昭和残侠伝 唐獅子牡丹

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
昭和残侠伝 唐獅子牡丹
25%
62%
13%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「昭和残侠伝」でコンビの山本英明と松本功が共同でシナリオを執筆、第一作以来コンビの佐伯清が監督した“昭和残侠伝”シリーズ第二作目。撮影は「おんな番外地 鎖の牝犬」の林七郎。

1966年製作/89分/日本
配給:東映

ストーリー

大谷石の特産地として名高い宇都宮の石切場は、榊組をはじめとする、幾つかの組の者が仕切るならわしだったが、新興勢力左右田組の組長寅松は榊組をつぶし、縄張りを拡張しようともくろんでいた。この寅松には弥市、宗二、徳三の三人の息子がいたが、いずれも暴れ者揃いで町中の鼻つまみものになっていた。そうしたなかで花田秀次郎の弟分清川周平の許婚者くみに、弥市が横恋慕した。周平を思う秀次郎の弱味につけこんだ寅松は、周平、くみの縁結びを条件に榊組三代目秋山幸太郎を秀次郎に斬らせた。それから七年の歳月が流れ、秀次郎は刑務所を出た。今では石切場は、左右田組がはばをきかせ、幸太郎を失った榊組は、未亡人八重の必死の努力もむなしく斜陽の一途をたどるばかりであった。秀次郎は出所するとすぐ、心ならずも斬ってしまった幸太郎の墓参に寄った。そこには八重と幸太郎の忘れ形見和夫の姿があった。何も知らない和夫は秀次郎に甘え、八重も心よく秀次郎を家に招いた。そのころ榊組には、この山の持主田代栄蔵の口ききで陸軍省から石千トンの注文が舞いこんでいた。榊組は今までの不況をこれで一気にもり返そうと張切つた。だが一方の左右田組は御用達の注文から外され面白いはずはなく、手段を選ばぬ非道ぶりで、榊組の仕事を妨害した。またそのころ、影に陽なたに八重を助けて罪のつぐないをしようとしていた秀次郎も、八重をだまし続けることが出来ず、幸太郎殺しを八重に告白した。ちょうどその時、幸太郎と八重を結ばせるため自から身を引いて満州に渡っていた榊組の元幹部畑中圭吾が帰ってきた。事情を知った圭吾は秀次郎と対決した。しかし八重が必死に二人を止め、二人はその場を去った。が、目指すところは二人とも同じだった。寅松のいる左右田組に向う途中二人はばったり顔を合せた。志を一つにする二人は、互いの非をわび、ガッチリと手をにぎり合った。まず圭吾が、単身左右田組に殴り込み、宗二と相討ちで倒れた。そして次は秀次郎--凄絶な死闘の末秀次郎は寅松、弥市、徳三を斬った。よろめきながら一人山を降りる秀次郎の背中の唐獅子牡丹が鮮かであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0パラレルワールド

U-3153さん
2020年3月20日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
U-3153

4.0高倉健×池辺良の雪降る中の男同士の相合い傘

あき240さん
2019年12月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

もうタイトルバックに流れる主題歌が問答無用の破壊力を持っており、そこでもう勝負あったです

耐えに耐えて遂には復讐を遂げる物語で、基本シェーンの翻案と言って良いと思います
おじちゃん、行っちゃ嫌だ
おじちゃん、おじちゃーーん!
しかしローカライズが素晴らしく、見事に日本人の物語になっています

舞台設定を石切の町に置いたところがまた秀逸
これによって巨大な石切場で迫力ある情景だけでなく、ダイナマイトの多用まで説得力を持たせています
クライマックスの最終決戦もまた悪役の死に場所として相応しい筋書きとなっています

もちろん屋敷への殴り込みでの障子越しの殺陣は伝説のシーンです

高倉健×池辺良の雪降る中の男同士の相合い傘
見つめあう男と男

そっちの趣味は全く無いのですが、それでもぐっとくるものがあります
絶対に狙った演出としか思えません

流石に伝説となった映画だけあります
面白いです

子役の保積ペペ、大番頭役の花沢徳衛が特に素晴らしい

網走番外地で登場する8人殺しの老人鬼寅の事件の物語だったのかもしれません
年代的にあいます

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

5.0無口な男の語り方

dekamoさん
2017年11月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

楽しい

興奮

1966/1/13公開の昭和残侠伝シリーズ2作目。勧められて鑑賞。まったく世代じゃないけど、高倉健をはじめ、なくなっていたり超ベテラン俳優の若い姿と邦画の歴史的観点から。一度目は内容も質感も違い過ぎて寝落ち。頭を整理したタイミングで再び鑑賞。

主人公の性質を語りつつ、物語の中心となる重要なシーンから始まる。高倉健の立ち居姿がなんとも美しく、かっこいい。ちょうど今の東出昌大に似てる。一方、三田佳子の美しさは驚いた。こちらも立ち姿、よろけた姿、また着物姿、首筋・白い肌が美しい。上戸彩っぽいかなと思った。顔立ちは今の女優さんも並ぶけど、あの色気は出ないのかもしれない。

クライマックス、雪降る中、左右田組(そうだぐみ)のところへ向かう

アウトレイジはこんな作品が原点にあるのかなと思った。秀次郎と圭吾のバディ感。あの展開は盛り上がる。場所が変わって戦闘中盤からは相方が周平に代わる、というのには驚いた。
また、左右田組のキャラクターが豊か過ぎてよい。髭の親分に、眼鏡とたばことマッチョとキャッチー過ぎる。

通して、秀次郎(高倉健)が無口だけど態度で示してるところが惚れる。

人を斬って血が出ないと思いきや、カットが変わって血がついてるっていうのが気になりすぎた。今これやってたらすごい文句言われそう。ほんとの日本刀じゃないのかな、撲殺してるのかなとよぎった。
雪も発泡スチロールだなと。つまり、今の映像技術からくる没入感は素晴らしいんだと思う。しかし、日本人の美しさとか人間のつながりにぐっとくるというのはずば抜けてた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
dekamo
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「昭和残侠伝」シリーズ関連作品

他のユーザーは「昭和残侠伝 唐獅子牡丹」以外にこんな作品をCheck-inしています。