蘇える金狼(1979)

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

「最も危険な遊戯」「処刑遊戯」の松田優作と村川透監督のコンビで、大藪春彦の同名小説を実写映画化したハードボイルドアクション。29歳の平凡なサラリーマン・朝倉哲也は、夜になるとボクシングジムで身体を鍛え上げ、自身が勤める大企業・東和油脂を乗っ取る野望に燃えていた。ある日、銀行の現金輸送車を襲い9000万円の強奪に成功した彼は、その金を安全な紙幣に変える過程で入手した麻薬を用い、上司の愛人である京子を手なずける。京子からの情報で会社の汚れた内部事情を把握し、邪魔者を次々と消していく朝倉だったが……。

1979年製作/131分/日本
配給:東映

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)KADOKAWA 1979

映画レビュー

3.5完全な松田優作劇場。映画の出来は二の次

2022年3月16日
PCから投稿

以前に視聴したようなしていないような微妙な記憶。
スタート後も全然記憶が蘇ってこない。小説を読んだのは間違いないとおぼろげに思い出したが・・・という状態なので、初視聴気分で見れたのは良かったと思う。

ざっくり言えばテレビ探偵物語のハードシリアスバイオレンス〝エロス”強化版といったところ。
中盤からラストに向けてかなり散漫化し、正直間延びし過ぎて脳の血流が悪化することもしばしで映画の出来自体は宜しくないと思う。
しかし、松田優作を堪能するという意味では十分以上であり、結構それで満足できたのも事実。

そして、ラスト間際の空港でよろめくシーンでようやく、これは一度見たと思い出した。(それだけ作品の印象は薄かったということ)

やはり松田優作は文芸作などより、狂気を内に秘め炸裂させるこういったバイオレンス路線の方が適役だったんだなと再確認。

10年後くらいにまた見てみましょうか。笑

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
resuwisshu311

4.0ザ・松田優作

みゅーさん
2022年2月19日
スマートフォンから投稿

角川映画祭のおかげで
初めて劇場で観ることができました。
レンタルビデオとか地上波、BSなどでは何回も観ていますが、劇場では観たことがなかったのでとても嬉しかったです。
いかに地上波とかではものすごく削られてたことも良くわかりました。
改めて、松田優作という俳優の凄さというか、月並みですけどほんとにほんとにかっこよかったー!!
ドラマ探偵物語の最終回が被りますよね、この映画。
最後、空港で歩いて行くところは思わず涙が出てきてしまいました。
追随を許さないハードボイルド!
ハンカチですよ!ひー!!と痺れます。
カウンタックは映像浮いてて残念だけど、松田優作のかっこよさで全て消えます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みゅー

4.0ヒロインの力が不足していることが、本作のラストシーンの感動を不発にしたのだと思います

あき240さん
2022年1月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

処刑遊戯でシナリオがあまりにプアーだったのを反省したのか、村川透監督、主演松田優作コンビの次回作は日本のハードボイルド小説の巨匠大藪春彦の有名な原作を選択した
時代設定は公開当時の現代に変更した以外はほぼ原作どおり
カウンタックなどスーパーカーが何種類も登場するのが1979年らしさがでている良い演出です

終盤の主人公が刺されるシーンは原作にあるものですが、あの太陽に吠えろの松田優作の当たり役ジーパン刑事の伝説の名シーン「なんじゃこりゃ!」のオマージュになっているのが面白いところです

千葉真一と岸田森が二大見所
というか目立ち過ぎだったかも知れません
千葉真一と松田優作の新旧アクション二大スター直接対決を観客に期待させておいて結局実現させずに途中退場するのですからガッカリというか不完全燃焼になってしまうのです
かといって観客の望むことやると原作から逸脱してしまう
つまり大スターに釣り合わない役を配役してしまった弊害です
ここの配役の計算は難しいところ
正直、松田優作と千葉真一の配役を交換した方がしっくりしたかもしれません
とはいえ本作の目的は松田優作のダーティーヒーロー映画の決定版を撮ることなんですから、そんなこと出来るわけもありません

ヒロインの風吹ジュンは悪くはないのですが、殺人遊戯の中島ゆたかのを配役した方が良かったと思います
彼女はラストシーンのスカンジナビア航空のスチュワーデス役という端役の出演だったのはもったいかぎりです

ヒロインの力が不足していることが、本作のラストシーンを感動を不発にしたのだと思います

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
あき240

1.0何も

2021年11月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

魅力を感じない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
くそさいと
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「蘇える金狼(1979)」以外にこんな作品をCheck-inしています。