君よ憤怒の河を渉れ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
君よ憤怒の河を渉れ
6%
33%
35%
20%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

無実の罪を着せられた現職の検事が、執拗な刑事の追跡をかわしながら真犯人を追っていくアクション映画。原作は西村寿行の同名小説。脚本は「金環蝕」の田坂啓、監督は脚本も執筆している「新幹線大爆破」の佐藤純彌、撮影は「金環蝕」の小林節雄がそれぞれ担当。

1976年製作/151分/日本
配給:松竹

ストーリー

東京地検検事・杜丘冬人は、ある日、新宿の雑踏の中で、見知らぬ女から「強盗殺人犯」と騒がれた。水沢恵子と名乗る彼女は、なおも「現金20万円とダイヤの指輪を盗まれ、強姦された」と叫んだ。その場で緊急逮捕された杜丘を、別の男寺田俊明が「この男にカメラを盗まれた」と供述した。勿論、杜丘には身に覚えのないことだったが、証拠が揃いすぎていた。完壁な罠だ。杜丘は、家宅捜査の隙をみて逃亡した。新聞は“現職検事が凶悪犯”“社丘検事即日免職”と書きたてた。杜丘は水沢恵子を捜しに彼女の郷里、能登へ向かった。恵子は本名を横路加代といい、寺田は彼女の夫の横路敬二と判明した。だが、その時にはすでに加代は殺されていた。杜丘は、加代あての手紙から、横路敬二が、北海道の様似に居ることを知り、北海道に飛んだ。杜丘の逮捕状は「強盗犯」から「横路加代殺人容疑」にきりかえられた。その頃、警視庁捜査一課の矢村警部は、横路の経歴を洗い、彼がモルモットやハツカネズミを飼育し、製薬会社の実験用に売りさばいていたことをつきとめたが、杜丘との関係はでてこなかった。北海道様似で、杜丘は横路の家を見つけたが、そこには刑事が待ちうけており、杜丘は警察の手を逃れて、日高山中の林の中に逃げ込んだ。だが、その杜丘を、散弾銃を待った二人の男が追って来た。逃げる杜丘はある事件を回想した--。ホテルのレストランから飛び降り、即死した朝倉代議士。証人である政界の黒幕・長岡了介は飛び降り自殺だと言い、矢村警部は自殺説を主張し、杜丘は他殺説をとった。あの日、杜丘は朝倉の妾が経営している新宿の小料理屋に聞き込みに行った。そして、横路加代がいきなり--。矢村の追跡は執拗だった。その非常線を突破して、深い森の中に入り込んだ杜丘は、獣の罠に仕掛けてあった銃をとりはずした。その時、巨大な熊が、若く美しい女にいましも襲いかかろうとしていた。熊めがけて発砲した杜丘だが、その瞬間、銃も杜丘もはねとばされ、激流に落ちた。翌日、杜丘は、遠波牧場の寝室のベッドで目を覚ました。昨日、熊に襲われそうになった牧場の娘、真由美が、今度は杜丘を救ったのだった。真由美の父、遠波善紀は北海道知事選に立候補中だったので、一人娘が杜丘に好意をよせているのに困惑していた。が、彼の秘書の中山が警察に通報した。真由美は杜丘を奥深い山の中の小屋にかくまった。しかし、食料を運ぶところを矢村に尾けられ、杜丘は逮捕された。その時、いつかの熊が三人を襲い、矢村が負傷した。杜丘と真由美は矢村を介抱したが、気がついた矢村がなおも杜丘を逮捕しようとしたので、杜丘は再び逃げた。岩場の穴に逃げ込んだ杜丘と真由美は二人の愛を誓い合った。一方、遠波は、娘のために知事選をあきらめ、杜丘を逃がす決心をした。牧場の周囲は警察が包囲しているため、自家用セスナ機を杜丘に提供した。操縦のできない杜丘だが、命を賭けた。止めるようにと絶叫する真由美を後にセスナは本州へと飛びたった。セスナは東京付近の海岸に着水し、杜丘は、警察の裏をかいて東京に潜入した。その頃、真由美も牧場の仕事で東京に来ており、杜丘が新宿で警察に包囲されていた時、馬を暴走させ杜丘を救出した。やがて、杜丘は横路が何者かに強制収容された精神病院に患者を偽って潜入。長岡了介が院長・堂塔に命じて、秘かに新薬の生体実験をしているのをつきとめた。やがて院長は自殺。今では杜丘に協力している矢村とともに杜丘は、長岡を射ち殺した。そして、検事に復職するように、と言う伊藤検事正に「二度と人を追う立ち場にはなりたくない」といって断わり、真由美とともに去って行くのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0本作の原作者も製作者も監督も、中国共産党も意図しなかったメッセージを本作をこの21世紀に於いても今なお発しているのだ!

あき240さん
2020年5月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

呆れた、これほど酷い映画も久々に観た
何も言いたくない

では何故こんな映画が、中国でそれほどの大ヒットになったのだろう?そこを考えてみると評価が少し変わった

映画のクオリティが受けたなどではないのは明白だ
中国共産党からすれば、悪の黒幕は日本の政権与党と覚しき軍国主義復活を目論む極右政治家でありそれを倒す映画なのだから何も問題はない
むしろ政治的に奨励すべきだ

しかし、中国の一般大衆は違った視点で本作を観たのではないか?

同じ東洋人の日本人、それも敗戦国で焼け野原にされた国がこれほどに豊かな暮らしをしているその事に衝撃を受けだのだ
そして圧倒的な力を持つ権力者に楯突く映画が自由に撮れる国であることに驚愕したのだ
なにしろラストシーンは国家権力の象徴である国会議事堂に背を向けてヒーローとヒロインが颯爽と胸を張って歩くのだ!

翻って当時の中国の現状はどうだったか?
世界最貧国ラインの貧しい暮らし
十数億人の中国人民は大躍進と文化大革命という政治的な大災害を経て、飢餓と理性知性の破壊の限りが尽くされてきた中で生き延びてきたのだ
彼らはそんな中で戦後世界を何十年と過ごしてきたのだ

しかし、そんな不満を口にする事は中国共産党への批判となってしまうのだ
その嫌疑を受けただけで当時も今も中国では当局に連行されるのだ
文化大革命のさなかなら紅衛兵というナチの親衛隊ともいえる中国共産党の私兵が、密告によって動き、今でいうメディアリンチのような公開の辱めを与え、職と地位を奪い都会から僻地に追放させたのだ
まかり間違えば人知れず精神病院送りにしたのだ
中国共産党の正しさを信じられないのは精神がおかしいとされたのだ
それどころか人知れず逮捕され裁判もなく銃殺されたりもしたのだ

つまり本作の事例は彼ら中国人民にとっては生々しいつい最近の記憶であったのだ

それなのに、日本はこうなのか!
日本人はこんなに経済的な繁栄を謳歌しているのか!
日本では自由にこんな映画を撮れるのか!

恐ろしいほどの衝撃だったに違いない
この驚愕の衝撃が空前の大ヒットになった原因だと思う

もしかしたら、それが中国の人々が目覚ましい近代化を成し遂げた原動力の秘密だったのかも知れない

そして時はながれ、本作の中国公開から40年以上の年月が過ぎ去った
中国の驚異的な発展はご存知の通りだ
日本人より豊かな生活をしている中国人の数はもしかしたら日本人より多いかもしれない

しかし政治的な自由はどうか?
未だに本作公開当時とさして変わってはいないのではないか?
むしろネットワークをビッグデータを駆使した超監視社会となって当時以上に中国の人々には政治的な自由は無くなっているのかも知れない

政治的な批判者が精神病院に送り込まれ廃人にされてしまう、こんなつまらない映画のような事が現実に21世紀の今現在起こっているのだ

全く皮肉なことだ
本作の原作者も製作者も監督も、中国共産党も意図しなかったメッセージを本作をこの21世紀に於いても今なお中国人民に発しているのだ!
なんという素晴らしい映画ではないか!

ところが、その日本はどうか
本作の主人公の役職よりもずっと高位の検事長が賭麻雀で懲戒ではなく訓告だけで済まされて辞職したとの報道に接したばかりだ

法と秩序に対する国民の信頼を失ったら世の中がどうなる!

だからといって、検察庁が不問に付すわけにはいかないのだ

これらは劇中の台詞だ

日本の社会が悲しい事に腐敗してしまったのだろうか?
それとも本作のように、彼は誰かにはめられたのだろうか?

劇中、能登金剛のシーンがあります
1961年のゼロの焦点のオマージュです
というか聖地巡礼のような全く同じ場所、同じアングルと思えるシーンがあります

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

4.0原田芳雄をチープな熊が襲う!

2019年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

大真面目なんだけどなかなかツッコミどころ満載である意味楽しい映画。ダーヤラーダヤラララダヤララー♪
真面目に作ってるはずなのに、笑いのほうが多い。新宿に馬の大群ぶち込むなんて、とても今じゃできねぇ。
岡田英次がこれまたクソ悪い役過ぎてしびれる(高倉健とはNHK「チロルの挽歌」でも対決)。
西村晃に正当防衛だと言い張って銃弾をぶち込む原田芳雄が最高だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
さすまー

4.0熊の着ぐるみ

kossyさん
2019年7月15日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル

 最初にテレビ放映されたのを見た時には、同時期の『野性の証明』と被ってしまい、今までどうしてもストーリーが思い出せなくなっていた。この作品がまた中国では大人気であり、NHKで特集番組を組まれているほど。中国では日本嫌いの人でも高倉健が大好きなのだそうだ。

 改めて見てみると、内容はほとんど『逃亡者』!能登金剛で死体を発見してしまったところでは、検事なんだから死体等に触っちゃまずいことくらいわかるだろうに、細かなところで検事の性格が無視されている。さすがに無実を晴らすためにもう一人の男(田中邦衛)を追って北海道に向かった頃には検事資格がはく奪されていることを理解したので、健さんの性格そのままでアクション逃亡劇が楽しめる。そして、道知事選に打って出るという大滝秀治の娘である中野良子がべたべたに健さんに惚れてしまう。彼女の一途なラブロマンスもグッとくるところ。ここまで惚れられてみたいような・・・ただ、北海道のシーンでは二度登場する熊の着ぐるみがお粗末すぎる!これじゃ『北京原人』と同じだわ(笑)

 小型飛行機を扱った中盤からは普通のサスペンスといった感じではあるが、田中邦衛に近づいたときの警察捜査網を突破するのに数頭の馬を走らせるシーンでアドレナリンが上がり、徐々に警部である原田芳雄が健さんに肩入れするようになり、精神病院に患者として潜りこむまで手助けしてくれる。そこからは社会派ドラマ。政治家が絡んだ製薬会社の危険な神経遮断薬が問題となってくる。飲んだふりしてロボトミー化されたような患者の振りをして、悪党政治家の西村晃に立ち向かうのだ。「こんな奴には100発ぶちこんでも正当防衛だよ」という原田芳雄の台詞がスカッとする(笑)

 中野良子のラブシーンや、原田芳雄の前で脱ぐシーンはあるものの、おっぱいだけはボディダブルのようでした・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

1.5???

2019年3月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ジョンウー監督×福山雅治&チャンハンユーW主演「マンハント」のオリジナル版がこの作品だと知って観たんですが何かイマイチよくわかりませんでした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
HIDE Your Eyes
すべての映画レビューを見る(全17件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「君よ憤怒の河を渉れ」以外にこんな作品をCheck-inしています。