アウトサイダー(1983)

劇場公開日

アウトサイダー(1983)
16%
55%
27%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

どこにも行き場のない少年たちの姿、行動を描くドラマ。提供・監督は「ワン・フロム・ザ・ハート」のフランシス・フォード・コッポラ。製作はフレッド・ルース、グレイ・フレデリクソン。S・E・ビントンが17歳の時に発表した同名小説(大和書房、集英社文庫)に基づき、キャスリーン・クヌートセン・ローウェルが脚色、撮影はスティーブン・H・ブラム、音楽はフランシスの父親力ーマイン・コッポラが手掛けている。主題歌の「ステイ・ゴールド」は、力ーマイン・コッポラが作曲し、スティーヴィー・ワンダーが作詞、ワンダーが歌っている。プロダクション・デザイナーは、ディーン・タヴォーラリス、特殊視見効果はロバート・スワースが担当。出演はC・卜ーマス・ハウエル、マット・ディロン、ダイアン・レイン、ラルフ・マッチオ、エミリオ・エステヴェスなど。原作者のヒントンが看護婦役でゲスト出演している。ドルビー・ステレオ。パナビジョンで撮影。日本版字幕は戸田奈津子。テクニカラー、シネスコサイズ。1983年作品。

1983年製作/92分/アメリカ
原題:The Outsiders
配給:東宝東和

ストーリー

オクラホマ州タルサ。14歳のポニーボーイ(C・トーマス・ハウエル)は、両親を交通事故で失い、長兄のダリーことダレル(パトリック・スウェイジ)が親代りをつとめている。ポニーボーイの住むイーストウッドは貧民階級の町で、ポニーはグリースと呼ばれるツッパリ・グループの一員だ。ウェストウッドは金持ちたちが住んでおり、こちらにはソッシュというグループがあった。ポニーボーイは、2歳上のジョニー(ラルフ・マッチオ)、リーダー格のダラス(マット・ディロン)といつも一緒だ。その夜も、三人はドライヴ・イン劇場に行き、裏側からこっそり入り込み、後方の一般席に陣取った。スクリーンには、AIPの65年作品”Beach Blanket Bingo”が上映され、バスター・キートンの顔がみえる。彼らの前にソッシュの女の子2人がいた。いつものようにダラスがからかい出し・ジョニーが割って入る。女の子の1人チェリー(ダイアン・レイン)が礼をいう。彼女たちを送っていくことになるが、後からソッシュの自動車が追いかけて来た。チェリーのボーイ・フレンドで酔ったボブ(レイフ・ギャレット)が、彼らにからみ出す。グリースの1人で血の気の多いツー・ビット(エミリオ・エステヴェス)がガラス瓶を割り、身構える。その場はチェリーが制しておさまった。ジョニーの家では、両親が喧嘩している。彼は空地に行き、ついて来たポニーボーイに自殺したいともらす。ジョニーと別れて家にもどるポニーボーイ。午前2時を過ぎていた。心配していた兄のダリーは怒り、次兄ソーダポップ(ロブ・ロウ)がとめる間もなく、ポニーボーイをなぐる。彼は家を飛び出し空地で寝ていたジョニーのところへ行き、2人は寒い街をさまよい歩いて公園へ。2人をソッシュのムスタングがつけていた。車からソッシュが数人降りると、ポニーボーイの頭を噴水の水につける。ジョニーは夢中でボブを刺し殺す。2人はダラスに相談しに行った。事情を聞いたダラスは、2人に貸物列車に乗ってタルサを離れ、廃屋になっている教会に姿を隠せという。2人はその通りにする。朝焼けを見て、ポニーボーイはロバート・フロストの「自然は黄金の輝きを持って生まれた。だが、何ものも黄金のままではいられない」という詩を暗誦した。やがて、ダラスがやって来て、3人はドライブをする。その間に子供たちが教会に遊びに来ていた。ジョニーたちの消し忘れた煙草のおかげで教会は火の海に。ポニーボーイとジョニーは、ダラスのとめるのを振り切って、火の中にとび込み子供たちを助ける。だが、ジョニーは燃えおちた梁のために大火傷を負う。救急車で病院に運ばれるジョニー、ポニーボーイ。ジョニーは重傷のために入院させられることに。「俺、前に死にたいって言ったけど、本当は生きていたい」とポニーボーイに訴えるジョニー。ソッシュとグランヅルリースが大喧嘩をすることになった。ダニーが先頭になって決闘の場所に行き、大混戦の末にソッシュをやっつけた。病院へもどったダラスはジョニーの死を知ると、ヤケをおこして、スーパーを襲って逃走。パトカーに追われて、ついに射殺されてしまう。ポニーボーイは、ジョニーからもらった本「風とともに去りぬ」に挾まっていた紙を発見。それには、「いつまでも黄金でいろ」と書いてあった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Photofest/AFLO

