ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト

ALLTIME BEST

劇場公開日

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト
31%
47%
15%
4%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

マカロニ・ウエスタンで知られるイタリアの巨匠セルジオ・レオーネが1968年に手がけた作品で、日本では当時「ウエスタン」の邦題で短縮版が公開された一作。「荒野の用心棒」(64)、「夕陽のガンマン」(65)、「続・夕陽のガンマン 地獄の決斗」(66)で3年連続イタリア年間興行収入ナンバーワンを記録したレオーネが、方向性を大きく変え、自らの作家性を強く打ち出した野心作。大陸横断鉄道の敷設により新たな文明の波が押し寄せていた西部開拓期を舞台に、女性主人公の目を通して、移り変わる時代とともに滅びゆくガンマンたちの落日を描いた。ニューオーリンズから西部に嫁いできた元高級娼婦のジルは、何者かに家族全員を殺され、広大な荒地の相続人となる。そして、莫大な価値を秘めたその土地の利権をめぐり、殺し屋や強盗団、謎のガンマンらが繰り広げる争いに巻き込まれていく。初公開当時、ヨーロッパでは高い評価を得たが、アメリカでは理解されずにオリジナル版から20分短縮されて興行的にも惨敗。日本ではアメリカ版からさらにカットされた2時間21分の短縮版が「ウエスタン」の邦題で公開された。初公開から50年を経た、レオーネ生誕90年・没後30年にもあたる2019年、原題の英訳「Once Upon a Time in the West」をそのまま訳した「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」に邦題をあらため、2時間45分のオリジナル版が劇場初公開される。

1968年製作/165分/イタリア・アメリカ合作
原題:C'era una volta il West
配給:アーク・フィルムズ、boid、インターフィルム
日本初公開:1969年10月31日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)1968 BY PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

5.0一度はスクリーンで体感したい傑作。その鑑賞体験がきっと財産となるはずだから

2019年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

巨匠レオーネがハリウッドで撮った本作は、当時すでに斜陽となっていた西部劇そのものへの想いを綴った映画とも言われる。アルジェントやベルトルッチが原案に加わっているだけあり、そこには過ぎ去りし時代、そこに遺された多くの名作への感謝の念すら刻まれているかのようだ。

冒頭、列車到着を待つ数分間からすでに圧倒的だ。静かに、コミカルに、そして詩情たっぷりに描き尽くすこのシークエンスに、これまでレオーネ作品を、いや西部劇そのものを観たことのない人であっても、瞬時に魅了されてやまないはず。ブロンソンがハーモニカの音色とともに存在感を見せつけ、フォンダが絶妙な悪役ぶりを刻み、またカルディナーレが荒野に立つ女性の生き様を見事に体現。壮大なクライマックスには心のパノラマがぐっと開けていく感動を覚える。映画史に残る傑作であると同時に、できれば人生で何度もスクリーンで体感しておきたい、そうするにふさわしい一作だ。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
牛津厚信

4.0水膨れだと批判されても仕方ないだろう 緩急と言うものがないのだ とはいえ見応えは大きい

あき240さん
2021年10月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

165分版で鑑賞
この3時間近い長さのものがオリジナル

1969年の日本公開時は、邦題が単に「ウエスタン」と縮められただけでなく、本編まで141分に短縮されたそうだ
理由は観れば分かるだろう

175分版のロングバージョンも存在するらしいが、それを観たいとは思わない
165分版でも充分に長過ぎる
これ以上長くして何の意味があるのか分からない

西部劇の金字塔とされている
確かに従来の西部劇とは一線を画したものだ

1966年の「続・夕陽のガンマン」のあと、西部劇の本場アメリカに進出して撮った作品
今までのスペインなどでのなんちゃって西部ではなく、本物のアメリカの西部での撮影だ
モニュメントバレーを画角の広い明るさレンズで美しく撮影している
美しいカメラは、癖のある俳優達を超どアップで捉えている
スケールの大きい西部の街並みのセット、鉄道などのシーンは壮観で、素晴らしい映画体験だ

物語はシンプル
筋だけなら90分でまとまるだろう
それを空気感や情念といったものをたっぷり見せたら165分に膨れ上がったと云うことだ

水膨れだと批判されても仕方ないだろう
緩急と言うものがないのだ
とはいえ見応えは大きい

西部劇の世界はこうして終わっていったのだ
それが本作のテーマだ
だからアメリカの良心を代表するヘンリー・フォンダがラスボスとしての悪漢を演じるのだ
ヒロインも強く人間として確立しているのだ

その同じテーマをクリント・イーストウッドが撮っている
「荒野のストレンジャー」と「アウトロー」だ
二つとも師匠の言いたかったこと、取りこぼしたものも拾いながら、もう少し短く表現できないものか挑戦したものだと思う
結局、2作品になり合計すると師匠より長くなってしまったというオチになるのだが

主人公はチャールズ・ブロンソン
エンニオ・モリコーネによる哀愁タップリなハーモニカの音は耳にこびりつくものだ

彼の本格的西部劇は実は本作しかない
なのに西部劇の役者イメージが強いのは、1970年の日本の超有名コマーシャルの映像によるものだろう
本作での活躍がその男性化粧品「マンダム」のCM出演につながったと思われる
そのCM に使われたジェリー・ウォレスの「男の世界」の曲も日本独自の大ヒットとなり、ブロンソンとは不可分なものとなった
このCMは大林宣彦監督が撮影したという
YouTubeで簡単に視聴できる

「ウーン、マンダム」
この決め台詞のCMをどうしてもまた観たくなった
やはりチャールズ・ブロンソンの単純明快な西部劇が観たかったのだ

1962年の西部劇の金字塔「西部開拓史」にはとても及ばなかった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
あき240

1.5全く良いと思えない。

zippo228さん
2021年4月5日
iPhoneアプリから投稿

レオーネの作風は、長い間をとって絵で物語をわからせていくというやり方ですが、それが思わせぶりすぎて全く傑作だとも思えません。
黒澤明に影響された勘違いした映画監督というようなは思えます。イタリアで西部劇を作って当てた監督として、要するにアメリカ文化への憧憬を強く持っている映画作家であり、そのファンタジー性が評価されたというように思います。今となっては長ったらしさが鼻につくというのが正直なところです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
zippo228

3.0Someday... 長かった...

アキ爺さん
2020年7月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 8 件)
アキ爺
すべての映画レビューを見る(全36件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る