86歳・仲代達矢、役者人生の“すべて”懸け藤沢周平原作「帰郷」に主演 史上初の8K時代劇製作 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年7月12日 > 86歳・仲代達矢、役者人生の“すべて”懸け藤沢周平原作「帰郷」に主演 史上初の8K時代劇製作
メニュー

86歳・仲代達矢、役者人生の“すべて”懸け藤沢周平原作「帰郷」に主演 史上初の8K時代劇製作

2019年7月12日 05:00

老いた渡世人が、死期を悟り一路、故郷へ…「乱」

老いた渡世人が、死期を悟り一路、故郷へ…
(C)「帰郷」時代劇パートナーズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本を代表する俳優で86歳を迎えた仲代達矢が、時代劇専門チャンネルによる「帰郷」に主演することがわかった。黒澤明監督作「影武者」「」などで知られ、国内外で存在感を示す仲代が、その役者人生の“すべて”を懸け今作に挑んでいる。

藤沢周平氏による“股旅もの”の傑作短編を基に、国民的ドラマ「北の国から」などの杉田成道監督のメガホンで映像化。仲代とは2015年の「果し合い」以来、約4年ぶりのタッグだ。同チャンネルオリジナル時代劇は20本目を数え、時代劇としては史上初となる“8K映像”で物語が紡がれている。

老いた渡世人・宇之吉(仲代)は、若かりしころ、わけあって故郷の木曾福島を出奔した。流浪の旅を続けるなか病に倒れ、ふと故郷へ思いをはせる。老い先を悟った宇之吉は、木曾福島へ向かい、寄る辺のない故郷に身をやつす。すべてを捨てたかのように思えた。しかし、やがて渡世人は守るべき存在を見出し、静かに熱く燃える炎をその胸に宿していく。

仲代が同原作を手に取ったのは、約30年前のことだという。作品に強く惹かれた仲代は「いつか宇之吉を演じたい」という思いを抱き続けており、積年の悲願がついに結実した。共演には、常盤貴子北村一輝緒形直人佐藤二朗三田佳子橋爪功中村敦夫ら。日本を代表する多士済々が、仲代に思いを重ね木曾福島に集った。

なお放送時期などの詳細は、今後発表される予定だ。

(映画.com速報)
影武者[Blu-ray/ブルーレイ] 影武者[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,061 黒澤明監督が「デルス・ウザーラ」以来5年ぶり(日本映画としては「どですかでん」以来10年ぶり)に製作した、戦国スペクタクル巨編。
乱 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 乱 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,935 巨匠・黒澤明が構想10年・製作費26億円をかけて完成させたライフワーク的作品で、シェイクスピアの悲劇「リア王」をベースに毛利元就の「3本の矢」の故事などを取り入れながら、裏切りと憎しみの中で殺し合う人々の姿を壮大なスケールで活写した戦国時代劇。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報