映画レビュー

5.0青春不良映画の金字塔

2020年2月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

楽しい

興奮

ノスタルジックなハリウッド黄金期を思い起こす様相に「ゴッドファーザー」や「地獄の黙示録」を撮った巨匠コッポラが、プレッシャーもなく実験的に軽いノリで、若手監督のデビュー作が如くベタ過ぎる内容や演出で撮った感は否めない本作。

原作のS・E・ヒントンは十代で本作含めた「ランブルフィッシュ」も書いて「BAD 傷だらけの疾走」もある訳で、柱の陰で不良たちの生態を観察していたのか?って位に地味な印象を勝手に!?

レタードなカーディガンと白いパンツにムスタング、そんなヤワなスタイルの山手育ち"ソッシュ"には十代で二十代で三十代と何回観ても親近感すら持てない、脂でベッタベッタなリーゼントにジーンズのボロボロな"グリース"にいつまでも憧れを抱く。

若手人気俳優を集め、生き残った大スターなT・クルーズはシカトで、やはり"ダラス"なM・ディロンに不良の象徴を"ツー・ビッツ"なエミリオ・エステヴェスのお茶目なキャラが最高!!

古き良き時代、オールディーズな雰囲気とロックンロール、アメリカの青春不良映画は「アメリカン・グラフィティ」から始まり?80年代にロカビリーな伝記モノ含めて数ある中どれも素晴らしいが、個人的に中学生の頃から変わらずNo. 1で有り続ける本作を一生大事にしたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

4.0久々に再鑑賞しました。

刺繍屋さん
2019年9月25日
iPhoneアプリから投稿

原作は十代の頃に読んだのですが、共感出来る部分が多く胸が熱くなった記憶があります。

で、映画の方ですが、こちらも原作の雰囲気を壊さず、ストーリーもほぼそのまま、今観ると脇役まで豪華なキャストで固めた良作だと思います。

ストーリーは単純ですが、十代のナイーブさが上手く表現されている作品だと思います。

しかし何よりも印象に残ったのは、やっぱり主題歌の“Stay Gold ”ですね。
胸に沁みる名曲ですよね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
刺繍屋

4.0グループの対立

kossyさん
2018年10月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

萌える

 刑務所帰りのダラス(ディロン)のドライブ・イン・シアターの登場シーンでは、単なるナンパな不良だと思わせておいて、なかなかの好青年という雰囲気。火事場で子供たちを救ってヒーローとなったけど、ソッシュを叩くという気持ちが変わらない仲間と、弟思いの兄貴(パトリック・スウェッジやトム・クルーズ)たちが和ませてくれる。二つのグループの抗争といった点では『ロミオとジュリエット』や『ウエストサイド物語』を思わせるのだが、『風とともに去りぬ』に共感を得ているようなのだ。

 ノースサイドとウエストサイド。どちらの窓からも黄金の夕陽を観ることができる。青春時代に輝くのは一瞬だ。大火傷で瀕死のジョニーが“Stay gold”とポニーにつぶやくシーンが印象的だった。戦いは無意味だ。勝ったとしても、それで何が変わるんだ。かつては自殺願望もあったジョニーだけど、

 若手スター大集合といった感じの映画だけど、誰にも人が生きる自由を奪う権利などないといったことがじわりと伝わってくる・・・スティーヴィー・ワンダーのステイ・ゴールドも心地よい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.5子どもは、みな黄金だってことだ。

shimoさん
2016年7月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
shimo
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「アウトサイダー(1983)」以外にこんな作品をCheck-inしています。