劇場公開日 2007年9月29日

エディット・ピアフ 愛の讃歌のレビュー・感想・評価

3.323
16%
43%
33%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全23件中、1~20件目を表示

3.5マリオン・コティヤールってすごい

カメさん
2021年2月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.8
オスカーも納得のマリオン・コティヤールの魂を削った熱演。エディット・ピアフの名曲を振り返る事ができる作品ではある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ

3.5『タクシー』時代と別人

UNEmiさん
2020年11月20日
PCから投稿

マリオン・コティヤール、可愛いだけの女優さんじゃなかった。
晩年の40代なのに老人にしか見えないピアフまで見事に演じております。

そりゃ、オスカー取るね…。

才能のある人って、どこかで甚大な犠牲を払うようになってるのかしら。
歌と、マルセルだけの人生。

「歌えなければ、自分が信じられない」
その台詞に固まった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
UNEmi

5.0マリオン・コティヤール凄すぎた。倒れる場面は本当にびっくりした。

2020年10月12日
PCから投稿

マリオン・コティヤール凄すぎた。倒れる場面は本当にびっくりした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
collectible

1.5カタルシスがない。ピアフはジョーカーではない。関係ないがピアフは不...

2020年6月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

カタルシスがない。ピアフはジョーカーではない。関係ないがピアフは不細工だからこそフランスの魂となったのだと思う。フランス人は美醜に惑わされずに済んだ事を誇りに思うのだろう。ピアフは神の子。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
kazuyukichatani

2.0マリオン・コティヤールだけでした

SHさん
2019年9月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

まったく魅力を感じない作品で、なんだか残念。類い希なる魂の叫びと歌唱力が際だっていることは理解できるけれど、魅力的なものはほとんどなくて、ことごとく嫌悪感を抱いてしまった。
唯一、女優という姿を完全に消し去っているマリオン・コティヤールの演技がすごかったことだけが自分にとってはこの作品の全てだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH

3.5 いくつもの時間軸を交差させ、彼女の人生がそれほど苦悩と悲運にまみ...

kossyさん
2018年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 いくつもの時間軸を交差させ、彼女の人生がそれほど苦悩と悲運にまみれているような、そしてその記憶の断片が晩年の想いになっているように思われる。「歌がなくなったら死んでしまう」と印象に残る台詞を残すほど、彼女の人生は音楽そのもの。最期にプレゼントされた曲の「何も後悔しない」というフレーズが全てを物語っているかのように・・・

 母親が路上で歌を歌っていたように、エディットも路上で歌うようになる。きっかけを作ったのは大道芸人である父親。足芸を簡単に済ませたはいいが、客が去ってしまいそうなとき、幼いエディットに「何かやれ」と急かしたシーンだ。何かやれと言われても・・・頭のなかが真っ白になるけど、咄嗟に歌うフランス国歌。観客は天使の歌声に魅了されるのです。

 鼻の俳優ドパルデューが彼女の才能を見出す。その彼も殺人事件に巻き込まれ、エディットも容疑者として捕まったりするのです。この事件も衝撃的だったけど、ニューヨークで出会った最愛の男性マルセルのエピソードも涙を誘う。妻子ある男だし、報われることはないのかもしれないけど、エディットの愛が驚くほどに感じられるところ。

 映画ではスター街道を歩む華々しさよりも、悲しい別れがクローズアップされていた。娼館で可愛がってくれたティティーヌもそうだし、前記2人だってそうだ。ステージに立てないほど衰弱してしまった彼女に再会できて喜ぶのはもう一人の恩師レーモンだけ。悲しすぎです。

 劇中に登場する歌にはエディット・ピアフ本人の肉声を被せてあるらしいのですが、マリアン・コティアールの歌い方にはそれを感じさせない自然な演技。全くわかりませんでした。どこまで本人に似ているのかわからないけど、20歳から、実年齢よりも老けていた晩年の姿を演じきった彼女。素晴らしすぎです!アカデミー賞最有力候補などと謳ってありますが、主演女優賞ノミネートは確実なのかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

5.0生きたピアフがここに!

