夜がまた来る

劇場公開日:

解説

刑事である夫を何者かに殺されたヒロイン・名美と、ヤクザ者の村木との愛憎を描く、「天使のはらわた 赤い閃光」に続く石井隆監督・脚本の″名美″と″村木″の物語。撮影は笠松則通が担当。

1994年製作/108分/日本
配給:アルゴ・ピクチャーズ
劇場公開日:1994年10月22日

ストーリー

おとり捜査のため池島組に潜入していた麻薬Gメン、土屋満の死体が横浜港に浮かんだ。殉職どころか、汚職の嫌疑をかけられ犬死にした夫の無実を信じるのは妻の名美だけ。しかも彼女は満の葬式の日、池島組の組員たちにレイプされる。名美は絶望のあまり自殺を図るが一命を取りとめ、そして夫殺しの犯人は池島組会長である池島政信であると睨み、池島の命を狙おうとする。だが別の鉄砲玉が池島に襲いかかる場面に遭遇、そこで村木哲郎に出会う。池島を殺すことに失敗した名美はまたもや自殺を図るが、村木に助けられ、池島組にかかわるのは止めろと忠告される。しかし、村木と名美は池島組の幹部とクラブホステスとして再会する。村木の心配をよそに池島に接近する名美は池島の情婦となっていく。ある夜、ベッドの隣りに眠っている池島を名美は殺そうとして失敗、激怒した池島によって囚われの身になり、村木の舎弟である柴田にいたぶられる。そこでも村木の仲介で名美は命までとられなかったものの、シャブ漬けにされ、場末のバーに売られる。すっかり変わり果て、荒んだ毎日を送る名美を助けだし、介抱してやったのはまたもや村木だった。立ち直った名美は村木に銃の撃ち方を教えてほしいと頼む。お互いの心の傷をなめあうように、2人はいつしか愛し合うようになっていった。そしてある日、池島組に警察のガサ入れが入った。村木に誘導され、屋上に逃げた池島の前に拳銃を持った名美が現れる。夫を殺した犯人の名を問う名美が油断した隙に銃を奪い、名美を追い詰める池島。その時、池島に向けられた村木の銃が火を吹いた。さらに組長を助けようとやって来た柴田と村木は壮絶な死闘を繰り広げるが、村木は何とか柴田を倒す。だが、その村木が持っていた銃が夫のものであったことから、名美は村木こそ夫を殺した男であることを知る。村木もまた、満よりずっと前から池島組に潜入していた刑事であり、自分の身を守るためやむを得ず満を殺したのだった。真相を知った名美は泣き叫びながら、近づいてくる村木を撃ってしまう。斃れた村木を抱きしめる名美。そして夜が明けようとしていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0石井ワールド全開!夏川結衣の魅力が詰まった映画!

2024年6月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

萌える

久しぶりに見直しましたが、やっぱりこの映画大好きです。

村木と名美の石井ワールド全開って感じ。
邦画界において、石井隆、三池崇史、園子温は、エロとバイオレンスの三巨頭だと思ってます。
その一角を担う石井監督の作品ですから面白くないわけがない。

そして、今回思ったのが、この映画! 夏川結衣の魅力満載、彼女のための映画であり、彼女だからこその映画って感じで、改めて、惚れ直しました。

愛する人と幸せになるはずだったのに・・・ その大事な人が殺されてしまい、悲しみに打ちひしがれている時にレイプ。復讐に燃えるがうまくいかず、薬漬けのどん底に落とされてしまう・・・。
まさに不幸を絵にかいたようなストーリー。
薬から、抜けるための描写も凄まじいものがありました。(ラストの衝撃は、なんとなく途中から読めちゃいましたけど)

こんな映画のどこがいいのか?自分でも不思議だけど、なぜか見入ってしまう。やっぱり夏川結衣に魅せられているからだろう。

夜がまた来る・・・。 この作品には朝の気配がない。常に夜だけが繰り返しているような・・・

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ratien

3.0石井隆映画の濃縮ジュース

2023年9月10日
PCから投稿

夫を殺された奈美とヤクザ村木の物語。
本作は石井隆映画の濃縮ジュースのような作品で彼の映画のファンの方は必見です。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
みる
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「夜がまた来る」以外にこんな作品をCheck-inしています。