アメリカン・ヒストリーX

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
アメリカン・ヒストリーX
32%
53%
12%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

カリフォルニアの高校に通うダニーは、尊敬する兄デレクが刑務所を3年振りに出所する日、校長に呼び出される。「兄弟をテーマに作文を書け。タイトルは『アメリカン・ヒストリー X』……」デレクは地元のスキンヘッド(白人至上主義グループ)のリーダーとしてカリスマ的な存在だった。彼がその道に足を踏み入れたのは、父が黒人のドラッグ・ディーラーに殺されたことがきっかけだった。

1999年製作/120分/アメリカ
原題:American History X
配給:日本ヘラルド映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0憎しみの連鎖は終わらないのか

Daiconさん
2019年8月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Daicon

3.0いじめ良くない、かっこ悪い

2019年5月1日
iPhoneアプリから投稿

人種差別は壮絶なんだろうな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マルボロマン

4.0 父親を黒人に殺された経緯があるため、極端な人種差別主義となったデ...

kossyさん
2018年10月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 父親を黒人に殺された経緯があるため、極端な人種差別主義となったデレク。「アメリカはヨーロッパの白人が繁栄させたんだ」といきまく姿がおぞましい。エドワード・ノートンがまた似合っているのだ。ハーケンクロイツの刺青、DOCというネオナチグループを結成していた。たまたま家の車を盗もうとした黒人を撃ち殺してしまったために刑務所行きとなったが、雰囲気からしても更正できるはずがない・・・と、そんなノートンだったのに出所後は人が変わったように改心していたのだ。そして、ネオナチの先鋒になっていたのが弟のダニー(ファーロング)。

 憎しみ、怒り、全ての憤りの矛先を黒人、黄色人種、ユダヤ人に向けていたデレク。刑務所ではレイプもされるし、いいところはひとつもない。弟の面会には応じなかったが、母親や校長の面会は受け入れた。「家族を守ること」そして「怒らないこと」。

 過去においては悪のヒーロー扱いもされていたようなデレク。DOCの会合ではいきなり脱退を申し出る・・・それにしても歓迎会でヘビメタのコンサートまで付いているとは・・・なんだかネオナチの象徴がヘビメタであるような気もしてくる。そういえばヘビメタバンドって、黒人がいないような気もする。

 弟も「家族を守る」ことに納得して、兄の気持ちを受け止めるが、事態は抗争にまで発展しそうになり、弟が悲惨な結末を迎える。なんともやりきれない。死んでからも弟の「アメリカン・ヒストリーX」の宿題が続く・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

1.0アメリカン・ヒストリーX

Fayçalさん
2018年9月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

愚かで過大評価。無礼な暴力を非難するという口実で、無礼な暴力が示されている。人種差別を非難するという口実で、この愚かな過激派の許されない行為を許す。そしてそれは不器用に人間化されている。さらに、ステージングは​​フラットです。俳優たちは誇張している。劇的な結び目を示すためのヴァイオリン。ストーリーはクリシェでいっぱいです。しかし、基本に戻るために、この映画はほとんど珍しい愚かさです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Fayçal
すべての映画レビューを見る(全29件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「アメリカン・ヒストリーX」以外にこんな作品をCheck-inしています。