UDON

劇場公開日

解説

「踊る大捜査線」「交渉人 真下正義」のプロデューサー亀山千広と香川県出身の本広克行監督が日本のソウルフードである“うどん”をテーマに製作したコメディドラマ。BIGになるために讃岐を出てニューヨークに飛び出した香助(ユースケ・サンタマリア)だったが、夢破れ借金を抱えて帰国する。父親には一喝されるも、とりあえず借金を返すためにタウン誌の編集として働くことにする。

2006年製作/134分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C) 2006 フジテレビジョン ROBOT 東宝

映画レビュー

3.5終始ハッピーで続き、ハッピーで終る稀有な物語

2022年7月9日
PCから投稿

楽しい

単純

幸せ

『タンポポ』のようなコメディー物かと思ってチョイスしたです。
一流のコメディアンを夢見てニューヨークに渡ったものの、思いっ切り挫折して故郷に舞い戻ってきたユースケさん演ずる主人公のお話。
ところが「なんじゃこりゃー!」ですよ。
唐突に『ブレラン』のパロディーが入ったり(これがまた凝ってるし、よくできてるの・笑​)
きっと他にもパロディーいっぱい入っていると思うのですけれど、映画に疎い私にはよくわかりませんでした…残念。
あと、地ぃ~味に有名俳優さん、コメディアンさんが、ちょい役でご出演されているのも、笑えました。
Wikipedia先生にお伺いを立ててみると、どうやら、物語の舞台になっている香川県出身の方々にカメオ出演をお願いされたらしいです。

助演のかわい~い♡小西真奈美さんが清涼剤として効いてるです。物語の語り部なので、むしろ主演?
♪ガッツだぜ!!♪のトータス松本さんも♪パワフルな出汁♪が効いてたです。
登場する、旨そげなうどん屋さんって、実在するのかな?かなり食べてみたいと思いました。
顔より長いゲソ天乗っけたやつとか、出汁取る煮干しをそのまんま乗っけたやつだとか。
私も実際に旅行で行った小豆島のうどん屋さんで食べた素うどんって、激ウマでしたもん。
当時「あれ以外はうどんじゃない!」って吹聴してましたしたもん。

割と序盤からハイペースでお話がハッピー系のまんま流れが続いているので、ちょっと心配したんですよ。
きっとどこかで躓いて落ち込むスローな展開になっちゃうんじゃないかと。
ところがこの映画、失速しないのよね。
ユースケさんとトータスさんのサービスセッションがあったり。
そうだよ、失速はしないの。
けれど「終わらない祭りはない」の台詞通りに、うどんブームは、やがて当然のように静かに終演を迎えたの。
お祭りの終わりっていつも寂しいですよ。
序盤のユースケさんと小西さんの出会いの伏線が、いつコイバナに結び付くのかな…とも思いながら観てたんですよ。
ところがそんな展開は一切なしで。
結局、うどんのお話に終始したのね。
でも、亡くなった先代の味を、ほぼド素人が二週間ほどで再現するとか、ちょっと都合よすぎるんじゃね?
主人公のユースケさんも、そんな実家のうどん屋さんを継ぐのかと思いきや、やはり自分の夢を再び追うことを選択するのね。
ちょっと散漫な流れかな?

「涙とともにパンを食べた人間でなければ、人生の味はわからない」
と、最後にゲーテの詩の引用が出てくるです。
私は米粒ですが、結構涙とともに食べてきたんですよね。
苦い味です。哀しい味です。ろくなもんじゃねぇです。
見えない何かに背中を押され、夢中で転がりやっとつかんだものに
心を引き裂かれちまった、心をなじられちまったですよ。
鬱まみれの人生辞めたいと、何度も何度も思ったです。現在進行形ingですよ…

あっ、そんな不幸自慢はどーでもいいか。
物語は一気に三年後にワープするです。
何だかんだありつつも、登場キャラクターは、みんな結局うどんから離れた仕事に就きつつも、うどんから離れられずに。
しかしそれが故に“うどん”で幸せをつかんだようです。
よかったね。
ラストまでハッピーが失速しなかったです。
単純至極なお話でしたが、観終えてスッキリ爽快な作品でした。
作り話はこうでなくちゃ。

で…うどんですよ。
物語をじっと観ていると、やはり食べたくなってくるです。
どん兵衛じゃない方の。リアル生の方の。お揚げさん乗っけたやつを。
涙はいっしょにじゃなくて。ほっこりした気持ちで。
小西さんのようなきゃわいい方と、せめてお友達くらいにはなりたいな♡

またWikipedia先生にお力添えをお願いしました。
すると物語には同じ香川県が舞台の『サマータイムマシン・ブルース』が本作に絡んでいるようですね。
SF作品とありましたので、もしかするとブレランのパロディーがそちらにあるのかと思い、ワクワクしながアマプラで探してみました。
ですが、有料配信でした…(。´・_・`。)
機会があれば、観てみたいと思います。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
野球十兵衛

3.5令和こそこの映画

Fujiさん
2022年3月5日
スマートフォンから投稿

楽しい

単純

幸せ

主役の成り上がり、豊かな自然、ちょい恋愛、親父ハートフルetc…単純ちゃあ単純だけどしっかり内容の詰まったトッポみたいな作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Fuji

2.0フジテレビ

ミカさん
2021年6月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

何の予備知識もなく適当に配信の中から選んだら、フジテレビの制作だったんですね。勝手にローカル色の強い低予算の映画だと思い込んでました。もうTV局制作の映画は作れないと思うので、時代の移り変わりは残酷。そんな諸行無常を感じました。それにしても長い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミカ

5.0うどん巡礼したくなるじゃないかー!

うさぎさん
2020年5月4日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

楽しい

幸せ

夢破れて、NYから香川に帰ってきた香助。
タウン雑誌の取材のため、
香川中のうどん屋を食べ歩くうちに、
うどんの素晴らしさに目覚めていく。

笑いあり!涙あり!
リズミカルに進むストーリー展開に、
見るものを飽きさせない!

え?この人が?と
ちょっとした脇役に、
名優たちが多数出演!
それを探すのもとても楽しいよ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
うさぎ
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る