小早川家の秋

劇場公開日:

解説

他社進出三本目として小津安二郎がメガホンをとるホームドラマ。脚本は「秋日和」につづいて野田高梧と小野安二郎のコンビが執筆。撮影は「女ばかりの夜」の中井朝一。宝塚映画創立十周年記念作品でもある。昭和36年度芸術祭参加作品。

1961年製作/103分/日本
原題:The End of Summer/Early Autumn
配給:東宝

ストーリー

秋子は小早川家の長男に嫁いだが、一人の男の子を残して夫に死なれてからは御堂筋の画廊に勤めている。代々、造り酒屋で手広い商売をしてきた小早川家も、万兵衛が六十五になり今は娘の文子のつれあい久夫に仕事が渡り、万兵衛は末娘の紀子と秋子をかたづけるのに頭をつかっていた。文子たち夫婦も、店の番頭信吉、六太郎も、この頃、万兵衛の妙に落着かない様子に不審を抱いていた。或る日、六太郎は掛取りを口実に万兵衛の後をつけた。万兵衛は、素人旅館「佐々木」に入っていった。女道楽ばかりしてきた万兵衛で、競輪の帰り十九年振りにバッタリ逢った焼け棒杭がつねだった。つねは百合子と二人で暮らしていて、百合子は万兵衛をお父ちゃんとよんでいる。秋子には、万兵衛の義弟に当る弥之助の世話で磯村との話が進んでいた。磯村は一生懸命であるが、秋子の気持はどうもふんぎりがつかない。一方、紀子もお見合いをしたもののこれも仲々決めようとしない。紀子は、札幌に行った大学助教授寺本に秘かな愛情を寄せていた。亡妻の法事の日、嵐山で一晩楽しく過ごした小早川家一族は、万兵衛の病気で大騒ぎとなった。心臓が痛いというのである。が、翌朝になって万兵衛は、ケロリとして起き上り皆を驚かした。万兵衛はその日にまた佐々木の家に行った。万兵衛はつねと一緒に競輪を楽しみ、その晩佐々木の家で心臓の発作を起して息を引き取った。お骨ひろいに一家は集った。久夫はいよいよ合併が近いことを洩らした。小早川家の商売も、大資本の波におしまくられ企業整理のキッカケが、万兵衛という柱が亡くなって一遍にやって来たのだ。文子は「小早川の家が何とかもったのも、お父ちゃんのお蔭やったんや」とつくづく思った。紀子は札幌に行く決心をした。秋子も心から賛成したが、自分は再婚しないで今のままでいようと思った。火葬場の煙は一族の者にそれぞれの思いをしのばせながら秋めいた空に消えていくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.58時23分でした…

2022年10月7日
iPhoneアプリから投稿

小津映画は古き良き侘び寂びの日本文化を体現しており〜みたいな言説を見かけるたびにいやいや違うだろと思う。

個人的にはもっとこう、ブラウン管から流れてきてほしいというか。だって考えてもみれば我々を生き写しにしたような素朴な人々が素朴に動いてる映画なんだからそもそも必要以上に気張る必要なんかないよな、と思う。そんなわけで本作も自宅で大笑いしながら見た。

もう本当に所作の至る所に人間の微笑ましい愚かしさが滲み出ていて、特に笑いどころでなくても顔が弛緩してしまう。孫とかくれんぼするフリをして京都まで逢瀬に出かけるジジイのせせこましさよ。そんなジジイを見つけてバンバンと銃で撃つフリをする孫も孫だ。お前『お早よう』に出てた頃からなんも変わってねーな!

ジジイが愛人の家で死んでいる(死ぬのではなく既に死んでいるというのがよすぎる)のを息子と娘が見たときの反応もいい。8時23分でした…と団扇を冷静に仰ぐ愛人も間が抜けている。

しかし本作のMVPは杉村春子演じるジジイの妹だろう。彼女は葬式の席に現れるや否や死んだジジイの不謹慎な悪口を矢継ぎ早に連発する。前に倒れた時に死んじまったらよかったんだ、と。そうかと思えば「…でも本当に死んじまったら終わりじゃないか」と不意に涙を流す。この緩急がたまらない。それにつられて長女の新珠美千代が涙を浮かべるのも素敵だ。

ジジイの破天荒な生き様と死に様を目の当たりにした次女の司葉子が「自由に生きてみたい」と言って想い人の暮らす北海道へ行くことを決め、それを長男未亡人の原節子が「私もそうするのがいいと思ってた」と鼓舞するシーンは少し切ない。既に子持ちの原節子は少しばかり胸中にわだかまっていた夢と欲求を、若々しい司葉子の決断に一切合切明け渡す決心をしたのだと思う。

ラストシーンは爽やかな秋晴れの空だというのに終始不穏なBGMが流れていて怖かった。火葬場付近の水場に集まるカラスたちも何か不吉な予示のように思えた。

近代日本の家族制度をフラットに見つめ続けた小津安二郎は、図らずしてその崩壊の予兆を作中の節々に覗かせていた。本作もまたそのような未来予想図の一つとして、しかしなおかつ優れた家族映画としてこれからも長く記憶されるべき一作であると思う。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
因果

3.5個人評価:3.6 原節子が美しくまた優しく、なんともうっとりと眺め...

2021年9月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.6
原節子が美しくまた優しく、なんともうっとりと眺めてしまう。観音様を見る様に見てしまうのは私だけでしょうか。
小津作品ではいつも同じ様な、未亡人的な影のある役柄だが、またそれが達観しており、いっそう可憐さを増す。
最後のシーンがなんとも意味深で、それまでの家族劇としての見方が、がらりと変わるかの様だ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
カメ

3.0暗めの小津作品

2019年11月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
kossy

4.0小津監督作品の番外編ながら名品だと思います

2019年10月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

原節子41歳
まだまだ十分に美しいです
ですが流石に娘役はもう無理で、大きな子供のいる後家さんの役で司葉子の相談相手という脇役としての登場です
原節子と小津監督のコンビは本作が最後となりました
彼女は冒頭から登場しますが本作では主人公ではありません

実質的な主人公は造り酒屋の主人の小早川万兵衛です
中村鴈治郎が見事な演技を見せます
その周囲に様々な女性が衛星のように巡る物語です

関西を舞台に東宝のスターを使った特番的風情ですが、そこは小津監督です
大満足のクオリティで圧倒されます
とにかく新珠三千代が素晴らしく、小津監督の作風に大変にマッチしています
彼女の持つ気品と気位がピタリとはまっているのでしょう

司葉子が本作のヒロインなのですが、現代的な雰囲気が今一つ溶け込んでいないように思えました

小津監督作品の常連俳優も登場します
加東大介も冒頭から登場して森繁久彌とつばぜり合いをして見せますが、少し遠慮がち
というか森繁久彌が前に出過ぎ気味です
笠智衆は顔見せ程度のチョイ役で本当にゲスト出演という体
杉村春子も出番は少ないもののクライマックスでの放言しての笑いから号泣への自然な移行の演技は見事

小津監督作品の番外編ながら名品だと思います
心から楽しめる作品です

コメントする (0件)
共感した! 1件)
あき240
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「小早川家の秋」以外にこんな作品をCheck-inしています。