動乱

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
動乱
動乱
9%
30%
48%
13%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

高倉健と吉永小百合が初共演を果たし、五・一五事件から二・二六事件までの激動の時代を背景に、寡黙な青年将校とその妻の愛と生きざまを2部構成で描いた大作映画。「日本沈没」「八甲田山」の森谷司郎が監督を務め、「華麗なる一族」の山田信夫が脚本を担当。昭和7年4月、仙台連隊。宮城啓介大尉が隊長を務める中隊の初年兵・溝口が脱走した。溝口の姉・薫が、生活苦のため千円で芸者に売られようとしていたからだ。溝口は捜索隊の上官を殺してしまい、銃殺刑に処せられる。宮城は父に用立ててもらった千円を香典として薫に手渡す。五・一五事件が発生し、陸軍内部の皇道派と統制派の対立が激化する中、宮城は部下から脱走兵を出した責任を問われ、朝鮮の国境守備隊へ異動を命じられる。そこで彼は、芸者になった薫と偶然にも再会する。2020年11月6日~、東京のT・ジョイPRINCE品川ほかにて4Kデジタルリマスター版をリバイバル公開。

1980年製作/150分/日本
配給:東映
日本初公開:1980年1月15日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第4回 日本アカデミー賞(1981年)

受賞

主演男優賞 高倉健

ノミネート

作品賞  
主演女優賞 吉永小百合
助演男優賞 田村高廣
助演男優賞 米倉斉加年
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)東映・シナノ企画

映画レビュー

3.5東映映画の転換点の1本

2020年11月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りゃんひさ

3.0一体何の映画であったのか、よくわからないまま長い2時間半が終わってしまう

あき240さん
2020年6月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

おそらく本作は、岡本喜八監督の「日本のいちばん長い日」と対になる映画を目指したのだと思います

本作は戦争に突入していく狂気
「日本のいちばん長い日」ほ戦争をやめさせようとしない狂気

どちらも陸軍の青年将校達の心情を描いています
そしてどちらも反戦映画であるのです
本作品もまた226事変の結末を通して反戦を訴えていると思います

本作をファシズムを賛美した映画であるという批判は本作を本当に観た上のものなのでしょうか?
余りにも上面だけの批判です

第一部での軍法会議と、第二部終盤の軍法会議の相似形のシーンは明らかに軍国主義への批判です

その中での男と女の物語、命を懸けての行動の中でこそ燃え上がる熱情
それを高倉健と吉永小百合でやるのだという狙いも分かります

ですがどっちつかずになってしまっています

皇道派の青年将校達の狂気と利用されただけの哀れさを描いて反戦映画とするのか?
その中で運命に翻弄される男女のメロドラマなのか?
226事変のドキュメントをリアルに描くのか?

全部やろうとしてみんな中途半端に終わってしまっていると思います
それが残念でなりません

反戦としてのテーマ性はどうか?
利用されただけだという結末は新聞記事の見出しだけで、分かる人だけが気がつけば良いという態度です

メロドラマはどうか?
終盤の面会室での縫い上がった着物の試着のシーンは、二人が初めて男女の関係となり肌を合わせた仮縫いのシーンとの相似形になっており、実はエロチックな筈のものです
ですから続く会話シーンこそメロドラマとしてはクライマックスであるにも関わらず、高倉健と吉永小百合の二人を横顔だけで長々写しています
こここそ吉永小百合のアップと大粒の涙があるべきではなかったのでしょうか
誰に感情移入させようとしているのでしょうか?

そして226事変のリアルな再現はどうか?
迫真のセットや美術、衣装、小道具、エキストラの動員
どれも素晴らしいものですが、ごく短く駆け足のダイジェストに過ぎず、緻密なクーデター計画とそれを阻止使用とする、米倉斉加年が演じる憲兵とのエスピオナージュ合戦的なものも匂わすくらいで、まるでないのです
それ故に、計画が大願成就したカタルシスも観客たる私たちは高倉健と分かち合えも出来ないのです
そしてまた、計画が潰えた時の絶望感もまたないのです

こうして一体何の映画であったのか、よくわからないまま長い2時間半が終わってしまうのです

森谷司郎監督にしては残念な出来映えというほかありません

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.0高倉健と吉永小百合

としさん
2020年3月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2019年3月9日 #動乱 鑑賞
#五・一五事件 から #二・二六事件 までの間の青年将校の生き様を描く。#高倉健 と #吉永小百合 の初共演映画。高倉健のギャラが2500万円と当時では破格だったらしい。ハリウッドに比べればかなり安いですよね。ちなみに吉永小百合のギャラは600万円だったらしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とし

4.5五社英雄の226と合わせて観てね

2019年10月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

高倉健さんの軍人はやはり海軍ではなく陸軍だなと感じる。松竹富士の226と比べると、226のほうが史実に近い描き方をしているが、本作は米倉斉加年演じる憲兵と健さんの鍔迫り合いが見どころ。米倉さんの「まっちろいおまんま…」のせりふで涙ぐむ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さすまー
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る