ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト

劇場公開日

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

マカロニ・ウエスタンで知られるイタリアの巨匠セルジオ・レオーネが1968年に手がけた作品で、日本では当時「ウエスタン」の邦題で短縮版が公開された一作。「荒野の用心棒」(64)、「夕陽のガンマン」(65)、「続・夕陽のガンマン 地獄の決斗」(66)で3年連続イタリア年間興行収入ナンバーワンを記録したレオーネが、方向性を大きく変え、自らの作家性を強く打ち出した野心作。大陸横断鉄道の敷設により新たな文明の波が押し寄せていた西部開拓期を舞台に、女性主人公の目を通して、移り変わる時代とともに滅びゆくガンマンたちの落日を描いた。ニューオーリンズから西部に嫁いできた元高級娼婦のジルは、何者かに家族全員を殺され、広大な荒地の相続人となる。そして、莫大な価値を秘めたその土地の利権をめぐり、殺し屋や強盗団、謎のガンマンらが繰り広げる争いに巻き込まれていく。初公開当時、ヨーロッパでは高い評価を得たが、アメリカでは理解されずにオリジナル版から20分短縮されて興行的にも惨敗。日本ではアメリカ版からさらにカットされた2時間21分の短縮版が「ウエスタン」の邦題で公開された。初公開から50年を経た、レオーネ生誕90年・没後30年にもあたる2019年、原題の英訳「Once Upon a Time in the West」をそのまま訳した「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」に邦題をあらため、2時間45分のオリジナル版が劇場初公開される。

1968年製作/165分/イタリア・アメリカ合作
原題:C'era una volta il West
配給:アーク・フィルムズ、boid、インターフィルム
日本初公開:1969年10月31日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)1968 BY PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.5幻の作品

哲司さん
2019年9月3日
Androidアプリから投稿

昭和52年ころリバイバル上映された時に見た記憶がある。夕陽のギャング達は宇都宮のメトロ座で見た。懐かしいというより奇跡のような再上映。絶対に見に行かなくては❗

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
哲司

2.0過激さは全くない

価格助さん
2019年8月30日
スマートフォンから投稿

昔のアメリカを懐かしむ感じの静かな映画。これまでの作品のような手に汗握る過激なことは一切なし。アメリカ人は、これを見て昔を懐かしむのでしょうか?日本人の私には全く何も感じない。、一部ハリウッド映画への批判があったりしました。事実そうだなーと思いつつ、こんな映画より、トランプの発言の方がわかりやすく過激だなと感じます。なんだか、個人的にはつまらない映画でした。大物俳優2人使ってるから、それを売りにしているように感じ、どうせつまらないだろうなーとは予感はしていたが的中した。あとはみなさんの目で見て聞いて感じてください。DVDで充分

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
価格助

5.0究極にカッコイイ

2017年3月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

アメリカの映画サイトimdbで高評価だったので鑑賞したが、期待を裏切らず、すばらしい作品だった。とにかくセルジオ・レオーネ監督のセンスが光り、沈黙、音にこだわっているのが見てわかる。ハーモニカの音色から登場する主人公はクールでヤバイ。ラストシーンの「いつか…」には心揺さぶられる。西部劇の傑作。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ジンジャー・ベイカー

2.0昔々、西部で…。

2016年5月15日
Androidアプリから投稿

単純

寝られる

映画史に残る傑作オープニングシーンの第1位に選ばれた冒頭の駅のホームでの銃撃シーンだけでもうお腹がいっぱい。
本作はレオーネ監督が西部開拓時代の終焉を詩情豊かに活写した西部劇であると同時に、ならず者たちに夫を殺された未亡人ジルを、物語の中心に据えた「女性映画」でもある。
但し私のように単純な勧善懲悪モノの西部劇が大好きなファンは、その期待を見事に裏切られてしまうことになる。
しかもレオーネ監督とまるで根比べでもしているのかと思えるぐらいワンシーンが長いので、イラチの人には不向きな西部劇だと思った。
ヘンリー・フォンダの悪役ぶりが新鮮に感じられただけに大変惜しまれます。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みつまる。
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」以外にこんな作品をCheck-inしています。