陰陽師II

劇場公開日

解説

陰陽師・安倍清明の活躍を描くSF時代劇シリーズの第2作。監督は「壬生義士伝」の滝田洋二郎。夢枕漠の原作をベースに、「難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PARTXVII プライド」の江良至、「ぼくの孫悟空」の夢枕漠、滝田監督が共同で脚本を執筆。撮影を「壬生義士伝」の浜田毅が担当している。主演は、「陰陽師」の野村萬斎と「壬生義士伝」の伊藤英明。主演はほかに、「壬生義士伝」の中井貴一、「Dolls」の深田恭子、「偶然にも最悪な少年」の市原隼人ら。

2003年製作/115分/日本
配給:東宝

ストーリー

平安時代。日隠れ(日食)があって以来、都では鬼が貴人たちを殺しては体の一部を喰らうと言う怪奇な事件が起こっていた。右大臣・藤原安麻呂に鬼退治を依頼された安倍清明は、源博雅と共に事件の裏に下々の間でどんな病気も治すことから神と崇められている幻角の存在があることを突き止める。大和の国に滅ぼされた出雲の国の長・幻角。彼は、息子・須佐を鬼と操り、出雲の神・スサノオノミコトを復活させ朝廷に復讐をするつもりなのだ。そして、その為の最後の生贄が須佐の姉で、今は安麻呂の娘となっている日美子だった。姉を喰らうことに苦しむ須佐。そんな弟を見て自ら身体を差し出す日美子。果たして、須佐はスサノオへと化身し都を襲った。最早、スサノオの力を封じるには、天岩戸からアマテラスを誘い出すしかない。命を賭して神の領域へ向かった清明と博雅。見事な女舞を披露してアマテラスを甦らせたふたりは、スサノオを封じ、幻角の計画を阻止することに成功する。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
アクションコーディネーター
諸鍛冶裕太
石垣広文
特撮監督
尾上克郎
脚色
江良至
夢枕獏
滝田洋二郎
原作
夢枕獏
製作総指揮
植村伴次郎
企画
近藤晋
企画協力
中川豊子
中條裕之
野村朗子
製作
瀬崎巖
近藤邦勝
気賀純夫
江川信也
島谷能成
門川博美
プロデューサー
林哲次
濱名一哉
遠谷信幸
協力プロデューサー
渡井敏久
共同プロデューサー
平野隆
田中渉
撮影
浜田毅
ステディカム
千葉真一
キービジュアル ・コンセプトデザイン
天野喜孝
美術
部谷京子
特殊美術
松浦芳
装飾
小池直実
秋田谷宣博
音楽
梅林茂
音楽プロデューサー
梅林茂
録音
小野寺修
音響効果
伊藤進一
小島彩
照明
長田達也
安藤和也
編集
冨田伸子
衣装デザイン
天野喜孝
衣装
二宮義夫
竹林正人
斉藤育子
アソシエイト・プロデューサー
赤井淳司
井口真一
ライン・プロデューサー
福島聡司
製作担当
宿崎恵造
助監督
足立公良
スクリプター/記録
赤津環
スチール
野上哲夫
VFX製作
オムニバス・ジャパン
東北新社
特殊撮影
中根伸治
VFXスーパーバイザー
石井教雄
VFXエグゼクティブ
二宮清隆
CGIディレクター
長尾健治
CGIプロデューサー
桑田秀行
メイクアップ・イフェクツ・スーパーバイザー
原口智生
特殊メイク
山田陽
森田誠
特殊造形
三木康次
栄福哲史
その他
源博雅|伊藤英明
日美子吹替
三輪さえ
ナレーション
津嘉山正種
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.0よくわからない話

2022年8月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

出雲の王が大和を滅ぼそうとする話だ、みんなが何故そんな事をするか、よくわからなかった。
深田恭子が可愛いのでまぁ、いいか。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0天の岩戸

2021年9月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

紅を引いた萬斎様の妖しい美しさにうっとり。市原隼人の初々しさにほのぼの。深田恭子の健康美が眩しい。ストーリーは間延びして飽きてきたが、出演者の若さを楽しんだ。伊藤英明は3年経ったうちに、演技が上達したね。
BSプレミアムにて鑑賞。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぷにゃぷにゃ

3.0前作と続けて鑑賞。 相変わらず清明と博雅の二人の関係は良き。 そし...

idさん
2021年6月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

前作と続けて鑑賞。
相変わらず清明と博雅の二人の関係は良き。

そして髪を下ろした萬斎さんの色気が凄い。

気になった点は市原隼人さんの口パク?のような演技。
まるでアテレコみたいだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
id

3.0日本の歴史、もしかしたらこうだった?

fukui42さん
2019年5月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

前作に続いて観ました。
これはもう野村萬斎さんの独演場ですね。
「陰陽師」的要素がパワーアップして。
人差し指と中指を追わせて、呪文(でいいのか?)を唱え、術をなる姿。
阿久さんの書物を広げ、考える様も惚れ惚れ。

「人の迷い心で鬼が生まれる」。
鬼とか劒とか。どこかおとぎ話のようなアイテムがいろいろあって。
治らぬ傷を治すのが神。神ときましたか!。
ここまでリアリティを感じないと、むしろ潔い。
感情移入がほとんどできないながらも、何となく見続けました。

「出雲の国」VS「大和の国」。今回の悪役キャラ、中井貴一さん。現代劇より時代劇っぽいのが似合いますね。腹が立つほど。
後半からは出てくるキャラが少ないのが、まだ救われたかな。
これで人が色々出てきたら、ストーリーが回収できなかったでしょう。

陰陽師って漢字変換一発で出てくるのが、どれだけ流行ったのかを表してるかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「陰陽師」シリーズ関連作品