大いなる完 ぼんの

劇場公開日:

解説

むせかえるような熱き時代に、強い意志と情熱を持って生き抜いてゆく主人公の一生を描いたドラマ。故・田中角栄首相をモデルにした本宮ひろ志の原作を高橋伴明が監督。脚本は高橋と佐々木乃武良。撮影は佐野哲郎。主演は的場浩司。

1998年製作/150分/日本
配給:C・I・A配給
劇場公開日:1998年12月19日

ストーリー

昭和のはじめ、広大なる田園地帯、貧しい小作人の鉄場家に男の子が授かる。男というものは終わりが最も大事であると、たったひとり生まれた男の子に、父は「完」と名付けた。煩悩のままに生きる鉄馬完は皆に「ぼんの」と呼ばれていた。貧しい小作人の家は母と三人の妹がその日を生きていくだけのものしかなかった。そんなある日、完は地主の娘・石倉高子をレイプし、その兄・新太郎に殺されかけるが、すんでのところで完の意気にふれた博徒・竜川に救われる。女としての深い悲しみを背負いながら、凛とした美しさと強さで「お前を殺して私も死ぬ」と

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「大いなる完 ぼんの」以外にこんな作品をCheck-inしています。