慕情(1955)

劇場公開日

5%
36%
50%
9%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「東京暗黒街・竹の家」のバディ・アドラーが「一攫千金を夢みる男」についで香港ロケで製作した1955年作品。原作は1952年のベスト・セラー、女医ハン・スーインの自伝小説で、これを「真紅の女」のジョン・パトリックが脚色し、「野性の女(1955)」のヘンリー・キングが監督した。主演は「重役室」のウィリアム・ホールデンと「悪魔をやっつけろ」のジェニファー・ジョーンズで他に「聖衣」のトリン・サッチャー「我が心に君深く」のイソベル・エルソム、マレイ・マシスン、ヴァージニア・グレッグ、「一攫千金を夢みる男」のスウ・ヨン等が出演する。音楽は「七年目の浮気」のアルフレッド・ニューマン、撮影は「足ながおじさん」のレオン・シャムロイ。色彩はデ・ラックスカラー。

1955年製作/101分/アメリカ
原題:Love is a Many-Splendored Thing
配給:20世紀フォックス

ストーリー

中国人とイギリス人のハーフで女医のハン・スーイン(ジェニフ ァー・ジョーンズ)は、国民政府の将軍の夫人だったが、良人が共産軍との戦いで戦死してからは、香港病院で働いていた。ある日、病院の理事長の家でカクテル・パーティが開かれたとき、彼女はアメリカの従軍記者マーク・エリオット(ウィリアム・ホールデン)と知り合った。マークにはシンガポールに妻がいるが、性格が合わないとでもいうのであろうか、夫婦仲は冷たかった。初めはスーインもマークと深入りしないように警戒していたが、何となく彼が好ましく、マークが仕事のためシンガポールに出かけたときなど、いい知れない淋しさに襲われるのだった。やがて、海へ遊びに行ってから、2人は完全な恋人同志になっていた。マークは妻と正式に離婚して、スーインと結婚すると誓った。だが彼の妻は離婚に同意しなかった。スーインはそれを聞いて、マークを優しくいたわるのだった。その後、マークがマカオに出張すると、スーインは理事長の反対を押しきってマカオに向かった。2人の楽しい週末もほんのひとときに過ぎない。朝鮮に戦争が起こったためマークは現地へ急行しなければならなかったからである。スーインは理事長にさからってマカオに行ったことから、病院に勤めることができなくなり、友達のノラの家に寄寓することになった。彼女は毎日マークに手紙を書き、また彼からの便りを読んで淋しさをまぎらしていたが、ある日マークは共産軍の爆撃で帰らぬ人となった。新聞でそれを知ったスーインは、マークと共に永遠の愛を語り合った思い出の町を歩いたが、再び病院に戻り医術に全生涯を捧げようと決心するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第28回 アカデミー賞(1956年)

受賞

作曲賞(ドラマ/コメディ) アルフレッド・ニューマン
衣装デザイン賞(カラー) チャールズ・ル・メア
主題歌賞

ノミネート

作品賞  
女優賞 ジェニファー・ジョーンズ
撮影賞(カラー) レオン・シャムロイ
美術賞(カラー)  
音響録音賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5自伝の映画化らしい

Cape Godさん
2014年2月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

幸せ

萌える

総合70点 ( ストーリー:70点|キャスト:75点|演出:65点|ビジュアル:65点|音楽:75点 )

 香港の浅水湾に行ったときに、ここが映画「慕情」の舞台になったのだと観光案内書に書いてあった。当時まだこの映画の名前をなんとなく知っている程度でよくわからなかったが、でもそれでこの映画に俄然興味が出ていつか観てみようと思った。

 ウィキペディアによると「ベルギー人と中国人の血を引くハン・スーインの自伝をもとに映画化された」のだそうだ。だから基本的な部分は現実の話に基づいているのだろう。だがジェニファー・ジョーンズ演じる主人公のハン・スーインとその学生時代の友人の二人は欧州と中国の混血という設定だが、全くそのように見えず白人そのものなのが気になる。その当時のハリウッドでは適当な混血の女優がいなかったのだろう。また当時の白人とアジア人との間にある差別や社会的な隔たりの描き方は直接的ではなくて生ぬるい。現代の映画ならばもっとはっきり描写するのだろうが、この程度では当時の社会情勢を理解し辛い。
 それでも二人の育む愛の行方が切なくてその成り行きに魅かれた。自伝だということならば猶更である。制作年代の古さゆえの欠点もあるが、彼女の心の動きに十分共感できた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る