麦秋(1951)

劇場公開日

解説

製作は「自由学校(1951 渋谷実)」「虎の牙」に次ぐ山本武。脚本は「宗方姉妹」と同じく野田高梧と小津安二郎との共同執筆。監督は「宗方姉妹」に次ぐ小津安二郎作品。撮影は常に小津作品を担当する厚田雄春。出演者は、「西城家の饗宴」の菅井一郎、「自由学校(1951 渋谷実)」(松竹)の笠智衆、淡島千景、杉村春子、高橋豊子、「白痴」の原節子、東山千栄子、「天明太郎」の佐野周二、「あゝ青春」の三宅邦子、「恋文裁判」の二本柳寛、「初恋トンコ娘」の井川邦子などである。

1951年製作/124分/日本
配給:松竹

ストーリー

間宮周吉は北鎌倉に住む老植物学者である。息子康一は医者で東京の某病院に通勤、娘紀子は丸ノ内の貿易会社の専務佐竹宗太郎の秘書である。佐竹の行きつけの築地の料亭「田むら」の娘アヤは紀子と学校時代からの親友で二人共未婚であるが、安田高子と高梨マリの級友二人はすでに結婚していて、四人が顔を合せると、未婚組と既婚組とに対立する。折から間宮家へは周吉の長兄茂吉が大和の本家より上京して来たが、紀子の結婚談が出る。同時に佐竹も自分の先輩の真鍋という男との縁談をすすめる。間宮家では、周吉夫婦をはじめ康一たちも佐竹からの話に乗り気になり、紀子も幾分その気になっているが、古くから間宮家の出入りである矢部たみの息子で、康一と同じ病院に勤めている謙吉が、急に秋田の病院へ転勤するときまったとき、謙吉こそ自分の結婚すべき相手だったことに気がつく。謙吉には亡き妻との間に光子という三才の遺児があり、恒産もないので、間宮家では四十歳ではあるが、初婚で、善通寺の名家の出である真鍋との結婚を希望するが、紀子のたっての希望を通してやることにする。紀子は秋田へ去り、周吉夫妻も大和の本家へ引きあげて行く。その大和はちょうどさわやかな麦秋であった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0初夏です。

としさん
2022年7月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2022年7月31日
映画 #麥秋 (1951年) 鑑賞

嫁と姑で結婚を決めるとは、しかもその後に「アンパン食べる?」

なかなか渋いシーン

#杉村春子 先生はこの時既におばあさん役をやられてたんだな

女性は幸せな結婚を求められていた時代の作品ですね
若い女性が見たらどう思うのかな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

3.5様々な人間模様と円環の物語。リアルサザエさん。

2022年6月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

悲しい

内容は、小津安二郎監督の紀子3部作の2作品目の映画。原節子演じる紀子を中心に家族の繋がりと周りの環境などに左右されながら自分自身を見つめ直し人生の初夏を考えさせられる結婚観と家族観の物語。好きな言葉は『大和は、まほろばぢゃ』『若い者の邪魔したら悪い』の言葉の対比が奈良の山奥は大和と生老病死の円環から具体的に映像にした所が凄い。『灯台元暗しって言うぢゃない』結婚を決めたこの言葉の裏に、戦争で帰らず終いの紀子の兄の省二の面影を補完するかの様に、その省二の友達に嫁ぐ決心をした所が戦争の色恋し呪われた時代だなぁと感じた。『カナリヤの餌買ってくる』も南方戦線で帰って来ない子供の省二を何時迄も思っている親心が胸を締め付ける。好きなシーンでは、紀子1人お茶漬けのシーンと砂浜のカメラを垂直に上げるシーンが印象的でした。フィックスで撮る事が多い小津安二郎作品ですが、ツケパンやカメラが動く所は特にアクセントが効いて楽しかったです。物憂げそれぞれの心に空いた穴を表している様な余韻のあるシーンは味があって非常に好きです。終始家族円満家庭の中に戦争🪖で、埋められない穴があき、それぞれが手を取り合いながら必死に生きていこうとすると同時に、虚無感や厭世感が覗かれ老人といわれる人生の終焉にあたる人は、人生を振り返り纏める様な寂しくもあり嬉しくもあり作家性のある台詞には名作と言われる所以かと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
コバヤシマル

5.0今回は兄妹

2022年5月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

妹(原節子)は28歳独身、兄(笠智衆)をはじめ一家は結婚させることが課題となっていた。
勤め先の上司から紹介された、ひとまわり歳上の男との縁談にのめり込んでいくが、当人はすましている。
登場人物のキャラがしっかりと描かれ、人間関係も納得の展開で楽しめる。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン

4.5娘目線、親目線交互に見れる。

fukui42さん
2022年1月30日
iPhoneアプリから投稿

・娘が縁談を渋る話ですが。昭和の大家族の生活が垣間見れるし。
親が「今が一番いい時かもしれん」と思いつつも、子供たちのことを考えたら。
元気でいれば離れて暮らしても、また会える。そうだよね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
fukui42
すべての映画レビューを見る(全27件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る