慕情(1955)

劇場公開日

3%
36%
55%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「東京暗黒街・竹の家」のバディ・アドラーが「一攫千金を夢みる男」についで香港ロケで製作した1955年作品。原作は1952年のベスト・セラー、女医ハン・スーインの自伝小説で、これを「真紅の女」のジョン・パトリックが脚色し、「野性の女(1955)」のヘンリー・キングが監督した。主演は「重役室」のウィリアム・ホールデンと「悪魔をやっつけろ」のジェニファー・ジョーンズで他に「聖衣」のトリン・サッチャー「我が心に君深く」のイソベル・エルソム、マレイ・マシスン、ヴァージニア・グレッグ、「一攫千金を夢みる男」のスウ・ヨン等が出演する。音楽は「七年目の浮気」のアルフレッド・ニューマン、撮影は「足ながおじさん」のレオン・シャムロイ。色彩はデ・ラックスカラー。

1955年製作/101分/アメリカ
原題:Love is a Many-Splendored Thing
配給:20世紀フォックス

ストーリー

中国人とイギリス人のハーフで女医のハン・スーイン(ジェニフ ァー・ジョーンズ)は、国民政府の将軍の夫人だったが、良人が共産軍との戦いで戦死してからは、香港病院で働いていた。ある日、病院の理事長の家でカクテル・パーティが開かれたとき、彼女はアメリカの従軍記者マーク・エリオット(ウィリアム・ホールデン)と知り合った。マークにはシンガポールに妻がいるが、性格が合わないとでもいうのであろうか、夫婦仲は冷たかった。初めはスーインもマークと深入りしないように警戒していたが、何となく彼が好ましく、マークが仕事のためシンガポールに出かけたときなど、いい知れない淋しさに襲われるのだった。やがて、海へ遊びに行ってから、2人は完全な恋人同志になっていた。マークは妻と正式に離婚して、スーインと結婚すると誓った。だが彼の妻は離婚に同意しなかった。スーインはそれを聞いて、マークを優しくいたわるのだった。その後、マークがマカオに出張すると、スーインは理事長の反対を押しきってマカオに向かった。2人の楽しい週末もほんのひとときに過ぎない。朝鮮に戦争が起こったためマークは現地へ急行しなければならなかったからである。スーインは理事長にさからってマカオに行ったことから、病院に勤めることができなくなり、友達のノラの家に寄寓することになった。彼女は毎日マークに手紙を書き、また彼からの便りを読んで淋しさをまぎらしていたが、ある日マークは共産軍の爆撃で帰らぬ人となった。新聞でそれを知ったスーインは、マークと共に永遠の愛を語り合った思い出の町を歩いたが、再び病院に戻り医術に全生涯を捧げようと決心するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第28回 アカデミー賞(1956年)

受賞

作曲賞(ドラマ/コメディ) アルフレッド・ニューマン
衣装デザイン賞(カラー) チャールズ・ル・メア
主題歌賞

ノミネート

作品賞  
女優賞 ジェニファー・ジョーンズ
撮影賞(カラー) レオン・シャムロイ
美術賞(カラー)  
音響録音賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5名曲に隠された都合の良い恋

さん
2020年11月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1949年香港。ジェニファージョーンズ扮する女医ハンスーインは、パーティーでウイリアムホールデン扮する特派員マークエリオットと知り合った。マークは早速ハンに電話して誘い出した。ふたりは海辺で泳いだりもしたがハンは恋に落ちるつもりはなかった。だが、明日もと逢ううちにハンも徐々に心を開いていった。ハンはマークに妹のいる重慶へ行き頭を冷やしたいと言った。しかし、マークは重慶まで押しかけ、離婚するから結婚してくれと言った。叔父に相談したが、中国人が外人と結婚する事に余り良い返事はなかった。ハンは、マークのおかげでキラキラしていた。果たしてハンは離婚したマークと結婚出来るのか? 中国の壁は厳しかったね。テーマ曲は名曲なれど、結局のところ愛に芽生えた都合の良い愛人かな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
重

3.0理性と恋心の狭間で揺れ動くジェニファー・ジョーンズの艶やかな演技と名曲が響き合う

Gustavさん
2020年10月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、TV地上波

ベルギーと中国のハーフの女性医師ハン・スーインがイギリス人イアン・モリソンとの不倫関係を記した自伝を原作にした、1950年代ハリウッド映画を代表する恋愛映画。作品の出来は、残念ながら同年のデヴィット・リーンの「旅情」に遥かに及ばないものの、第二次世界大戦後のイギリス領香港の実状が垣間見られるところと、主演ジェニファー・ジョーンズの素晴らしい演技が貴重だ。スーインの娘を養女に変え、モリソンをアメリカ人特派員マーク・エリオットにした映画の設定から、ジョン・パトリックの脚本に見られる恋愛情緒を優先したストーリー構成は、二大スター共演のハリウッド映画の本流にある。サイレント映画時代から活躍するヘンリー・キング監督の熟練の演出と、その甘美さを体現して魅せるジョーンズの繊細で豊かな表現力。色鮮やかでタイトなチャイナドレスを着こなしたスタイルの美しさと、理性と恋心の狭間で揺れ動く女性心理の艶やかな感情表現が、まさに演技派スターの輝きを放つ。そして何より、サミー・フェイン作曲の主題歌”Love is a Many-Splendored Thing"(原題)が全編を覆い、ジョーンズの切ない女心と響き合う。対してウィリアム・ホールデンは、可もなく不可もなしの存在で印象が薄い。デ・シーカ監督の「終着駅」に次ぐジェニファー・ジョーンズの名演と音楽がすべての映画だと云えるだろう。

ただ今回46年振りに再見し改めて関心を持ったのは、中国国民党の将校だった夫を国共内戦で失い、愛する人を朝鮮戦争で奪われる戦争犠牲者ハン・スーインの過酷さである。父の故郷の重慶に住む親族は、大地主を窺わせる上流階級の生活様式を構えていて、スーインに中国人としての誇りを忘れないよう願っている。しかし、農地解放などの政策で貧しい農民の支持を受ける中国共産党が勝利し、未来は混沌としていた。そんな状況で朝鮮内乱が勃発、国共内戦ではアメリカの介入が混迷したが、ついに朝鮮半島で中国共産党軍とアメリカ軍が戦う羽目になる。戦後復興に国民一丸となった日本とは違い、犠牲者175万人の国共内戦と同300万人の朝鮮戦争が、その後70年経っても負の遺産として中国と朝鮮を今も苦しめ、国際問題の火種を抱えている。他国との戦争根絶以上に、国内の安寧が如何に大切かを教示するものだ。
劇中では、来世では性が変わるとエリオットに言われたハン・スーインが、(男にはならない、あなたに女の幸せを教わったもの)と答える。そんな甘い言葉を語れるように、”違う国には生まれたくない、幸せな人生を送れたこの国にまた生まれたい”と思えるような国にみんなが努力出来ればいいのだが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav

3.0北京の月は大きい!

kossyさん
2020年10月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

3.0反共思想映画だった!

2020年10月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

何度か観た映画だったが
NHKのBS放送を機に再鑑賞。

新たにこの映画は随分と反共思想に基づいた
作品でもあると認識。

この映画では、香港が共産主義支配からの
避難場所として機能していた時代を
映し出していたが、
現代の香港は既にその機能も
失われているという意味では、
隔世の感を禁じ得ないが、
逆に現代にも繋がっている作品とも
言えそうである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KENZO一級建築士事務所
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る