世界の中心で、愛をさけぶ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
世界の中心で、愛をさけぶ
14%
47%
31%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「GO」の行定勲監督が片山恭一の同名ベストセラー小説を実写映画化し、日本中に“セカチュー”ブームを巻き起こしたラブストーリー。主人公・朔太郎と初恋相手アキの甘く切ない純愛を核に、原作小説にはない成人後の朔太郎と婚約者のエピソードを加え、ふたつの時間軸を交錯させながら描く。朔太郎の婚約者・律子が突然失踪した。彼女の後を追って自身の故郷・四国を訪れた朔太郎は、初恋相手アキとの思い出をよみがえらせていく。高校2年生の夏、当時サクと呼ばれた朔太郎は同級生のアキと淡い恋を育んでいた。しかしある日、アキは白血病に倒れてしまう。成長した朔太郎と婚約者・律子を大沢たかおと柴咲コウ、高校時代の朔太郎とアキを森山未來と長澤まさみがそれぞれ演じた。

2004年製作/138分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第28回 日本アカデミー賞(2005年)

受賞

助演女優賞 長澤まさみ

ノミネート

作品賞  
監督賞 行定勲
助演男優賞 森山未來
音楽賞 めいなCo.
新人俳優賞 森山未來
話題賞 作品部門/俳優部門 長澤まさみ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0天国ってのは生き残った者が発明したもの

kossyさん
2021年5月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館、VOD

 焼きそばパンを食べながら、17年ぶりに見てみました。正直言って、貧乏学生(今も?)だったためウォークマンが高価なため買えなかった世代です。そんな1986年の時代考証、特に小道具・小物のディテールがすごい(朔太郎の部屋の伊藤つかさのポスターなど)。緻密に計算された背景なのだと思います。また、キャスティングの妙が光る作品であり、誰が見ても森山、大沢の二人が同一人物とわかるようになっているのに、律子(柴咲)はいったい誰?と推理させる構成も面白い。

 高校時代の朔太郎(森山)の純朴な雰囲気はとても上手く表現されているし、亜紀(長澤)の大胆な剃髪のおかげで涙誘われてしまう。もっともそれにはカセットテープのやりとりや深夜ラジオのエピソードの積み重ねがあってのこと。ダブルカセットとウォークマンが絶妙で、朔と亜紀、それに朔と律子の関係に溶け込んでいる。

 映画好きのために好きな映画を伝えるところ。亜紀は『小さな恋のメロディ』と『ローマの休日』と『ベン・ハー』、朔は『ドラゴン怒りの鉄拳』、『ライトスタッフ』、『明日に向かって撃て』。オマージュもいくつか感じられるのです。もっとも序盤に出てきたリュウ(クドカン)が経営する喫茶店「ENTER THE DRAGON」に心を鷲掴みにされたので、とても入りやすかった。

 17年ぶりに見ると、意外な俳優が出ていたことがわかりました。堀北真希(写真)、尾野真千子、田中美里、津田寛治、高橋一生・・・渡辺美里や天海祐希、ダンディ坂野まで!墓泥棒なんてしてもいいのか?と疑問点もあったのですが、遺骨と遺灰といった伏線がそれによって生かされ、亜紀の手品にも遺灰を感じてしまった。智恵子抄の?・・・という同じ間違いもありましたが、昨日『おっぱいバレー』を鑑賞したのですぐにわかりました。まさか高校生の朔が童貞だというダブルミーニングではないと思うのですが・・・

 やっぱり記憶に残るのはビニールカーテン越しのキスシーン。律子の記憶が徐々によみがえって朔に伝えるところ。オーストラリアのシーン。そろそろ俺も後片付けしようかな。

【2004年5月映画館にて】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
kossy

4.0生まれて初めて泣いた映画。

2021年5月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波

泣ける

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 4 件)
しゅうへい

4.5わかってるのに泣いちゃう

2020年12月31日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

楽しい

萌える

どうなるのかなんて最初から分かってるストーリーなのに、切なくて泣いてしまいます。
ピュアな恋愛を目撃したい人は必見です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
こしゆき

5.0もう16年前の映画なんですね。

ぷぅさん
2020年11月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館、TV地上波、VOD

映画館に何度も見に行ったのは、この作品が初めてでした。
ドラマ版も悪くなかったけど、私は映画派です。
原作も映画も良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ぷぅ
すべての映画レビューを見る(全47件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「世界の中心で、愛をさけぶ」以外にこんな作品をCheck-inしています。