「現場でも考えていたんですけど、この作品は“終わってない人”が演じないといけないんだなと。せつないキャスティングだと、きっと悲しくて重たい話になってしまったはず」と分析した。「正直お2人が美しすぎて…現実にはこんな夫婦いないから、この映画どうなるんだろうと思っていたんです(笑)。でも(劇中では)生活感やリアリティが伝わってきて、美しさのなかにせつなさがあるんです」と舘と黒木の役作りを絶賛していた。

報道陣からの質問を受けた際にも、舘と黒木はあうんの呼吸を見せていた。「人生100年時代と言われる現代。100歳になった頃、何をしていますか?」と問われると、舘は間髪入れずに「死んでます。そこまでもたない気がします。多分ダメだと思うな」と茶目っ気たっぷりに回答。すると、黒木は追随して「同じくです」と答え、報道陣の笑いを誘っていた。

終わった人」は、6月9日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi