薬指の標本

劇場公開日

薬指の標本
22%
56%
19%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「博士の愛した数式」などの作品で知られる芥川賞作家・小川洋子による同名小説を、フランスの女流監督ディアーヌ・ベルトランが映画化。勤め先の工場で、作業中に薬指の先を切断してしまった21歳のイリス。事故をきっかけに仕事を辞めて港町へ引っ越した彼女は、森の中に佇む不思議な雰囲気の建物で標本技術士の助手として働くことになるが……。ヒロインを演じるのは、ウクライナ出身のトップモデル、オルガ・キュリレンコ。

2005年製作/100分/フランス
原題:L'annulaire
配給:エレファント・ピクチャー

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0君の靴のサイズは・・・わかってる

kossyさん
2020年6月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 幻想的、官能的な雰囲気に包まれる元大浴場のラボ。靴のサイズを聞くまでもなく新しい靴のプレゼントをする博士だった。もしかすると、潔い数字だったのかもしれないが、自らすすんで靴をイリス(オルガ・キュリレンコ)に履かせるシーンを見ていると、これは小川洋子原作の「博士太郎(履かせたろう)の愛した化学式」だったのかもしれない。

 序盤から薬指を切ってしまうというショッキング映像によってスクリーンに引き込まれ、ホテルでは昼夜交互の奇妙な相部屋となったという設定によって心奪われる。現実的なホテルや港と森の中にある幻想的なラボとが絶妙なバランスを保ち、語ったこともない相部屋の青年は主人公イリスの残した衣装の残り香を楽しむかのように物思いにふける。しかし、イリスは以前勤めていた工場で左手の薬指の先を切り落とすという事故に見舞われていたのだ。指輪をはめる薬指がその現実的な男女の恋を拒絶しているかのように、彼女は次第に現実離れした世界に自分の居場所を確保してしまったかのようでした。

 標本室という奇妙な職場。そこには人々が自分から遠ざけたいものを預け保管してもらいたいとやってくる。「思い出の音楽を預かってもらいたい」などと注文されたら、普通はテープやCDに録音するのかと想像しますが、ここでは住人の老女にピアノを弾かせ、その音を標本瓶に入れておくのです。やがて一人の若い女性が訪ねてきて「頬の火傷を標本してほしい」と注文を出す・・・

 イリスは虚弱体質じゃないんだろうけど、手に持ったモノをよく落とします。ただでさえこのようにバランス感覚が悪いのに、プレゼントされた靴によって心身ともにバランスを崩しはじめる。にじみ出る欲望のはけ口を見つけたかのように、博士に体を委ねるほどの精神状態に徐々に陥る様子がうかがえます。そして、謎の古びた集合写真や、どこまでが彼女の妄想かわからないような一人の少年の姿がちらついてくる。幽霊?幻影?現実とは微妙に違う感覚と現実の世界の橋渡し的存在だった靴磨きの黒人男性も印象に残ります。

【2006年12月映画館にて】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0小川洋子の同名小説をフランス人監督ディアーヌ・ベルトランが映画化。...

miharyiさん
2018年9月22日
PCから投稿

小川洋子の同名小説をフランス人監督ディアーヌ・ベルトランが映画化。
標本作りという不思議なテーマの美しい作品。
セピア色に近い光と影が幻想的。
観る人によって解釈が大きく分かれるでしょうね。
ステキな作品でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
miharyi

4.5ミステリアスな世界観を味わう作品。 とても良かった。 あっという間...

yonda?さん
2018年7月26日
iPhoneアプリから投稿

ミステリアスな世界観を味わう作品。
とても良かった。

あっという間に読み終わるが原作本の方もオススメ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

4.5神秘的…?

さぁさん
2016年4月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

原作を読んだことがあったのでDVDレンタルしました。出演している俳優さんは小説を読んでいたときのイメージぴったりでした。
原作が小説ということもあるのだと思うのですが自分のイメージと少しズレがあるように感じました。でも小説と同じで不思議な余韻の残る作品だなぁと思いました。
もう1度小説を読み返したくなりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さぁ
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る