世界の中心で、愛をさけぶ

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
14%
47%
31%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

高校時代に死別した恋人との想い出を引きずり続ける青年が、過去を辿る旅を経て、やがて現在の恋人と共に生きていこうとする姿を描いた恋愛ドラマ。監督は「きょうのできごと a day on the planet」の行定勲。片山恭一による同名小説を基に、「ユーリ」の坂元裕二と「Seventh Anniversary」の伊藤ちひろ、行定監督が共同で脚色。撮影を「hana & alice 〈花とアリス〉」の篠田昇が担当している。主演は、「hana & alice 〈花とアリス〉」の大沢たかおと「伝説のワニ ジェイク」の柴咲コウ、「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」の長澤まさみ、映画初出演の森山未來。

2004年製作/138分/日本
配給:東宝

ストーリー

婚約者である律子が、引っ越しの荷物の中から偶然見つけた1の古いカセットテープを持って、突然失踪した。彼女の行き先が自分の故郷・四国の木庭子町であることを知った朔太郎は、彼女の後を追って故郷へと向かうが、そこで彼は高校時代のある記憶を辿り始める。それは、初恋の人・亜紀と育んだ淡い恋の想い出。しかし、その亜紀はやがて白血病で倒れ、辛い闘病生活を強いられてしまう。そして、次第に弱っていく彼女を見て、自分の無力さを嘆くしかない朔太郎は、彼女の憧れの地であるオーストラリアへの旅行を決行するのだが、折からの台風に足止めをくらいふたりの願いは叶わず、空港で倒れた亜紀は、その後、還らぬ人となるのだった……。そんなふたりの関係に、実は律子が関わっていた。入院中、朔太郎と亜紀はカセットテープによる交換日記のやり取りをしていたのだが、その受け渡しを手伝っていたのが、亜紀と同じ病院に母親が入院していたまだ小学生の律子で、彼女の失踪もそれを自身で確かめる為だったのである。果たして、亜紀の死やテープを届けていた相手が現在の恋人である朔太郎であったことを知った律子は、自らも事故に遭ったせいで渡せなかった“最後のテープ”を迎えに来た朔太郎に渡す。それから数日後、約束の地・オーストラリアへと向かった朔太郎と律子は、最後のテープに録音されていた亜紀の遺志を叶えるべく、彼女の遺灰を風に飛ばした。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第28回 日本アカデミー賞(2005年)

受賞

助演女優賞 長澤まさみ

ノミネート

作品賞  
監督賞 行定勲
助演男優賞 森山未來
音楽賞 めいなCo.
新人俳優賞 森山未來
話題賞 作品部門/俳優部門 長澤まさみ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0何処かに置いてきたもの

ミチさん
2020年4月19日
iPhoneアプリから投稿

スマホもYouTubeも無かった時代。
誰かと待ち合わせしていて会えないもどかしさや、電話しても相手が不在で出ない、連絡が取れないなんて今では考えられない。
だからこそ、連絡が取れて会えた時の安心感や喜びはかけがえのない物だっただろう。
今、スマホが無くなったら生活出来るだろうか?とちょっと考えてしまった。

あんなに好きだった彼女で若くして亡くなってしまって
もう誰もこんなに好きになれる相手はいないと思ってもやっぱりまた恋愛は出来るんだな。
でもやっぱり何処かで亡くなった彼女が忘れられず、引きずってしまっていて…
でも生きている、生きて行くってそういう事だよね。

高校時代のサクが森山未来さんで大人になったサクは大沢たかおさん。この配役が似ても似つかないという声もあるけど私は合ってると思った。現代だったら、サクは菅田将暉君辺りがやるのかなー。
アキは誰が合うだろうか?浜辺美波ちゃんかな?
新しいセカチュー、観てみたい。

現在、訳の分からないウィルスが世界中に蔓延していて死亡者も多数出ている。自分もいつ感染して突然死んでしまうか分からない。この映画の公開当初には遠くにあった死が今は身近に迫って来ている。
ワクチンも特効薬は開発中、もしくは認可待ち。
気休めのマスクでさえ品薄で朝から並んでも買えるかどうかわからない。
このウィルスは指定感染症の為、家族でも死に目に立ち会えないし葬儀も出来ない。直ぐに火葬しないといけないそうだ。こう言っては身も蓋も無いが、死は特別な事じゃない、当たり前のことなのだ、と今更ながら思い知らされている。

…ってことで、少しずつ、断捨離を始めるとしよう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミチ

4.0つながる面白み

2020年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

純愛ものだが、つながりが解かれていく面白みがある。始め30分ぐらい、これから起こる物語を期待する高まりがあった。
出演者はみんな若くて美しかった。15年たっても第一線で残っているのがすごい。才能を集めたキャスティング、特に長澤まさみがよかった。さらにいえば、山崎努の存在感。彼がいればこその出来栄えか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bluetom2000

4.0印象に残る素敵なシーンが多い、けど…

2020年2月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

楽しい

興奮

およそ15年ぶりの二回目?の観賞。
ドラマも原作本もその頃に観ました。

タイトル、主題歌、俳優陣は高得点!
ただ、ストーリーが点と点を合わせてるようで、うまく繋がってない印象。

いい話ではあるんだけど…感動出来ず、余韻も残らない。でも、1986年を舞台にしてるノスタルジックさや高校生の時の恋人を忘れられない苦悩を重苦しくなくかかれている所が好きです。

映画だけだと、ぎゅーっと押し込めてる感じで、ドラマ、本を観てない人にはかかれていない部分を想像するのは難しいかな。

アキがサクを好きになったきっかけや肝心のアキの病気の状態などがよく分からないまま、ストーリーが進んで行くので入り込めないのかも。
でも、印象的なシーンが多く、よくも悪くもアルバムをめくっているような映画でした。

また、高校生役を十代が演じてることがすごくいいなと思います。素朴さとまだ磨かれていないところが素敵だなと思います。

大人になったサクを省いて、高校時代だけをもっと濃くして欲しかった。大人のサクが救われたのを観れて嬉しい半面、その後を想像する機会が奪われ余韻が残らず微妙な心境です。

でも、二十歳の時に観た恋愛映画を15年後に観て、またおもしろいと思うことはほぼないので、ほどよいノスタルジックな気分になれてよかったです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
りりまる

3.5多くは語らない

2020年2月27日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
すーぱーゆうた
すべての映画レビューを見る(全40件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「世界の中心で、愛をさけぶ」以外にこんな作品をCheck-inしています。