動乱

劇場公開日

10%
28%
48%
14%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

高倉健と吉永小百合が初共演を果たし、五・一五事件から二・二六事件までの激動の時代を背景に、寡黙な青年将校とその妻の愛と生きざまを2部構成で描いた大作映画。「日本沈没」「八甲田山」の森谷司郎が監督を務め、「華麗なる一族」の山田信夫が脚本を担当。昭和7年4月、仙台連隊。宮城啓介大尉が隊長を務める中隊の初年兵・溝口が脱走した。溝口の姉・薫が、生活苦のため千円で芸者に売られようとしていたからだ。溝口は捜索隊の上官を殺してしまい、銃殺刑に処せられる。宮城は父に用立ててもらった千円を香典として薫に手渡す。五・一五事件が発生し、陸軍内部の皇道派と統制派の対立が激化する中、宮城は部下から脱走兵を出した責任を問われ、朝鮮の国境守備隊へ異動を命じられる。そこで彼は、芸者になった薫と偶然にも再会する。2020年11月6日~、東京のT・ジョイPRINCE品川ほかにて4Kデジタルリマスター版をリバイバル公開。

1980年製作/150分/日本
配給:東映
日本初公開:1980年1月15日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第4回 日本アカデミー賞(1981年)

受賞

主演男優賞 高倉健

ノミネート

作品賞  
主演女優賞 吉永小百合
助演男優賞 田村高廣
助演男優賞 米倉斉加年
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)東映・シナノ企画

映画レビュー

1.5二・二六事件が全く分からない

2022年3月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

森谷司郎監督の超大作であり、二・二六事件を描きつつ男女の愛や死生観なども描こうとしたようだが、二・二六事件が何故・どのような経緯で起こされたのかが全く分からない映画になってしまっている。

二部構成から成り、第一部「海峡を渡る愛」は軍人(高倉健)と貧困で売られていく女性(吉永小百合)の出会いが描かれていて、五・一五事件が起こるものの事件の経緯が殆ど分からず。また、吉永小百合が遊女になる…というのも、日活映画での「清楚なよいこ的イメージ」が強いので、ちょっと無理がある感じ。
二部「雪降り止まず」は、二・二六事件を描こうとしている雰囲気はあるが、高倉健と吉永小百合が籍を入れずに夫婦同然で暮らしているものの、いわゆる「夫婦生活」は無い。そのため、吉永小百合が高倉健に「私の身体が汚れているから抱いてくれないのですか?」などと問い詰める場面がある。

全体的に、映像は本作の監督=森谷司郎が頑張っていて、山本薩夫監督作品っぽい骨太に見える素晴らしさだが、脚本が残念。
沢井信一郎が助監督をしており、本作の直後に澤井信一郎監督としてデビューして、あの大傑作『Wの悲劇』を作る。澤井監督が森谷司郎監督の指導を受けていたのか…。

やはり、二・二六事件の発生経緯が皆目分からないのは致命的であろう。
スタッフ、キャストも豪華なだけに惜しい。

<映倫No.19659>

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
たいちぃ

5.0役者としてオーラを放つ、健さんと吉永小百合

2021年10月16日
PCから投稿

高倉健と吉永小百合主演だからというだけでこの映画観た方も多いだろうが、

少なからず衝撃を受けたのではないだろうか。

当時軍部は主に農村出身の皇道派と、都市部のエリート層統制派の二つの派閥があり、

皇道派は、農村部の貧困は天皇側近たちの君側の奸を成敗すべくクーデターを起こす。

あくまでも大雑把な理由だが、天皇中心の国家を保ちながらよりよい国家にしたい

との思いは純粋で忠心からの行動であったと思う。

もう健さんというだけで、いい役柄だとわかるわけで、その誠実で一本気な忠義は

観るものに伝わるだろうし、吉永小百合扮する妻の立場も、多くの女性は感情移入

したであろう。

226事件が改めて世に広まった功績は大きいと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
藤崎敬太

精神構造も異常な戦時中

さん
2021年10月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

高倉健扮する宮城啓介中隊長の配下の二等兵が脱走した。吉永小百合扮する二等兵の姉が売られていくからだ。そんな折五一五事件が勃発した。日本帝国陸軍規律は厳しかったものの戦時中はやはり精神構造も異常であったであろう。それにしても登場時の吉永小百合の可憐さは目を見張るものであったな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
重

3.5東映映画の転換点の1本

2020年11月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りゃんひさ
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る