Arcoさん
2016年4月26日
Androidアプリから投稿

悲しい

興奮

ピアフの歌は自分でもたまに歌うが、人に聴かせるとなると小手先のテクニックだけでは難しい。
そこにピアフの魅力と天性の才能を感じる。

この映画、ピアフを演じたマリオン・コティヤールの演技力がとにかく素晴らしい。
特徴的な表情、姿勢、口調、仕草、悲しみの深さ、感情の激しさ、何もかもが絶賛できる。

こんなに生きたピアフを観ることができるとは、DVDを買って正解だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Arco

4.0愛しなさい。

2015年8月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
はくさい(さぽしゃ)

3.5主演女優演技 プロットに捻りがなく残念 ピアフの人生を知る良い映画

PANCAKEさん
2014年5月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

フランスで最も愛されている歌手の一人であり、国民的象徴であった。彼女の音楽は傷心的な声を伴った痛切なバラードであり、その悲劇的な生涯を反映していたのが特徴であった。有名な曲としては「ばら色の人生 La vie en rose」(1946年)、「愛の讃歌 Hymne à l'amour」 (1949年)、「ミロール Milord」 (1959年)、「水に流して Non, je ne regrette rien」 (1960年)などがある。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
PANCAKE

3.5ピアフの人生と、主演女優の演技力

Cape Godさん
2013年3月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

難しい

総合:70点
ストーリー: 65
キャスト: 80
演出: 70
ビジュアル: 70
音楽: 75

 エディット・ピアフ。その存在は知っていたが、特別彼女についてよく知っているというわけではない。せいぜい恋人が飛行機事故で死んだ、それで愛の賛歌を歌ったという程度。

 しかし彼女のありきたりとは程遠い過去と、それを演じた主演のマリオン・コティヤールの演技力に驚かせる。不幸な生まれ、数知れない試練、成功と挫折、精神を病んで薬と酒に溺れて体もボロボロに、と絵に描いたような破滅型の天才歌姫。時に感情を爆発させ、時に幸せに満ち、晩年の薬漬けで老けてかつての面影もない姿まで演じきった。
 当時のフランスの社会の描写や風景のセットも良かったし、音楽も良かった。特別彼女のファンでなくても、一人の歌姫の波乱万丈の人生の映画として楽しめた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God

4.0ピアフの翳

ミアさん
2010年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

ピアフの曲は幾つか知っているが、彼女についてはほとんど知らない。
きっと私だけでなく、ほとんどの日本人がそうだろう。

だから、彼女の野卑にも感じられる行動をこの映画で見て、
どうして側近の人々が彼女に尽くすのかが見えてこなかった。

きっと畏れずに自分をさらけ出せる強さと、
親しみやすくコケティッシュな魅力を持った可愛い女性だったのだろう。
そして圧倒的な声量と天才的歌唱力でフランス国民をはじめ、
全世界の人々を魅了していったのだろう。

マリオン・コティヤールの演技は素晴らしく、かつ凄まじく、
部分的には引き込まれる演出もあったが、
ピアフの人間的魅力が描ききれてないように感じた。

感情移入を妨げる複雑な時系列と、
彼女の明るい面があまり描かれていない事にもよるのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミア

2.5演技は圧巻!

2009年4月23日
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

この映画は伝記映画なので、なかなか評価が難しいところですが、
この作品で2007年度アカデミー賞主演女優賞獲得した
マリオン・コティヤールの演技は凄いです!!
実際のマリオンと全然違うし(当たり前か?!)
若い時から、老いた時まで、そして歌も、幅広くて素晴らしかった☆

残念なのは、終始映像が暗い・・・
子供の頃の周りの大人なんて誰が誰だかわかんないし、
結構時間軸をあっちこっちいくので、一瞬考えてしまう。。。

シャンソンのことはよくわかんないけど、
マリオン・コティヤールの素晴らしい演技を見れたことと、
実際にここまでシャンソンに情熱を捧げた
エディット・ピアフという人がいたことを知れたのが、
良かったかな^^

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
おじぇん

4.0マリオン・コティヤールがすごすぎ

dobubobaさん
2008年7月18日

泣ける

悲しい

興奮

エディット・ピアフという日本でも有名な「愛の賛歌」とかを歌っていたシャンソン・シンガーの自伝映画ですが、正直、私にはなじみのない人です。でもフランスでは国民的歌手ということで、今でもレコードが売れ続けているんだとか。日本だと美空ひばりとかみたいな感じなんでしょうかね。

