劇場公開日 1999年10月23日

月光の囁きのレビュー・感想・評価

3.96
42%
32%
21%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全6件を表示

3.0隠したい性癖

kossyさん
2019年7月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 付き合い始めて最初のベッドイン。紗月が痛がったために未遂(ちょっとだけ挿入か?)で終わったが、帰り際、紗月がトイレにはいったとき小便の音を録音してしまった。その後、テープを紗月に見つかり、「変態!」と言い残して彼女は帰って行った。拓也の異常な性癖を知った紗月は、彼女に好意を寄せる剣道部の先輩・植松と当てつけのようにつきあうが、それはかえって拓也を喜ばせる結果となった。紗月の犬になりたいと言うマゾヒストの拓也に、紗月のサディスティックな一面が開花してしまう。

 植松とのデートを見守らせたり、挙句の果ては、押入れに拓也を潜ませて2人のセックスを見せつけるという行為にまで発展する。じっとこらえてさえいれば、絶交は免れる。そんな一途な想いで“犬”としての関係に甘んじる拓也であった。そして、紗月は一人で温泉へと出向き、そこへ植松と拓也を呼びつける。滝壺に落ちて死にたいと思ったけど、なんでそんなことせなあかんの?「お前が死ね」・・・喜んで死ににいった拓也・・・結局は大怪我で終わったが、これじゃR15になる理由もわかる。

 最後は爽やかにSとMの関係・・・というより純愛か?独占欲もないし、痛みも感じない拓也。女のほうはそれが原因でSになったという心理。しかし、高校生という異常な設定と、“死”に対する描写が納得いかない。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

4.5本当の自分は受け入れられるだろうか?

十ロ九さん
2020年5月31日
iPhoneアプリから投稿

友達

恋人



兄弟

姉妹

近しい人間関係の人間に

私たちは

どこまで本当の自分を見せているだろうか

また見せるべきなのだろうか

こんな話を聞いたことがある

本当の自分を知りたければ

自分の部屋を閉めた後の自分を思い出せばいい

この映画は

不幸にも

本当の自分が変態だったこと

そして

それに純粋に向き合ってしまうことで

傷付き、苦しむことが描かれる

極端な話であるも

だれもが思い当たる

本当の自分を人に曝け出すとまどいの

普遍性が描かれている

私は

この映画のラストの美しさと切れ味は、

生涯ベスト級である

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
十ロ九

4.5すごい映画。 青春モノとしても最高かも。 原作漫画も監督もキャスト...

yonda?さん
2017年1月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

幸せ

すごい映画。

青春モノとしても最高かも。

原作漫画も監督もキャストもすごく良いです。
変態じゃなくても共感できる。

「ギブスとれたら海でもいこか」→運命の人♪
すごいなあ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

2.5変態からスタート

2020年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

高校生カップルが誕生するが、男が原因でセックスがうまくいかない。
男はマゾヒストで彼女からイジメられたい願望が強いので、彼女は離れるのだが・・・。
恋愛に主従関係はつきもの。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5お前の勝ちだ!

Peinyoさん
2019年1月7日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Peinyo

4.5切なくて悲しくて・・・

2012年2月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

興奮

 いやぁ~・・・・なんか心が痛いっす。

とてもいい映画です。ただ、普通の人にはこれ理解できないでしょうね。
他人の批評でもそう言う意見が多かったですし。
私はよぉぉぉぉぉぉくわかっちゃったりするんですが・・・

人を好きになるとさ、ってこれは私だけかもしれませんが、そのすべてのことが愛おしくなってきてしまう訳よ。極端に言えば他人が汚いと思う者まで綺麗と思ってしまう。まあ、あまり極端過ぎると変態ストーカー呼ばわりされてしまうのですがね。

こういう真性ドMな私ですから、主人公の取る行動も頷ける。例えば写真にしたって、目の前に彼女の写真があろう物なら黙ってこっそり持っていくなんてのはさぁ、私昔やりましけど(ごめんなさい)。まあブルマやら靴下やらましてや何の音は録音しませんでしたがね、それに負けないくらいの好きという情熱はありましたよ。

で、後半の行動もわかるんだよねぇ。
一緒に居られればそれでいい。同じ空間に居ることが幸せ。
だからたとえ、いじめられても、冷たい視線を浴びせられても、そこに愛はなくても、それはそれでとても素敵な時間であるのですよ。だからセックスって結構二の次だったり。いやもっと下かもしれません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
青山大輔
「月光の囁き」の作品トップへ