華の乱

劇場公開日

0%
0%
56%
33%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大正時代、愛に芸術に社会運動に情熱を燃やした人々の姿を描く。永畑道子原作の小説『華の乱』『夢のかけ橋』の映画化で、脚本は「必殺4 恨みはらします」の深作欣二、「紫式部 源氏物語」の筒井ともみ、「ウェルター」の神波史男が共同で執筆。監督は深作、撮影は「花園の迷宮」の木村大作がそれぞれ担当。

1988年製作/139分/日本
原題:The Rage of Love
配給:東映

ストーリー

晶子は若き日に親兄弟を捨てて歌の師である与謝野寛と結ばれた。大正12年、晶子も39歳になり、11人の子持ち。夫はウツ病がひどかった。晶子は「明星」に発表した詩が称賛とともに非難を浴び、世間に知られるところとなった。そんな時作家の有島武郎と知り合い、ときめきを覚えた晶子は家族ぐるみのつき合いをするようになった。有島にはいつも美人の雑誌記者・波多野氏がついていた。ある日夫が郷里で選挙に立候補して落選、そのままかつての恋人・登美子と暮らすようになった。晶子は子供達を気にかけながらも有島の北海道行きに同行。晶子は有島に愛を告げたが、帰宅すると病気のまま放ったらかしにされた子供たちから非難された。それから数日後、有島は秋子と心中した。秋子から晶子への遺書にはふたりの心情が記されていた。有島は秋子を愛し互いに死を約束していたが、晶子と会ったことで生と死の間をさ迷っていたのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第12回 日本アカデミー賞(1989年)

受賞

主演女優賞 吉永小百合
助演女優賞 石田えり

ノミネート

作品賞  
監督賞 深作欣二
脚本賞 深作欣二 筒井ともみ 神波史男
主演男優賞 風間杜夫
主演男優賞 松田優作
助演男優賞 緒形拳
助演女優賞 池上季実子
音楽賞 井上堯之
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0吉永小百合、松田優作の映画は全て観たい そういう人の為の映画だと思います

あき240さん
2022年1月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1988年公開
深作欣二監督作品
まずそれに驚かされます
あの仁義なき戦いの監督がこのような映画を撮るんだと

吉永小百合主演映画なら撮ってみたい、深作欣二監督にすらそう思わせる程なのでしょうか?
しかも松田優作が相手役ならどうしても撮りたいとなるのは当然でしょう
しかし、そもそもなんで製作側がこのアクション要素皆無の文芸映画に深作監督を指名したのでしょうか?
もしかして吉永小百合の指名だったのでしょうか?
浅学でその辺のことは分かりません

もうこのように映画の冒頭から疑問符だらけです

吉永小百合は与謝野晶子役です
与謝野鉄幹と不倫の末に結婚して12人もの子供を産み、鉄幹が書けなくなったので彼女の執筆で孤軍奮闘して一家を支えていた1920年頃から、1923年9月の関東大震災までの彼女の日々を描いています
主題はそのような状況にありながら、有島武郎との不倫まで踏み込んでしまいそうなスレスレまでいく物語です

大正時代の社会運動、芸術運動の群像は背景としてありますが、それは全く主題では有りません

むしろ本当の主題は松田優作が演じる有島武郎の女性編集者との心中にあるように思います

吉永小百合が演じるファムファタルに出会ったことで、結局別の女性と心中してしまう男の物語です

1984年の「天国の駅」と同じく本作の企画としてクレジットされている岡田裕介氏の願望が反映された映画であるという気がしてなりませんでした

吉永小百合は有島武郎から贈られたお洒落な洋装を纏って彼の待つ北海道羊蹄山の麓の牧場に向かい一夜を過ごそうとするシーンの美しさぐらいしか見所は大してありません

松田優作はその死の1年前の出演で既に病魔に苦しんでいた中だそうです
サイドカーで群集の中を走り回るシーンは印象に残ります
それ以外の演技は1985年の森田監督の「それから」での抑制された演技が再演されているに過ぎません

風間杜夫の大杉栄は印象に残るものの、本作の一年前の1987年公開の五社英雄監督の「吉原炎上」で竹中直人がバイオリン弾きで強い印象を残した役イメージをまるまる踏襲しています
ハッキリいって二番煎じです
これなら竹中直人を使った方がずっと良かったのではないかと思うぐらいです

このような映画なので観終わってみても、最初の疑問符は無くならずかえって増えて大きくなってしまうのでした

吉永小百合、松田優作の映画は全て観たい
そういう人の為の映画だと思います

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240

2.0暴力的でない松田優作を観ようと思って

yoyoさん
2019年11月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館、VOD

知的

難しい

有島武郎役なら大丈夫かと。
そういう意味でのチョイスは良かったのだが、吉永小百合の与謝野晶子は無理がある。
事実でないエピソードも多々かな?
キャストは揃っているのでそれだけでも、まあまあいいかな、と。
松坂慶子の松井須磨子は良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
yoyo

2.0吉永小百合演じる与謝野晶子の激動の人生 松田優作や松坂慶子や、わり...

2016年6月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ばひんぽ

2.5大正時代を豪華キャストで描く

2011年10月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
shimo
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る