映画のほうは、そのエディット・ピアフの波乱万丈の人生を描いたものなんですが、なんといってもMarion Cotillardという女優さんの演技が圧巻です。まじで。昨年、ジェニファー・ハドソンの演技というか迫力に圧倒されましたが、この女優さんの若年から老年まで全てを演じきる迫力に圧倒されました。いや、本当にすごいです。人間てすごいなー。外国語(フランス)映画なのに、オスカーの主演女優賞!!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
dobuboba

3.0感動。でも、ストーリーが分かりにくい

ayucatさん
2008年5月29日

泣ける

面白かったです。

楽しめました。

ストーリーが全体として分かりにくいような気がします。
新宿で人と観ました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ayucat

5.0ぜひ大会に!

2007年11月30日

泣ける

笑える

萌える

エディット・ピアフさんもマレーネ・デートリッヒさんも似すぎ~。
ものまね芸人大会か!?という意味で笑えました。
よくあそこまで作ったなあって。
エディットの話し声は、役者さんの地声でしょうか?
なかなかあんな地声の人はいませんが、作ったとしたならすごすぎます。
マレーネさんは、登場しただけで「ああっ」って誰かわかりました。
私の場合は本人の実物のVを過去に見ていたので、そいいう感動もひとしおなのですが、実物を知らない人は、そういう点でつまらないかも。
あらかじめレコードのジャケットやVを観ることをお勧めします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はいちゃん

2.5時系列がバラバラなのが裏目に

2007年11月25日

悲しい

シマウマとライオンが抱き合ってるパチンコのCMの曲が、実はあんなに壮絶な人生を送った人の歌だったなんて!

そんなピアフを熱演したマリオン・コティヤールは、言うまでもなく素晴らしい。どうやったらあんなに老けられるのかっていうぐらい、晩年の老女のような姿にはショックを受けた。

勿体なかったのはバラバラの時系列。場面が変わる度に、「今のシーンはピアフの顔がシワシワだから晩年か」「こっちのシーンはまだ20代ぐらいか」といちいち登場人物を見て判断しないと話を追っていけないので、見ていて面倒だし感動も半減した。

どうやら監督はあえてそういう描き方をしたらしいけど、絶対裏目に出たと思う。役者が素晴らしかっただけに残念だなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
うんまるぺー

2.5衝撃

caliさん
2007年11月21日

泣ける

悲しい

難しい

壮絶な人生を語った作品。

彼女の歌声に心打たれました。
壮絶な人生の中でも彼女の幸せや価値観歌を突き詰めるプロ根性に感動しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
cali

4.5愛と歌で駆け抜けた生涯。

AKIRAさん
2007年11月2日

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
AKIRA

2.550点

lidさん
2007年10月9日

泣ける

主人公の演技はプロフェッショナルで完全に本人のようでした。
モデルが実在する人物で比較対象できるだけに彼女の演技力の高さが見受けられました。

唯、個人の演技力がずば抜けているのに、演出や編集が付いてこない感じがしました。
ステレオタイプでまとめる「フランス人」が作った映画でしたと言うのが率直な意見です。監督の自己主張が目立った気がします。

観る前にエディットピアフや映画の見所、このサイトのレビュー等を勉強・参考したので、まだ感情移入できる点がありましたが、何も知らないで観た彼女や見終わった後の観客の言葉をダンボにして聞くと「訳わかんなかったね」と言った言葉を多く聞きました。

非常に期待していただけに、そこ至る映画ではなかったのが残念です。
観客の期待に応えてこそ映画だと思うのは僕だけですかね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
lid

4.0ラ・マルセイエーズに心酔。

2007年10月2日

ずっしりお腹に重いステーキのような映画。
波乱万丈すぎて涙も出ないくらいすごい人生。その人生をなぞる手法は見事なのだが、喜びや悲しみの感情とともに晩年に飛んだり全盛期に飛んだりとあっちこっち忙しい映像に疲れてしまった。
でも、1つだけ心に残るシーンがあった。10歳のピアフが最初に道端で父親に何かやれと言われて、フランス国歌を歌うシーン。女の子の声の美しさに、一瞬何もかも忘れました。あのシーンだけもう一度観たい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アナグマ社
「エディット・ピアフ 愛の讃歌」の作品トップへ