耳をすませば(1995)

ALLTIME BEST

劇場公開日

耳をすませば(1995)
28%
51%
18%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

柊あおいの同名少女コミックをスタジオジブリがアニメーション映画化。読書好きな中学生3年生の少女・月島雫は、自分が図書館で借りてくる本の貸し出しカードの多くに「天沢聖司」という名前があるのを見つけ、それ以来、顔も知らない天沢聖司の存在が気になっていた。夏休みのある日、図書館に向かう途中で遭遇した一匹のネコに導かれ、雫は「地球屋」という不思議な雑貨店に迷い込む。やがて店主の孫の少年が天沢聖司であることを知り、2人は徐々に距離を縮めていく。しかしバイオリン職人を目指す聖司は、中学を卒業したらイタリアへ渡ることを決めていた。その姿に刺激を受けた雫は、本を読むばかりではなく、自らも物語を生みだそうと決意するが……。宮崎駿や高畑勲の作品を支えてきた名アニメーターの近藤喜文の長編初監督作。98年に46歳で他界した近藤にとって、本作が最初で最後の監督作となった。劇中で雫が生みだす物語世界に、画家でイラストレーターの井上直久が描く架空世界「イバラード」が用いられている。

1995年製作/111分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0初めて劇場で観たジブリ作品。

なおさん
2020年7月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

劇場公開時鑑賞。原作未読。
きっかけはごく一部で物議をかもしたりしましたが、基本的にはストレートなガールミーツボーイです。
思春期の甘酸っぱさと子供なりの葛藤と未熟とはいえ生きることへの意志を観せられて、「まだこれからだってこんな素敵な出会いがあるかも」と(当時は)夢を見させてくれました。
貧乏ゆすり描写とかそんなとこまで見せるんだとちょっとびっくりしたのを覚えています。
次代のジブリを担う人が出てきたなと思いましたが…。もっと近藤監督作品を観てみたかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

5.0久々に鑑賞。中学生の甘酸っぱい繊細な表現がよかった。何度観ても清々...

2020年5月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

久々に鑑賞。中学生の甘酸っぱい繊細な表現がよかった。何度観ても清々しい気分にさせてくれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あかねちん

5.0ジブリの中で一番好きかも

Sさん
2020年1月24日
iPhoneアプリから投稿

風景、街並み、全てが細かくて大好き。なかなかここまで細かく書ける人いないよな。さすが宮崎駿さん。

ジブリの中では現実的な設定とストーリーだけど、どこか現実的じゃないのがすごい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
S

4.0ほのぼのと

2020年1月18日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

将来への期待と不安、夢と現実、誰もが経験して大人になる。
そんな淡くて清純な時代の体験を思い出させる。
今はない図書カードも懐かしい。
僕も気になるクラスメートの名を見つけてうれしかったり。

この映画が良いのは、友達や家族との会話かなあ。
顔と目を見て話すその近さというか距離感が良い。

携帯もメールもなく、公衆電話・ワープロ・タバコ屋、昭和を懐かしむ。
今となっては、男爵人形のようにアンティークかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bluetom2000
すべての映画レビューを見る(全63件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「耳をすませば」シリーズ関連作品

他のユーザーは「耳をすませば(1995)」以外にこんな作品をCheck-inしています。