将軍家光の乱心 激突

劇場公開日

解説

将軍継承に絡み我が子・竹千代を殺そうとする徳川家光と、それを守ろうとする藩士達との攻防を描く。原作・脚本は「姐御(1988)」の中島貞夫と「花園の迷宮」の松田寛夫が共同で執筆。監督は「別れぬ理由」の降旗康男、撮影は「恐怖のヤッチャン」の北坂清がそれぞれ担当。主題歌は、THE ALFEE(「FAITH OF LOVE」)。

1989年製作/日本
配給:東映

ストーリー

将軍・徳川家光は性格、容貌が自分と似ていないという理由で長男・竹千代を嫌って佐倉藩に預け、次男・徳松を溺愛していた。その上将軍継承に絡み、阿部重次に対して竹千代を殺すよう命じていた。ある日、竹千代を幕府の刺客団が襲ったが、石河刑部ら凄腕の浪人達が護衛していたため、事無きを得た。佐倉藩主・堀田正盛が家光の陰謀を考えて備えていたのだ。石河刑部と家光、阿部の間にも因縁があった。かつて石河は妻を阿部によって家光の側女として無理矢理召し上げられていたのだ。それが、お方の方であった。幕府から竹千代に元服式を行うので江戸城へ出仕するよう命令がきた。罠と知りつつ竹千代は石河らに守られながら江戸城へと向かった。途中で幾度となく幕府の刺客に襲われたが、命知らずの浪人達は竹千代を守り抜いた。石河も一騎打ちの末、阿部を破ったのだった。石河も命を投げうって、竹千代を江戸城のへと導き、死に際に矢島局に小刀を渡して竹千代を頼んだ。家光はお万の方に竹千代を毒殺するよう命じたが、かつての夫・石河が命を賭けて守ろうとした竹千代を殺すことはできなかった。家光はついに自分の手で竹千代を殺そうとするが、矢島局に小刀で刺されたのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第13回 日本アカデミー賞(1990年)

ノミネート

監督賞 降旗康男
主演男優賞 緒形拳
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0命をかけて

2022年8月7日
Androidアプリから投稿

戦い、守り、散っていった漢達の勇姿は幼子の目にどう写ったろうね。

緒形拳、千葉真一をはじめ昭和の名優達の演技や殺陣が凄く良かった。
人馬と火薬を目一杯使った迫力あるシーンが多く、また藩士達のそれぞれに活躍の場があり良い。挿入歌も時代劇にしては珍しくロックな感じ。合ってるかどうかはなんとも言えないけど。

一番の見所はやはり緒形拳と千葉真一の一騎討ち。そしてそこからの敵陣突破が熱い。
また、江戸城での松方弘樹、京本政樹、二宮さよ子の迫真の演技も良かった。特に二宮さよ子の狂気の演技がなぜか印象に残りました。

現代の時代劇とは別物の迫力を感じる映画でした。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カミムラ

4.0アクションエンタメ時代劇。メインの物語の他に、石河刑部=いごうぎょ...

2022年5月25日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
collectible

3.5主役級鬼籍の俳優たち

さん
2022年2月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

世継ぎ竹千代が根来衆に襲われたが緒形拳扮する石河刑部らが防いだ。緒形拳はじめ丹波哲郎、松方弘樹、千葉真一らいずれも主役級鬼籍の俳優たちが大活躍。皆個性的で貫禄満点、迫力あるよね。冒頭戦闘シーンからなかなか辛辣な表現が続いて千葉真一が目立つね。以前観た事がある映画だが、一段と新鮮に観られたよ。でも馬が可愛そうだったね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
重

2.5今は無理かも

2022年2月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

長男を嫌った家光は殺すように命じるが、家臣団には長男を守る一派がいた。
ほとんど逃げるだけの展開だが、アクションが危なっかしく、お馬さんが可愛そうだった。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る