いとこのビニー

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
21%
63%
16%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

殺人容疑を受けた従兄弟を助けようと奮闘する新米弁護士の姿を描く法廷コメディ。監督は、イギリス出身で「ナンズ・オン・ザ・ラン 走れ!尼さん」のジョナサン・リンで、本作がハリウッド第一作となる。製作・脚本は「ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ」(脚本)のデール・ローナー、共同製作は「ヤングガン2」のポール・シフ、撮影は「死霊のはらわたII」のピーター・デミング、音楽は「過ぎゆく夏」のランディ・エデルマンが担当。主演は「ホーム・アローン2」のジョー・ペシ、「クロスロード」のラルフ・マッチオ、今年度アカデミー賞最優秀助演女優賞を本作で獲得した「オスカー(1991)」のマリサ・トメイ。ほかにミッチェル・フィットフィールド、フレッド・グウィン、レーン・スミスらが共演。

1992年製作/120分/アメリカ
原題:My Cousin Vinny
配給:20世紀フォックス

ストーリー

大学生のビル・ガンビーニ(ラルフ・マッチオ)と、スタン・ローゼンシュタイン(ミッチェル・フィットフィールド)は、大陸横断の旅の途中で立ち寄った、アラバマ州ワーズ市のコンビニエンス・ストアの店員が殺害された事件の容疑者となり、困り果てたビルは、ニューヨークで弁護士をしている従兄のヴィニー(ジョー・ペシ)に助けを求めた。キャデラックでフィアンセのモナ・リサ(マリサ・トメイ)を連れてワーズ市に駆けつけたヴィニーは、ビルとの再会を喜んだが、弁護士になったのは6週間前で法廷に立ったことがなく、司法試験に合格するまで6年間もかかったことを明かし、ビルをがっかりさせる。いよいよ開廷となるが、服装と言葉使いから、ヴィニーは法廷侮辱罪を裁判官ハラー(フレッド・グウィン)から言い渡され、留置所送りとなる。ヴィニーを頼りなく思ったスタンは、官弁護士ギボンズ(オースティン・ペンドルトン)に弁護を依頼した。保釈されたヴィニーは徹夜でアラバマ州法を研究し、公判初日、事件の目撃者の証言を崩してあざやかな弁護ぶりを発揮。一方ギボンズは、緊張すると口ごもってしまい、スタンもビニーに改めて弁護を依頼した。最後にFBIの自動車解晰班の指導員ウィルバー(ジェームズ・レブホーン)が証言に立ち、タイヤの写真を証拠にビルたちを圧倒的に不利な立場に追いつめた。しかし、実家が自動車工場のモナ・リサは専門的な見解をもとに、写真が証拠としては不完全なものであることを指摘し判決は無罪となり、ビルとスタンは自由の身になるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0アラバマ州入門 黒い司法 0%からの奇跡の予習コメディ映画としても最適 とにかくマリサ・トメイが素敵

2020年10月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

幸せ

リサ(マリサ・トメイ)がとにかく素敵です。

アラバマ州でNYからきたやつが裁判で勝てる訳がない❗
白人だってそうなんだから❗

こうゆうコメディが好きなんで、すみません❗

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カールⅢ世

4.0私はコメディはほとんど見ないのだが

2020年5月5日
PCから投稿

この、いとこのビニーのキャラクターの面白さ何かやらかすぞという期待感と不安感。そしてなんといってもマイケル・ダグラスの役所。さらにはお姉ちゃんがセクシーでいい。こんな不細工な男にこんないい女がくっつくわけないだろうなどと悔しがりながら見るのが楽しいかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KIDOLOHKEN

4.0マリサ・トメイ

kossyさん
2019年3月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ビル(ラルフ・マッチオ)は『ベストキッド』から変わってないほどの下手な演技。6週間前に弁護士になったばかりのビニー(ペシ)であったが、大学を卒業して司法試験に落ちまくったほど。初めての法廷で、報酬もなし。大丈夫なんだろうかとずっと不安に・・・

 自白の強要や事件前後だけの証言の数々。普通ならば簡単に冤罪へと導けるような気もするのだが、予審においてはビニーの法廷侮辱罪。毎回200ドルの保釈金で拘置所をから出る始末だ。泊まった宿では睡眠妨害。婚約者リサ(トメイ)が騙された金など問題が山積み。ビルの友人は愛想をつかし、公選弁護人に頼んでしまう・・・
 判事には経歴詐称で敏腕弁護士だと印象つけたかったが、徐々に化けの皮をはがされ、何度も窮地に立たされるビニー。自分が偽証罪に問われようともいとこを救いたい一心で、不慣れな法廷を乗り切ろうとする。

 観客をもヒヤヒヤさせるおまぬけぶりと機転の利いた婚約者リサがいいテンポにしてくれる。検事がちょっと弱いけど、彼も元弁護士。無実の者に罪を着せたくない正義感も併せ持つ男でよかった。
 アラバマでの滞在によって色んな事柄が全て伏線となり反証材料になる面白さ。圧巻は証人席に座ったリサで、家族全員が整備士でありカーマニア。タイヤ痕だけでどんな車かわかってしまう。スカッとする映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

3.5“Can I help you?” —-マリサ トメイ好きです

2018年9月4日
スマートフォンから投稿

南部の小さな町まで親戚の弁護にやってきたジョーペシとそのガールフレンドのマリサトメイ

黒髪で90年代初頭?当時の太めの眉に濃い目のメイクのマリサは、我々が他の作品で知ってる彼女とはちょっと違う顔つきに見えます。(ちょっとレディガガっぽい、もちろん細かい顔つきは違いますが)

初めて公判で、一生懸命だが何かと上手くいかないペシに、マリサは「何か役に立てることはない?」って聞きます

コテコテのイタリア系ブルックリン訛りが可愛い! ”ask(訊く)”を”aks”と発音したりw

この人、綺麗だよなあ。超美人ってわけでもないんだけど

主役で出てるのは自分が見たことあるのはこれ以外ではやはり若い時にロバートダウニーと共演したロマンスもの、後はだいぶ時代が下ってヒューグラントと共演した社会人で大学の作家講座受けるやつ、数年前のミッキーロークと共演したレスラーくらいで

後は脇役なんだけど、メルギブソンが女性の心を読めちゃうやつとか。なんか気さくな感じの表情が素敵で、好きな女優さんです

コメディタッチですが、全般ドタバタぎゃははのコメデイではないです。裁判の行方にしっかりメインのプロットはありますが、ガチガチの法廷サスペンスではありません。その中間って感じかな

大作のスケール感はないので星の評価は最高ではないですが

ペシみたいなちょっと冴えない男に付いてきてくれるしっかりものな美人ってのにやられてしまうのかもしれません

二人の仲を描いた楽しめる佳作です!

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
雨はにわか雨
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る