エディット・ピアフ 愛の讃歌

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
エディット・ピアフ 愛の讃歌
17%
42%
32%
6%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「愛の讃歌」「ばら色の人生」など、数々の名曲を残したフランスの国民的シャンソン歌手、エディット・ピアフ。その波乱に満ちた47年間の生涯を描き、フランスで500万人以上を動員。ピアフになりきった主演マリオン・コティヤールは、第80回アカデミー賞主演女優賞受賞。1915年、第1次大戦中の貧しい家庭に生まれ、祖母の娼館に預けられて育ったピアフは、路上で歌って日銭を稼いでいたところを見出され、プロデビュー。瞬く間に人気歌手へと成長するが……。

2007年製作/140分/フランス・チェコ・イギリス合作
原題:La Mome
配給:ムービーアイ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第80回 アカデミー賞(2008年)

受賞

主演女優賞 マリオン・コティヤール
メイクアップ賞  

ノミネート

衣装デザイン賞 マリ・アレン

第65回 ゴールデングローブ賞(2008年)

受賞

最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) マリオン・コティヤール
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2007 LEGENDE-TF1 INTERNATIONAL-TF1 FILMS PRODUCTION OKKO PRODUCTION s.r.o.- SONGBIRD PICTURES LIMITED

映画レビュー

2.0マリオン・コティヤールだけでした

SHさん
2019年9月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

まったく魅力を感じない作品で、なんだか残念。類い希なる魂の叫びと歌唱力が際だっていることは理解できるけれど、魅力的なものはほとんどなくて、ことごとく嫌悪感を抱いてしまった。
唯一、女優という姿を完全に消し去っているマリオン・コティヤールの演技がすごかったことだけが自分にとってはこの作品の全てだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH

3.5 いくつもの時間軸を交差させ、彼女の人生がそれほど苦悩と悲運にまみ...

kossyさん
2018年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 いくつもの時間軸を交差させ、彼女の人生がそれほど苦悩と悲運にまみれているような、そしてその記憶の断片が晩年の想いになっているように思われる。「歌がなくなったら死んでしまう」と印象に残る台詞を残すほど、彼女の人生は音楽そのもの。最期にプレゼントされた曲の「何も後悔しない」というフレーズが全てを物語っているかのように・・・

 母親が路上で歌を歌っていたように、エディットも路上で歌うようになる。きっかけを作ったのは大道芸人である父親。足芸を簡単に済ませたはいいが、客が去ってしまいそうなとき、幼いエディットに「何かやれ」と急かしたシーンだ。何かやれと言われても・・・頭のなかが真っ白になるけど、咄嗟に歌うフランス国歌。観客は天使の歌声に魅了されるのです。

 鼻の俳優ドパルデューが彼女の才能を見出す。その彼も殺人事件に巻き込まれ、エディットも容疑者として捕まったりするのです。この事件も衝撃的だったけど、ニューヨークで出会った最愛の男性マルセルのエピソードも涙を誘う。妻子ある男だし、報われることはないのかもしれないけど、エディットの愛が驚くほどに感じられるところ。

 映画ではスター街道を歩む華々しさよりも、悲しい別れがクローズアップされていた。娼館で可愛がってくれたティティーヌもそうだし、前記2人だってそうだ。ステージに立てないほど衰弱してしまった彼女に再会できて喜ぶのはもう一人の恩師レーモンだけ。悲しすぎです。

 劇中に登場する歌にはエディット・ピアフ本人の肉声を被せてあるらしいのですが、マリアン・コティアールの歌い方にはそれを感じさせない自然な演技。全くわかりませんでした。どこまで本人に似ているのかわからないけど、20歳から、実年齢よりも老けていた晩年の姿を演じきった彼女。素晴らしすぎです!アカデミー賞最有力候補などと謳ってありますが、主演女優賞ノミネートは確実なのかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

5.0生きたピアフがここに!

Arcoさん
2016年4月26日
Androidアプリから投稿

悲しい

興奮

ピアフの歌は自分でもたまに歌うが、人に聴かせるとなると小手先のテクニックだけでは難しい。
そこにピアフの魅力と天性の才能を感じる。

この映画、ピアフを演じたマリオン・コティヤールの演技力がとにかく素晴らしい。
特徴的な表情、姿勢、口調、仕草、悲しみの深さ、感情の激しさ、何もかもが絶賛できる。

こんなに生きたピアフを観ることができるとは、DVDを買って正解だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Arco

4.0愛しなさい。

2015年8月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
さぽしゃ(まこさぽチャンネル)
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る