月光の囁き

劇場公開日

42%
32%
21%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

純粋であるが故に、歪んだ愛欲の世界に落ちていく高校生カップルの姿を描いた青春エロス。監督は、本作で長編デビューを果たした『露出狂の女』の塩田明彦。喜国雅彦による同名コミックを基に、塩田監督と「蜘蛛の瞳」の西山洋一が共同脚色。撮影を「CHAKA〈チャカ2〉」の小松原茂が担当している。主演は、「富江」の水橋研二と「HEAVENZ」のつぐみ。スーパー16ミリからのブローアップ。

1999年製作/100分/R15+/日本
配給:ビターズ・エンド

ストーリー

北綾高校の剣道部に所属する拓也と紗月は、秘かに寄せていた想いを実らせ交際を始めた。ところが、拓也には人には言えない異常な性癖があったのである。それは、紗月の持ち物や写真を集めては自慰に耽ること。ある日、拓也の家に遊びに来た紗月は、拓也の部屋で自分の小便の音を録音したテープを発見してしまう。拓也の異常な性癖を知った紗月は拓也と別れ、彼女に好意を寄せる剣道部の先輩・植松と当てつけのようにつきあい始めるが、それはかえって拓也を喜ばせる結果になった。紗月の犬になりたいと言うマゾヒストの拓也に、やがて紗月のサディスティックな一面が開花する。植松とのデートやセックスをこっそり覗かせる紗月の責めに、変態と罵られても自分の本当の姿をさらけ出し、ひたむきに応えていく拓也。そんな折り、紗月は植松に真剣に愛を告白され、動揺してしまう。翌日、山間の温泉へ拓也と植松を呼びだした紗月は植松の前で拓也を犬として扱い、彼に滝壷に飛び込んで死ねと命令する。一命を取り留めたものの、足を骨折して入院した拓也。飲み物を買いに行けと命令する紗月に、あくまで彼は従順である。そんな拓也に、紗月はギプスが取れたら海に行こうと誘う。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5本当の自分は受け入れられるだろうか?

十ロ九さん
2020年5月31日
iPhoneアプリから投稿

友達

恋人



兄弟

姉妹

近しい人間関係の人間に

私たちは

どこまで本当の自分を見せているだろうか

また見せるべきなのだろうか

こんな話を聞いたことがある

本当の自分を知りたければ

自分の部屋を閉めた後の自分を思い出せばいい

この映画は

不幸にも

本当の自分が変態だったこと

そして

それに純粋に向き合ってしまうことで

傷付き、苦しむことが描かれる

極端な話であるも

だれもが思い当たる

本当の自分を人に曝け出すとまどいの

普遍性が描かれている

私は

この映画のラストの美しさと切れ味は、

生涯ベスト級である

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
十ロ九

2.5変態からスタート

2020年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

高校生カップルが誕生するが、男が原因でセックスがうまくいかない。
男はマゾヒストで彼女からイジメられたい願望が強いので、彼女は離れるのだが・・・。
恋愛に主従関係はつきもの。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0隠したい性癖

kossyさん
2019年7月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 付き合い始めて最初のベッドイン。紗月が痛がったために未遂(ちょっとだけ挿入か?)で終わったが、帰り際、紗月がトイレにはいったとき小便の音を録音してしまった。その後、テープを紗月に見つかり、「変態!」と言い残して彼女は帰って行った。拓也の異常な性癖を知った紗月は、彼女に好意を寄せる剣道部の先輩・植松と当てつけのようにつきあうが、それはかえって拓也を喜ばせる結果となった。紗月の犬になりたいと言うマゾヒストの拓也に、紗月のサディスティックな一面が開花してしまう。

 植松とのデートを見守らせたり、挙句の果ては、押入れに拓也を潜ませて2人のセックスを見せつけるという行為にまで発展する。じっとこらえてさえいれば、絶交は免れる。そんな一途な想いで“犬”としての関係に甘んじる拓也であった。そして、紗月は一人で温泉へと出向き、そこへ植松と拓也を呼びつける。滝壺に落ちて死にたいと思ったけど、なんでそんなことせなあかんの?「お前が死ね」・・・喜んで死ににいった拓也・・・結局は大怪我で終わったが、これじゃR15になる理由もわかる。

 最後は爽やかにSとMの関係・・・というより純愛か?独占欲もないし、痛みも感じない拓也。女のほうはそれが原因でSになったという心理。しかし、高校生という異常な設定と、“死”に対する描写が納得いかない。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.5お前の勝ちだ!

Peinyoさん
2019年1月7日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Peinyo
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る