股旅

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
18%
37%
18%
18%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

義理人情というものは日本人の性格の中から生まれたものなのか、庶民が望んでいたのか、それとも為政者から押しつけられたものなのか。日本人という正体(現代)を義理人情を、自由を求めて、流れ、流れる無宿人の若者を通して解明する。脚本は谷川俊太郎、監督は「第50回全国高校野球選手権大会 青春」の市川崑で、初めてのATG作品。撮影は「音楽」の小林節雄。

1973年製作/95分/日本
原題:The Wanderers
配給:その他

ストーリー

灰色の空、霜でぬかったあぜ道を、よれよれの道中合羽に身をつつんだ若い男が三人、空っ腹をかかえて歩いている。生まれ故郷を飛び出し、渡世人の世界に入った源太、信太、黙太郎である。彼等の望みは金と力のある大親分の盃をもらい、ひとかどの渡世人になることだった。流れ流れて三人は、二井宿・番亀一家に草鞋をぬいだ。源太はここで偶然、何年も前に母と自分を置き去りにして家出した父・安吉と再会した。夜、源太は安吉の家に行く途中、百姓・又作の家の井戸端で、若い女房のお汲が髪を洗っているのをみた。白い肌が闇の中に浮んでいる。背後からお汲に組みついた源太は、あばれるお汲を納屋につれこんだ。翌日、安吉が、番亀の仇敵の赤湯一家と意を通じ、壷振りと組んでイカサマをやり、番亀一家の評判をおとそうとしたのがばれた。憤怒した番亀は、渡世人の掟を破った親父の首を持ってこいと源太に命じた。親父を斬ることはない、と引止める黙太郎と信太に「義理は義理だ」と源太は飛び出したが、安吉は留守。気抜けした源太は、お汲の家に行き「俺と逃げないか」と声をかけた。源太を見つめていたお汲はコクンとうなずいた。二人はその場で抱き合った。やがて安吉の家へ引返した源太は、長脇差を抜き放ち、驚く親父に斬りかかった……。揺れ動く貧しい灯が、蒲団の上に寝かされている安吉の死顔を照らしている。源太の頬には涙が流れている。やがて、源太は僅かな草鞋銭を渡され、番亀を追い出された。黙太郎、信太、そしてお汲も一緒だった。道中をつづける四人。途中で信太が竹の切株で足を傷つけ熱を出した。四人が夜を明かした祠の前に人の気配がした。追手がかかったと一同緊張するが、お汲の亭主の息子の平右衛門だった。お汲をつれ戻しに来たのである。素直に帰ると見せかけたお汲は、背後から鎌で平右衛門に襲いかかり、殺害してしまった。呆然とみつめる源太と黙太郎。兇状持の上にまた殺人、事態はますます悪化した。源太はどうしても家に帰りたくないというお汲を飯盛女に売ることにした。その頃、祠の中で信太は息をひきとっていた。残った源太と黙太郎は飯岡の助五郎のもとへと道中を急いだ。途中、立寄った飯岡一家の野手の半兵衛が、笹川一家へ寝返る、という話を小耳にはさんだ黙太郎は、半兵衛の首を持って飯岡へ行けば盃が貰えるといい、源太は一宿一飯の恩義があると意見が対立した。折しも半兵衛が笹川へ出かけたのを知った二人は半兵衛を追った。「出世の糸口を!」「渡世の義理を!」半兵衛を追う黙太郎に源太が斬りつけた。そして、隙を見てかけ出した黙太郎を追った源太は崖に転落してしまった……。そうとも知らない黙太郎は、半兵衛を見失ない、戻って来るが源太の姿は何処にも見えない。「源太ァ源太ァ」いつまでも黙太郎は源太の名を呼びつづけるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.0無味乾燥で呆気ない理由

あき240さん
2020年3月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

市川崑による日本のニューシネマ
現代ならV6 とかのジャニーズの俳優が演じていたろう
物語や設定は限りなく時代考証を優先して、ナレーションがドキュメンタリーのように解説する
しかし主人公達若者は現代の顔付きで体型もそれだ
髪型も髷を結ってはいるが現代風だ
お汲の井上れい子も現代的だ

江戸時代の社会の閉塞感は現代の社会の閉塞感と違うようで同じだ
そんななかで若者たちは同じ様に生きている

飯盛り女に売られるお汲も、現代の風俗に沈められる女と男の物語と変わりはしない

市川崑監督は本作の前年1972年にテレビ時代劇の画期的な作風で一世風靡した木枯らし紋次郎を初回から3話監督している
その作品でやりたかったこと、やり残したことを、本作で決着させたかったのかもしれない
その作風の延長のようにも感じる

しかし、それで何を訴えようとしたのか?
渡世の義理で殺し合う
当時世間を震撼させた過激派の内ゲバ事件になぞられたのかもしれないぐらいしか読み取れない
だから無味乾燥で呆気ないのだろう
それが狙いなのかもしれない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

2.5時代考証しっかりしてる

散歩男さん
2019年11月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

市川崑監督ATG作品。
冒頭の前口上とドキュメンタリー番組のようなナレーションで大丈夫かな?と思ったがまともな展開が始まって一安心。

崑監督によるオフビート時代劇といったテイスト。主人公は小倉一郎でショーケンはその仲間。ヒョロヒョロした身体で格好良さは全くなく、ジタバタするのが人間だ、と言わんばかり。全編そんな感じでこの時代に生きる意味を問うてくる。

そしてラストに突然来るやるせなさ。なんとも70年代を色濃く感じる映画でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
散歩男

1.0「若者の青春の虚しさ」

2019年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

以前から傑作と聞いていたので観てみたが、ロードムービーは好きだがいわゆる「無頼若者賛歌(たとえ虚しい結末であってもそれは賛歌だ)」系はダメなので、それを知っていたら見なかった。文化人類学だかなんだかしらないがこんな斬りあいを観ても時間のムダだと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
雪国の離島の生まれ、山裾育ち

4.5一番好きな時代劇

2018年7月12日
iPhoneアプリから投稿

☆良かったところ☆
文化人類学的アプローチの効果で若者の青春の虚しさが立った。

★悪かったところ★
特になし

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
エイブル
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る